ここからサイトの主なメニューです

資料4-2 第6期中央教育審議会生涯学習分科会における議論の整理(案)

平成25年1月 中央教育審議会 生涯学習分科会

目次

第6期中央教育審議会生涯学習分科会における議論の整理(案) はじめに

第1章 今後の社会教育行政等の推進の在り方について

1.生涯学習・社会教育を取り巻く社会が変化する中で求められるもの
(1)個人の自立に向けた学習
(2)絆づくり・地域づくりに向けた体制づくり
2.社会教育の役割及び課題
(1)社会教育の役割
(2)近年の社会教育の成果
 ・学校教育との連携・協働による地域コミュニティの形成
 ・家庭教育における学習機会の提供と地域人材の育成
 ・生涯学習社会の構築に向けた寄与
(3)社会教育行政が抱える課題
 1.地域コミュニティの変質への対応
 2.多様な主体による社会教育事業の展開への対応
 3.社会教育の専門的職員の役割の変化への対応
3.今後の社会教育行政の取組の方向性 ~「社会教育行政の再構築」~
・関係行政部局との連携・協働の推進
・初等中等教育機関との連携・協働の強化
・大学等の高等教育機関との連携・協働の推進
・民間団体の諸活動との連携・協働の推進
・企業等との連携・協働の推進
・様々な主体との連携・協働を推進するための体制の整備等
・地域社会を担う人材の育成
・都道府県の役割
・国の役割
4.生涯学習振興行政の調和・統合機能の強化
(1)生涯学習振興行政と社会教育行政の関係
(2)生涯学習振興行政の取組の推進

第2章 今後の生涯学習・社会教育の振興の具体的方策について

1.絆づくりと活力あるコミュニティの形成に向けた学習活動や体制作りの推進
(1)社会全体で子どもたちの活動を支援する取組の推進
(2)学びの場を核にした地域コミュニティの形成の推進
(3)地域社会と共生する大学等の高等教育機関づくりの推進
(4)豊かなつながりの中での家庭教育支援の充実
2.現代的・社会的課題に対応した学習機会及びライフステージに応じた学習機会の充実
(1)現代的・社会的課題に対応した学習の推進
(2)ライフステージに応じた学習機会の充実
(3)学習機会の確保のための環境整備
3.社会生活を円滑に営む上で困難を有する者への学習機会の充実
(1)子ども・若者への学習支援
(2)成人への学習支援
4.学習の質保証・向上と学習成果の評価・活用の推進
(1)多様な主体が提供する学習機会の質の保証・向上の推進
(2)学習活動の成果の評価・活用の推進
(3)キャリア形成のための新たな学習・評価システムの構築に向けた基盤の整備
(4)ICTを活用した学習の質の保証・向上、学習成果の評価・活用の推進
5.生涯学習・社会教育の推進を支える基盤の整備
(1) 様々な主体との連携・協働を進めるための社会教育行政の体制の確立
(2)地域の学びを支える人材の育成・活用の推進
(3)社会教育施設の運営の質の向上
(4)生涯学習・社会教育分野における調査・研究の推進
(5)生涯学習・社会教育の活動を支えるための民間資金等の有効活用

第6期中央教育審議会生涯学習分科会における議論の整理(案) おわりに

参考資料

  • 参考資料

お問合せ先

生涯学習政策局生涯学習推進課

電話番号:03-5253-4111(内線3273)
ファクシミリ番号:03-6734-3281
メールアドレス:syo-bun@mext.go.jp

-- 登録:平成25年02月 --