ここからサイトの主なメニューです

資料3 現行の学習指導要領の理念・目標について

1.子どもたちに求められる学力(学力観)

考え方

  • 基礎的な知識・技能を徹底し,自ら学び自ら考える力など「確かな学力」を育成。
  • 国際的な学力調査においても,実生活で直面する課題への活用力が求められている。

2.総合的な学習の時間

趣旨

  • 各学校は,地域や学校,児童生徒の実態等に応じて,横断的・総合的な学習や児童生徒の興味・関心等に基づく学習など創意工夫を生かした教育活動を行う。

ねらい

  • 自ら課題を見付け,自ら学び,自ら考え,主体的に判断し,よりよく問題を解決する資質や能力を育てること。
  • 学び方やものの考え方を身に付け,問題の解決や探究活動に主体的,創造的に取り組む態度を育て,自己の生き方を考えることができるようにすること。
  • 各教科,道徳及び特別活動で身に付けた知識や技能等を相互に関連付け,学習や生活において生かし,それらが総合的に働くようにすること。

3.学校週5日制

考え方

  • 学校,家庭,地域が互いに連携し,役割分担しながら社会全体で子どもを育てる。
  • 地域において子どもたちに豊かな社会体験や自然体験などの様々な活動の機会を提供する。

お問合せ先

初等中等教育局教育課程課教育課程企画室

(初等中等教育局教育課程課教育課程企画室)

-- 登録:平成21年以前 --