ここからサイトの主なメニューです

(4)フリーターと若年無業者(ニート)の定義

 いわゆる「フリーター」
 年齢15歳〜34歳、卒業者であって、女性については未婚の者とし、さらに1現在就業している者については呼称が「アルバイト」又は「パート」である雇用者で、2現在無業の者については家事も通学もしておらず「アルバイト・パート」の仕事を希望する者。 *2003年平均では、217万人。

資料出所: 労働経済の分析(労働経済白書)総務省統計局「労働力調査(詳細集計)」を厚生労働省労働政策担当参事官室にて特別集計。

(参考)
 年齢15歳〜34歳の若年者(学生と主婦を除く)のうち,「パート」又は「アルバイト」(派遣等を含む)及び働く意思のある無職の者。 *2001年平均では、417万人
 (資料出所:内閣府「国民生活白書」(平成15年版))

 若年無業者(いわゆる「ニート」(NEETイコールNot in Education, Employment or Training))
 非労働力人口のうち、年齢15歳〜34歳、通学・家事もしていない者(「労働経済の分析(労働経済白書)」の推計と異なり、「卒業者かつ未婚」という限定は置いていない)。 *2003年では、64万人

1学籍はあるが,実際は学校に行っていない人  
2既婚者で家事をしていない人 を追加。

(資料出所 若者の人間力を高めるための国民会議資料(厚生労働省作成))

(参考)
 なお、「労働経済の分析(労働経済白書)」においては、非労働力人口のうち、年齢15歳〜34歳、卒業者、未婚であって、家事・通学をしていない者に限って集計し、2003年平均では、52万人と公表している。

前のページへ 次のページへ


ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ