ここからサイトの主なメニューです

資料5 教職課程認定大学等の実地視察について

1.趣旨

教員免許状授与の所要資格を得させるための大学等の課程(教職課程)の水準の維持・向上を図るため、必要に応じ、教職課程を有する大学等に対して、実地視察を行う。

2.方法

(1)視察事項

実地視察は、教職課程認定基準等に基づき、主として次の点に留意しながら、当該大学等が必要な法令等の基準を満たし、適切な教職課程の水準にあるかどうかを確認する。
  1 教育課程及びその履修方法
  2 教員組織
  3 施設設備(図書等を含む)
  4 教育実習の実施状況
  5 学生の教員免許取得状況・教員への就職状況

(2)視察者

実地視察は、教員養成部会委員2名以上により行い、担当事務官が同行する。

(3)視察の方法

実地視察は、あらかじめ提出させる調査票等に基づいて行い、改善すべき事項については、教職課程認定基準等に基づき適切な指導・助言等を行う。

(4)視察大学等数

平成24年度は、51大学等に対して実施。
※平成24年度から指定教員養成機関に対しても実地視察を行うこととした。

3.報告書の作成

実地視察の結果については、視察委員及び担当事務官により報告書を作成する。
報告書は教員養成部会の了承を得た後公表される。

お問合せ先

初等中等教育局教職員課

-- 登録:平成25年05月 --