ここからサイトの主なメニューです

資料1 今後の放課後等の教育支援の在り方に関するワーキンググループの設置について

平成25年9月17日
生涯学習分科会決定

1.趣旨

 今後、第2期教育振興基本計画等を踏まえ、すべての学校区での学校と地域が組織的に連携・協働する体制づくりを進めていくにあたり、今後の土曜日の教育支援体制等の構築や、学校支援地域本部・放課後子供教室の取り組み内容の充実などについて検討を行う必要がある。
 そのため、生涯学習分科会の下に、ワーキンググループを設置し、今後のこれらの教育支援体制や活動の在り方について検討を行う。  

2.委員

○ ワーキンググループに属すべき委員、臨時委員及び専門委員は、生涯学習分科会長が指名する。
○ ワーキンググループに座長を置き、生涯学習分科会長が指名する。 

3.主な検討事項

○ 学校支援活動、放課後支援活動、土曜日支援活動の体系的・組織的なプログラムの在り方
○ 土曜日支援活動にかかる産業界等との連携や企業人材等の教育ボランティアへの参画の在り方
○ その他、教育支援体制及び活動の在り方の検討に必要な事項 

4.設置期間

ワーキンググループは、3の検討事項に関する審議が終了したときに廃止する。 

5.その他

○ ワーキンググループにおいて検討結果をとりまとめたときは、生涯学習分科会に報告するものとする。
○ 生涯学習分科会からの求めがあった時は、ワーキンググループの検討の経過を生涯学習分科会に報告するものとする。また、ワーキンググループは必要に応じ、その検討の経過を生涯学習分科会に報告することができる。

お問合せ先

生涯学習政策局社会教育課

電話番号:03-5253-4111(内線3284)

-- 登録:平成25年12月 --