ここからサイトの主なメニューです

資料4‐1 家庭科,技術・家庭科の現状と課題,改善の方向性(検討素案)

現状と課題

1.現状

  • 家庭,技術・家庭科のねらいは,衣食住やものづくりなどに関する実践的・体験的な活動を通して,生活と技術とのかかわりについて理解を深め,生活に必要な知識と技術の習得や生活を工夫し創造する能力を育てるとともに,よりよい生活を築いていく意欲と実践的な態度を育てること。
  • このねらいを実現するため,
    小学校家庭科では「家庭生活と家族」,「食事への関心」などの日常生活に身近な活動を重視した8つの内容について学習を行っている。
    中学校技術・家庭科では,技術分野の「A技術とものづくり」と「B情報とコンピュータ」の内容及び,家庭分野の「A生活の自立と衣食住」と「B家族と家庭生活」について,必修と選択の項目を設け,製作や実習を重視した学習を行っている。
    高等学校家庭科では「家庭基礎」,「家庭総合」,「生活技術」の3科目から1科目を履修し,生徒の興味・関心等に応じた学習を行っている。

2.課題

  • 学習した知識や技術などが実生活で十分生かされていないとの指摘。
  • 子どもたちが自己と家庭,家庭と社会とのつながりに目を向け,生涯の見通しをもってよりよい生活を追求できる実践力を身に付けること,少子高齢化や家庭の機能が十分に果たされていない状況から,家庭の在り方や家族の人間関係や子育てについての学習が必要との指摘。
  • 食生活の乱れや消費者トラブルの増加などから,食育や消費者教育の充実が課題。
  • 持続可能な社会の構築の観点から,資源や環境に配慮した生活の工夫が課題。
  • 科学技術の発展や情報化の進展への対応を図ることが課題。
  • ものづくりを支える能力や技能,態度とともに,技術を評価・管理できる力の育成を目指すべきであるとの指摘。

改善の方向性

家庭科,技術・家庭科家庭分野

1.目標・内容について

 自己と家庭,家庭と社会とのつながりを重視し,生涯の見通しをもって,よりよい生活を送るための実践力を育成する視点から,学校段階に応じた体系的な目標や内容を検討してはどうか。

(例)
  • 1)教育活動の重点(例)
    • 小学校:生活を工夫する楽しさを味わい,家族の一員として家庭を大切にする心情をはぐくむとともに,生活を支える基礎的・基本的な力の育成。
    • 中学校(家庭分野):中学生としての自己の生活の自立と家庭の機能などを理解し,これからの生活を展望して,課題をもって主体的によりよい生活を工夫できる力の育成。
    • 高等学校:家庭や社会と向き合い,生涯を見通して目標をもつとともに,生活課題の解決に向けて,意思決定し問題解決する力や,生活をよりよくするために主体的に実践できる力の育成。
  • 2)内容を考える観点(例)
    • 小学校:自己の成長と家族・家庭,食事のとり方と調理の基礎,快適な衣服と住まい,身近な生活と消費・環境など。
    • 中学校:子どもの発達と家族・家庭,食生活の自立,衣生活の自立と住生活の管理,家庭生活と消費・環境など。

2.家庭や家族に関する教育と子育て理解のための体験や高齢者との交流

 家庭の在り方や家族の人間関係などの指導を一層重視してはどうか。
 また,少子高齢社会に対応する視点から,子育て理解のための体験や高齢者との交流を重視してはどうか。

(例)
  • 1)家庭や家族に関する教育
    • 小学校:自己の成長を理解し家庭を大切にする心情をはぐくみ,生涯の家庭生活を支える基礎・基本を培う。
    • 中学校(家庭分野):家庭の機能などを理解し,これからの生活を展望する。
  • 2)少子高齢社会に対応した子育て理解のための体験や高齢者との交流
    • 中学校(家庭分野):幼児への理解を深め,子育ての大切さや親の役割に気付く観点からの保育体験学習。
    • 高等学校:家庭や地域社会を主体的に築くことを重視し,親になる観点からの保育体験学習,高齢者を肯定的に理解し支援する行動力を育成する高齢者との交流。

3.健全な食生活のための食育の推進

 学習した知識や技術を活用して健全な食生活を実現しようとする能力や態度をはぐくむ視点から,食事の役割や栄養・調理に関する内容を一層充実してはどうか。

(例)
  • 小学校:生活や学習の基盤となる食事の役割や栄養を考えた食事のとり方,調理などの学習など。
  • 中学校(家庭分野):自己の食生活の自立を図るために,中学生の栄養と調理,食文化に関する学習など。

4.社会において主体的に生きる消費者としての教育

 社会において主体的に消費者をはぐくむ視点から,消費の在り方,資源や環境に配慮したライフスタイルの確立を目指す指導を充実してはどうか。

(例)
  • 小学校:身のまわりの生活における金銭の使い方やものの選び方など。
  • 中学校(家庭分野):中学生の消費生活の変化を踏まえて,消費者としての自覚や環境に配慮した生活の工夫など。
5.高等学校の科目構成について

 小・中学校の学習を踏まえて,家庭を築くことの重要性,人間の誕生から死までを見通した子育てや介護,福祉,食育の充実,消費生活と資源・環境などについての内容を重視しつつ,科目の特徴を明確にして,再構成してはどうか。

 その際,全ての科目において,高校生の発達課題と生涯生活設計やキャリアプランニングなどの学習を重視してはどうか。

技術・家庭科技術分野

6.目標・内容について

 ものづくりを支える能力や技能,態度などを一層高めるとともに,ものづくりを通して,科学技術や情報と社会や環境などとのかかわりについて理解を深め,よりよい生活のために,技術を適切に評価・管理できる基礎的な能力などの育成を重視してはどうか。
内容を考える観点(例)
 材料と加工に関する技術,エネルギーの変換・利用に関する技術,情報の処理・活用に関する技術,生物の育成に関する技術など。

7.「ものづくり」を支える能力や技能,態度の育成

 創造・工夫する力や,活動の中で生じる問題を解決できる力,計画的に仕事をやり遂げる責任感,勤労の観念や緻密さへのこだわりなどの育成を目指した学習活動を一層充実してはどうか。

8.技術を評価・管理できる能力の育成

 技術を理論的に考える学習だけでなく,ものをつくる過程を通して,身の回りの技術を適切に判断し応用しようとする態度,安全に対する意識や技術にかかわる倫理観などの育成を重視した学習活動を充実してはどうか。

お問合せ先

初等中等教育局教育課程課教育課程企画室

(初等中等教育局教育課程課教育課程企画室)

-- 登録:平成21年以前 --