ここからサイトの主なメニューです

大学設置基準の一部改正について(諮問)

元文科高第470号
令和元年9月18日
中央教育審議会

次の事項について、理由を添えて諮問します。

大学設置基準の一部改正について

令和元年9月18日

                                                                                                                                    

文部科学大臣      萩生田  光一 
                                                

(理由)
    医師不足の解消が喫緊の課題であり、地域の医師確保等に早急に対応するため、平成22年度から令和元年度の医学部入学定員については、臨時的に増員を行った。令和2年度・3年度においては、「経済財政運営と改革の基本方針2018」(平成30年6月15日閣議決定)を踏まえ、医学部定員全体としては、令和元年度の定員を超えない範囲で暫定的に維持することとなった。そこで、別紙のとおり大学設置基準を改正するため、学校教育法第94条の規定に基づき、標記の諮問を行うものである。
 
 
 
 
                                                                                                                                                  (別紙)

                                                                     大学設置基準改正要綱(案)


第一 令和2・3年度における医学部定員増に関する改正
  医学部定員の臨時増員に係る枠組みを2年間暫定的に維持するために必要な規定の整備を行うものとすること。

第二 施行期日
  この改正は、公布の日から施行するものとすること。






【参考】本諮問の根拠条文


○学校教育法(昭和二十二年法律第二十六号)(抄)

 第三条 学校を設置しようとする者は、学校の種類に応じ、文部科学大臣の定める設備、編成その他に関する設置基準に従い、これを設置しなければならない。

 第九十四条 大学について第三条に規定する設置基準を定める場合及び第四条第五項に規定する基準を定める場合には、文部科学大臣は、審議会等で政令で定めるものに諮問しなければならない。

お問合せ先

高等教育局高等教育企画課高等教育政策室

(高等教育局高等教育企画課高等教育政策室)

-- 登録:令和元年09月 --