ここからサイトの主なメニューです

1.高等専門学校教育の現状

(1)高等専門学校に関する経緯及び現状

  • 高等専門学校制度は、我が国の産業・経済の高度成長に伴う産業界からの強い要請に応じて、昭和37年に、工業発展を支える実践的な技術者の養成を目指し、「深く専門の学芸を教授し、職業に必要な能力を育成することを目的」(学校教育法第115条第1項)とした、後期中等教育段階の教育を含む高等教育機関として創設された。
  • 制度創設後45年を経た今日、国立55校、公立6校(ただし、うち3校は学生募集停止中)、私立3校の計64校が設置されており(概ね各都道府県に平均1校程度)、学生数は本科が5万6,329人、専攻科2,993人で、1校当たりの平均学生数は927人(平成18年度)となっている。学校教育全体の中で、15歳段階では0.9パーセント、18歳段階では0.8パーセントの比率となっている。
  • 公立高等専門学校については、平成3年度以来、1都1府2市の5校という状態が続いていたが、このうち札幌市立高等専門学校が平成17年度から学生募集を停止しているほか、都立2高等専門学校を統合する都立産業技術高等専門学校が設立されている。また、私立高等専門学校については、かつて7校あったが、平成3年度までに4校が大学に移行した。高等専門学校教育、あるいはその卒業生に対する社会の評価が高いにもかかわらず、このように公私立の高等専門学校が増加しない理由は、一つには工業・商船等の実験・実習系の分野であるため、施設設備の整備や維持管理等に多額の経費を要することにあると考えられる。
  • 教育分野としては、工業分野における中堅技術者の養成という制度創設時の経緯から、現在でも工業系学科が中心となっており、257学科のうち248学科(96.5パーセント)を占めている(平成19年度)。このほか、商船系学科が5学科、その他分野の学科が4学科となっている。
  • 平成3年の制度改正により、高等専門学校の卒業生がさらに2年間、精深な教育及び研究指導を受けるための専攻科制度が創設された。以後、各高等専門学校において専攻科の設置が進み、現在は学年進行中の沖縄工業高等専門学校を除く全ての国立高等専門学校を含む60高等専門学校に設置されている。平成18年度の入学定員は1,076人で、高等専門学校(本科)入学定員の約10パーセントとなっている。
  • 入学志願倍率は、地域、学科等によって多少の差は見られるが、15歳人口が減少する中にあっても、概ね約2倍以上を維持してきた。これは、公立高等学校(平成17年度で1.4倍)と比較しても高い倍率であると言える。しかし、長期的に少子化傾向が続く中、近年では入学志願者も緩やかな漸減傾向にあり、高等専門学校の入学志願倍率は平成17年度に初めて2倍を切り(1.9倍)、平成19年度も過去最低の1.78倍となった。
  • 本科卒業生の進路については、進学者の割合が昭和60年度の9パーセントから平成7年度には24パーセント、平成17年度には41パーセント(うち専攻科進学率14パーセント)へと急速に上昇している。このため、就職者の割合は平成17年度には54パーセントまで減少している。
  • 地域への貢献に関しては、各高等専門学校では、地域共同テクノセンターを設置するなどして、中小企業を中心とする地域の企業等との連携を深め、共同研究や社会人教育による地域貢献に力を注ぎ、成果をあげているほか、地域の小中学校等の要望により実施する出前授業や、全校挙げての科学の祭典、移動科学実験等を通じた地域貢献にも取り組んでいる。また、高等専門学校の卒業生の地元(学校と同一県内)就職率は、全国平均(平成18年)で本科34パーセント、専攻科39パーセントとなっている。
  • 教育研究環境としての施設・設備は、学校開設以来更新していない実習工場の設備があるなど、国立高等専門学校において老朽化が深刻化している。校舎等の施設について見ると、建築後25年以上を経た建物が全建物面積の約73パーセントとなっている。

(2)高等専門学校教育の特徴

 高等専門学校は、高校と大学の両方にまたがる年齢期の学生を対象として、以下のような特色ある教育を行っており、我が国のユニークな教育制度として国際的にも高く評価されている。

  • 高等専門学校は、実践的・創造的技術者の育成という明確な教育目的の下、中学校卒業段階から5年間の一貫した専門教育を行う高等教育機関であり、大学入試の影響を受けないことを生かして、15歳という頭脳の柔らかい時期から、理論的な基礎の上にたって実験・実習・実技等の体験重視型の専門教育を実施している。
  • 教育課程は、専門科目と一般科目がいわゆるくさび型(低学年では一般科目が多く、学年が進む毎に専門科目が多くなるように編成されている。)に編成され、専門教育と一般教育とが円滑に行なわれるようになっている。また、体系的な教育課程に基づく厳格な成績評価を行っている。
  • 卒業生が、専攻科あるいは大学、さらには大学院にまで進学し、それぞれのレベルで創造性豊かな研究者・技術者を目指すキャリアパスとしても評価されている。
  • 高等専門学校に入学してくる学生は、中学校段階から理数系やものづくりに関心が高い者であることが多く、このため入学後も好奇心旺盛な学生が多く、理科や数学に関する知識への関心や、技術やものづくりへの意欲が高い。
  • このほか、充実した課外活動等の指導や、寮生活などを通じて、全人的教育を実施していることや、ロボットコンテストなどの創意工夫の体験を含む有意義な取組が全国レベルで行われていることも、高等専門学校における教育の特徴である。

(3)高等専門学校に対する評価

 高等専門学校は、創設以来40年以上に亘って、高度成長期を支えるなど、優秀な人材を社会に供給し、産業界を中心に高く評価されてきた。また、地域行政や産業界との技術連携等、地域に密着したきめ細かな交流を行い、地域の発展に貢献してきた。

  • これまで高等専門学校卒業生は約30万人を数え、実践的・創造的技術者、経営者、研究者など幅広い分野で活躍する人材を輩出している。工学系新卒技術者のうち高等専門学校卒業生の割合は12パーセント(平成18年度。大学への編入学者、大学院への進学者を含む。)となっており、今後のイノベーションを担う人材の養成機関としては大きな役割を果たしている。また、高等専門学校卒業生が企業の経営者になっている割合が高いとの調査例もあり、起業家精神を持った人材の輩出にも貢献している。
  • 高い求人倍率(本科16倍、専攻科21倍(平成17年度))、就職率(ほぼ100パーセント)に示されるように、企業から高い評価を受けている。
  • 高等専門学校出身者の資質については、企業に入ってから伸びる人材の資質として重要である、モチベーション、協調性、様々な事象に対処する知恵(課題解決力)といった点で優れているとの評価があり、そうした資質を涵養する上で、実験・実習・実技による体験重視型の専門教育が高く評価されている。また、特に大学院進学者には創意工夫の面で優秀な者が多いとの評価がある。

様々な形での外部からの評価等

  • 高等専門学校は、様々な形で外部からの評価等を受けている。まず、大学と同様に、学校教育法に基づく機関別認証評価を7年に1度、受けることが義務付けられているが、この認証評価においても、ものづくり教育や地域への科学技術の貢献で高等専門学校が目立った特色を持っており、高い評価を受けている。
  • 国立高等専門学校については、これに加え、独立行政法人通則法に基づき、各事業年度に係る業務実績評価、中期目標(期間:5年間)に係る業務実績評価を受けることが義務付けられるとともに、中期目標期間終了時の検討が行われることとなっている。
  • また、高等専門学校卒業後専攻科において所定の単位を修得した者が学士を取得するための前提条件として、大学評価・学位授与機構による専攻科の認定審査(担当教員の資格認定審査を含む)が必須となっている。
  • さらに、高等専門学校は、本科の4年・5年に専攻科の2年間を加えた教育プログラムをもって、日本技術者教育認定機構(JABEE:Japan Accreditation Board for Engineering Education)による学士水準の技術者教育のプログラム認定を積極的に受けており、平成18年度までに48校の66プログラムが国際的に相互承認された水準のプログラムであると認定されている。

企業・卒業生に対する意識調査結果

  • 企業及び卒業生に対する意識調査を行った「高等専門学校のあり方に関する調査」(平成18年3月、国立高等専門学校機構委託調査)の結果を見ても、多くの企業が高等専門学校卒業生に満足している。特に、専門知識、コンピュータ活用能力、誠実さなど、現場技術者としての資質について評価されている。その一方で、英語力やコミュニケーション能力の不足などが指摘されている。(なお、この点については、過去の教育の結果に対する指摘であり、後述するように(p.22)、こうした指摘も踏まえ、現状の高等専門学校教育においては、かなり改善が図られているところである。)
  • 企業が高等専門学校卒業生に期待する役割(職種)としては、産業における技術の急速な高度化を背景にして、設計、製造・施工、研究・開発、品質管理、生産管理、システムエンジニア等の部署で「現場の幹部候補生」としての活躍が期待されている。給与面では、高等専門学校(本科)卒業生の給与水準について、大学学部卒業生より低い区分とする企業が8割を占めている一方で、高等専門学校卒業生と大学学部卒業生が同じ区分で処遇されている企業も全体の1割を占めている。
  • 卒業生の意識調査の結果を見ても、高等専門学校の教育プログラムは役立っていると評価している。特に、大学院まで修了した卒業生は、約9割が高等専門学校に進学したことに満足している。一方、高等専門学校に進学したことに対し不満足と回答した卒業生の不満足の理由としては、社会での評価が低い(大学卒業者より低い)とした者が多い。

お問合せ先

生涯学習政策局政策課

-- 登録:平成21年以前 --