ここからサイトの主なメニューです

資料1-1 高大接続特別部会における審議状況について

1.高等学校から大学までを通じて育成すべき力

【これまでの議論の方向性】
  ・知識にとどまらない汎用的能力の育成が必要。
【更に検討が必要な事項】
  ・教科との関係も含めた汎用的能力の具体的な育成方法や評価方法。 

2.高校教育、大学入試、大学教育それぞれの関係と役割分担

【これまでの議論の方向性】
  ・これまで大学入試が高校生の学習意欲の喚起、幅広い学びの確保、学力の状況の把握の機能を多く担っていたが、これらの機能については高校教育がしっかり担っていくことが必要。
  ・高校教育の質保証の取組により高校段階で教科の到達度を評価した上で、入試においては活用力や意欲を重視することが必要。
  ・高等学校における学習到達度や大学教育に必要な能力・適性の判定等、入試が担うべき機能について整理することが必要。
  ・入試は各大学が置かれている状況に応じ、従来の選抜機能のほか、教育・学習支援機能が求められている。
  ・高校教育との円滑な接続のため、入試において高校教育で育成することを目指している汎用的能力等を測定することが必要。
  ・高等学校における学習の早期分化の是正の観点から、募集単位の大くくり化を進めることが必要。
【更に検討が必要な事項】
  ・個人の能力・適性等の多様化が進展する中で、大学教育への円滑な接続を図るための大学入試の在り方。
  ・大学入試の改善の方向性を踏まえた大学教育の在り方。

 3.高校教育の質保証

【これまでの議論の方向性】
  ・高校段階の学力状況の客観的な把握の仕組みの検討を含めた高校教育の質保証の取組の充実が必要。
【更に検討が必要な事項】
  ・質保証のための具体的な仕組み。 ※高等学校教育部会において審議中

4.大学入試センター試験の改善

【これまでの議論の方向性】
  ・細分化した出題教科・科目の精選をはじめ、出題教科・科目の在り方の検討が必要。
  ・活用力を問う問題の充実、グレード別の成績提供、複数回実施、実施時期の見直しの指摘。
  ・センター試験の見直しに当たっては、高校教育への影響に留意することが必要。 
【更に検討が必要な事項】
  ・実現するための課題や条件の整理も含めた具体的な改善方策の検討。

5.個別入試の改善

 5-1.総合力を見る入試への転換
 【これまでの議論の方向性】
    ・思考力や表現力、学習意欲等を丁寧に評価するためにも入試方法の多様化、評価尺度の多元化の推進は引き続き必要。
    ・より丁寧な入試を行うためには、各大学の入試実施体制の整備や業務の効率化のための仕組み等が必要。
 【更に検討が必要な事項】
   ・入試方法の改善に取り組む大学への支援。
   ・入試における大学間連携・協働の推進。
     ・特色ある入試事例の収集・発信の仕組み。


 5-2.AO・推薦入試の改善
 【これまでの議論の方向性】
    ・AO・推薦入試については多様化が進展しており、ある程度の類型ごとの対策が必要。
    ・大学教育への円滑な接続の観点から、AO・推薦入試における基礎的な学力把握の取組の充実が必要。
 【更に検討が必要な事項】
    ・学力把握のための具体的な取組。


 5-3.入学志願者の多様な能力・適性等の評価の推進
 【これまでの議論の方向性】
    ・グローバル人材育成の観点からTOEFL等の活用が必要。
 【更に検討が必要な事項】
    ・体験活動やボランティア活動等も含めた受験生の様々な学習活動歴の評価。
    ・多様な能力・適性等を多面的にきめ細かく評価する観点からの外部試験等の活用の在り方。

お問合せ先

高等教育局高等教育企画課高等教育政策室

-- 登録:平成25年01月 --