ここからサイトの主なメニューです

資料4‐2 普通教科「情報」の現状と課題,改善の方向性(検討素案)

現状と課題

1.現状

  • 普通教科「情報」のねらいは,情報及び情報技術を活用するための知識と技能の習得を通して,情報に関する科学的な見方や考え方を養うとともに,社会の中で情報及び情報技術が果たしている役割や影響を理解させ,情報化の進展に主体的に対応できる能力と態度を育てること。
  • このねらいを実現するため,「情報A」,「情報B」,「情報C」の3科目(各科目2単位)のうち,いずれか1科目を履修させることとしている。

2.課題

  • 情報化が進む現代の実社会では,様々な知識は情報及び情報手段の適切な活用を通すことで,より新しいものを取り入れたり,理解が容易になるなど実際に生きて働き実用と結び付いていることから,生徒一人一人が情報活用能力を確実に身に付けることが一層重要になっているとの指摘。
  • 情報通信ネットワーク等の情報手段を使用した犯罪が多発する中,ネット被害防止等の情報安全や情報モラル,マナー等の情報手段の特性や情報を適切に扱うための基本的な能力や態度をはぐくむ指導について,義務教育段階での指導と連携を図りつつ,より一層の充実を図る必要があるとの指摘。

改善の方向性

1.目標・内容について

高校生の発達段階や多様な実態を踏まえ,情報技術の活用を含め,情報活用の実践力を確実に身に付けさせることが重要である。さらに,それをより一層高める観点から,情報に関する科学的な見方・考え方の確実な定着,合理的判断力や創造的思考力,情報手段等を活用したコミュニケーション能力や問題解決能力の育成等に係わる指導を重視して,科目やその目標・内容の見直しを行ってはどうか。

2.情報に関する倫理的な態度と安全への配慮,規範意識の育成

 社会の構成員が,情報を広く共有し,活用する時代を迎え,こうした社会を生きていく生徒には,情報に関する倫理的態度と安全に配慮する態度を確実に身に付けさせるとともに規範意識を高めることが求められており,これらの指導をより一層充実させる観点から,心への影響,情報安全,情報モラル,マナー,知的財産の保護等の育成に係わる指導の改善・充実を重視してはどうか。

お問合せ先

初等中等教育局教育課程課教育課程企画室

(初等中等教育局教育課程課教育課程企画室)

-- 登録:平成21年以前 --