ここからサイトの主なメニューです

「今後の学校における食育の在り方に関する有識者会議」設置要項

平成25年5月22日
スポーツ・青少年局長決定

1 趣旨

 平成17年に成立した「食育基本法」を受け、平成20年に改訂された学習指導要領においても食育についての記述が充実された。また、平成17年に配置が開始された「栄養教諭制度」により学校における食育の指導体制の充実が図られている。
  しかし、栄養教諭の配置は都道府県によって差があり、学校における食育の推進の成果についても検証が不十分であるという指摘がある。
  そこで、今後の学校における食育の在り方について、今までの取組状況を踏まえつつ、中長期的な目標及びそれを実現するための具体的な事業や指導方法等について検討するため、様々な分野の有識者からなる会議を設置する。

2 検討事項

 (1)現在の食育推進事業についての分析
 (2)今後の学校における食育推進のための指導内容等の在り方
 (3)関係機関・団体との連携の在り方
 (4)その他

3 実施方法

 (1)別紙の学識経験者等の協力を得て検討を行う。
 (2)必要に応じて、(1)以外の者から協力を得るものとする。

4 実施期間 

 平成25年5月22日~平成26年3月31日までとする。

5 その他

 本件に関する庶務は、スポーツ・青少年局学校健康教育課において行う。

お問合せ先

スポーツ・青少年局学校健康教育課

(スポーツ・青少年局学校健康教育課)

-- 登録:平成25年05月 --