ここからサイトの主なメニューです

資料6 教員免許制度の改革、とりわけ教員免許更新制の導入について(主な論点と意見を踏まえた検討の視点例)

1.教員免許更新制の導入の意義(メリット)及び位置づけ

 教員の適格性の確保、専門性の向上及び教職の信頼の確立につながるような制度として、考えてはどうか。

 (例)

  • 教員免許状に一定の有効期限を設け、更新時に教員に最低限求められる適格性を確認するとともに、更新を契機に(あるいは有効期限内に)教員の専門性向上のための研鑽を促すような制度

 現行の教員養成・免許制度や公務員制度、現職研修等との整合性が図られ、相乗効果が期待できるような制度として、考えてはどうか。

 (例)

  • 教員免許状の上進制度の活用(上級免許状の取得)が促進されるような制度
  • 初任者研修や10年経験者研修等の現職研修の改善・充実が促進されるような制度

2.具体的な制度設計

 制度設計の検討においては、教員免許更新制の導入のねらいを実現する上で必要な範囲内で、現行の免許制度を見直すこととしてはどうか。

 (例)

  • 大学で教職課程を履修した後、一定の教職経験を積むこと等により、免許状が授与されるような仕組み
  • 更新時に教員としての適格性を確認する仕組みや、教員の専門性向上のための研鑽を促すような仕組み
  • 教員免許更新制は、まずは新たな制度の下での免許状取得者を念頭に置いた制度設計を検討(現に免許状を有する者の取り扱いについては別途検討)

お問合せ先

初等中等教育局教職員課

-- 登録:平成21年以前 --