ここからサイトの主なメニューです

資料7‐1 音楽科,芸術科(音楽)の現状と課題,改善の方向性(検討素案)

現状と課題

1.現状

  • 音楽科,芸術科(音楽)のねらいは,表現及び鑑賞にかかわる幅広い活動を通して,音楽を愛好する心情と音楽に対する感性を育て,音楽活動の基礎的な能力を伸ばし,豊かな情操を養うこと。
  • このねらいを実現するため,内容は小・中・高等学校を通じて「A表現」と「B鑑賞」で構成。「A表現」は,
    • 小学校と中学校では「歌唱」「器楽」「創作」から成るが,個々の指導事項は小・中学校で示し方が異なる。
    • 高等学校では「歌唱」「器楽」「創作」の3分野で構成。

2.課題

  • 感性を高め,思考・判断し,表現する一連のプロセスを働かせる力,生涯にわたって音楽に親しみ,芸術文化のよさを味わったり,生活や社会に生かしたり豊かにしたりする態度の育成が求められている。
  • 音楽を表現する技能と鑑賞する能力の育成においては,児童生徒が,音や音楽を知覚し,感性を働かせて感受(感じ取り)することを重視することが求められている。
  • 歌唱の活動に偏る傾向があり,表現の他の分野と鑑賞の学習が十分でない状況が見受けられる。特に,創作と鑑賞の充実が求められている。
  • 我が国の音楽文化に愛着をもち,他国の文化を尊重できる態度等を養うため,長く歌い継がれ親しまれてきた日本のうたや,和楽器などの伝統音楽の学習の充実が求められている。

改善の方向性

1.目標について

 目標については,次のような視点を重視して改善を図ってはどうか。

  • 表現や鑑賞の活動を通して,感性を働かせて音や音楽を感じ取り,思いや意図をもって表現したり味わって聴いたりする力を育成し,豊かな情操を一層養う。
  • 多様な音楽及び音楽と生活とのかかわりに関心をもち,生涯にわたって音楽文化に親しむ態度を育てる。

2.豊かな感性や情操を育てるための内容の改善について

 内容については,豊かな感性や情操を育てるために,次のような改善を図ってはどうか。

  • すべての音楽活動の支えとなる指導内容を[共通事項]として示し,感性を働かせて音や音楽を感じ取り,思考・判断する力の育成を一層重視する。
  • 歌唱,器楽,創作,鑑賞ごとに指導内容を示すとともに,創作については,学校・学年段階に応じ,音を音楽へと構成していく過程を大切にする観点から,「音楽づくり」(小学校),「作曲」(中学校・高等学校)の学習として示す。

 (例)小学校:表現領域(「歌唱」,「器楽」,「音楽づくり」の三分野),鑑賞領域及び[共通事項]で内容構成を示してはどうか。
 中学校:表現領域(「歌唱」,「器楽」,「作曲」の三分野),鑑賞領域及び[共通事項]で内容構成を示してはどうか。

 ※ [共通事項]のイメージ

  • 音楽を形づくっているさまざまな要素(例えば,リズム,旋律,強弱,速度,音の重なりなど)の働きが生み出す雰囲気やよさを感じ取ること
  • 音楽に関する記号や用語を音楽活動と関連付けながら理解すること など

3.音楽と生活とのかかわりについて

 音によるコミュニケーションを通して,生活や社会と豊かにかかわる態度をはぐくみ,生活を明るく潤いのあるものにする音楽の役割を実感させるような指導を重視してはどうか。

 (例)小学校:児童の生活や身の回りの中にある音に着目し,音探しや音の探求を行ったり,音遊び等を通じて音に親しんだり音楽につなげていったりするような内容を発達に応じて示してはどうか。
 中学校:音環境への関心を高め,音が生活に果たす役割を考えたり,音楽文化の多様性を理解したりする学習を重視してはどうか。

4.鑑賞の指導のあり方

 音楽のよさを生み出しているさまざまな要素の働きなどを聴き取ったり,音楽に対して,根拠をもって自分なりに批評したりすることのできる力を育成する指導を一層充実してはどうか。

5.我が国の音楽文化などの指導のあり方

 我が国の伝統音楽に対する理解を基盤として,我が国の音楽文化に愛着をもつとともに他国の音楽文化を尊重する態度等を養う観点から,各学校段階の特質に応じて,我が国や郷土の音楽の指導を一層充実してはどうか。

 (例)小学校:文部省唱歌など我が国で長く歌い継がれ親しまれてきたうたや郷土の音楽を教材として取り上げる指導を一層重視してはどうか。
 中学校:我が国の伝統的な音素材の特徴などを生かした学習を充実する観点から,和楽器の取扱いに加えて,我が国の伝統的な歌唱の取扱いも重視してはどうか。

6.高等学校における科目の内容について

 中学校音楽科との関連を考慮し,音楽文化の継承と創造への関心を一層高めるために,我が国の伝統音楽や鑑賞の学習を充実するとともに,生徒の個性を生かした創造的な活動を行うようにしてはどうか。

 (例)「音楽1」:中学校音楽科の学習を踏まえ,音楽文化に関する学習を充実してはどうか。

お問合せ先

初等中等教育局教育課程課教育課程企画室

(初等中等教育局教育課程課教育課程企画室)

-- 登録:平成21年以前 --