ここからサイトの主なメニューです

資料8 現行学習指導要領における特別活動について

1 特別活動の目標

 望ましい集団活動を通して、心身の調和のとれた発達と個性の伸長を図り、集団や社会の一員としてよりよい生活を築こうとする自主的、実践的な態度を育てるとともに、人間としての生き方についての自覚を深め、自己を生かす能力を養う。

2 特別活動の授業時数

(1)学級活動・ホームルーム活動

小学校

学年 年間総授業時数の標準
第1学年 34
第2学年 35
第3学年 35
第4学年 35
第5学年 35
第6学年 35

中学校

学年 年間総授業時数の標準
第1学年 35
第2学年 35
第3学年 35

高等学校

 原則として、年間35単位時間以上。

(2)児童会活動・生徒会活動、クラブ活動及び学校行事の内容に応じ、年間、学期ごと、月ごとなどに適切な授業時数を充てる。

3 学校教育における特別活動の内容

小学校 中学校 高等学校
  • A 学級活動
    • (1)学級や学校の生活の充実と向上に関すること。
    • (2)日常の生活や学習の適応及び健康や安全に関すること。
  • A 学級活動
    • (1)学級や学校の生活の充実と向上に関すること。
    • (2)個人及び社会の一員としての在り方、健康や安全に関すること。
    • (3)学業生活の充実、将来の生き方と進路の適切な選択に関すること。
  • A ホームルーム活動
    • (1)ホームルームや学校の生活の充実と向上に関すること。
    • (2)個人及び社会の一員としての在り方生き方、健康や安全に関すること。
    • (3)学業生活の充実、将来の生き方と進路の適切な選択決定に関すること。
  • B 児童会活動
  • B 生徒会活動
  • B 生徒会活動
  • C クラブ活動
  • 該当なし
  • 該当なし
  • D 学校行事
    • (1)儀式的行事
    • (2)学芸的行事
    • (3)健康安全・体育的行事
    • (4)遠足・集団宿泊的行事
    • (5)勤労生産・奉仕的行事
  • C 学校行事
    • (1)儀式的行事
    • (2)学芸的行事
    • (3)健康安全・体育的行事
    • (4)旅行・集団宿泊的行事
    • (5)勤労生産・奉仕的行事
  • C 学校行事
    • (1)儀式的行事
    • (2)学芸的行事
    • (3)健康安全・体育的行事
    • (4)旅行・集団宿泊的行事
    • (5)勤労生産・奉仕的行事

4 特別活動の改善の要点

  1. ボランティア活動などで社会奉仕の精神を涵養する体験や、幼児、高齢者、障害のある人々などとの触れ合い、自然体験、社会体験などを充実する。
  2. 学校生活への適応や人間関係の形成、教科・科目や進路の選択などの指導に当たってガイダンス機能を充実
  3. 家庭や地域の人々との連絡や社会教育施設の活用を推進

お問合せ先

初等中等教育局教育課程課教育課程企画室

(初等中等教育局教育課程課教育課程企画室)

-- 登録:平成21年以前 --