ここからサイトの主なメニューです

資料3 防災教育についての文部科学省の取組例

1 学校における防災教育の内容

 学校における防災教育は、安全な生活を営むのに必要な事柄について理解できるようにするとともに、心身の発達段階に応じて、地震等の災害時に安全な行動ができるような態度を身に付けることをねらいとして、体育、保健体育及び特別活動を中心に、家庭や地域と連携を図りながら、学校教育全体を通じて行われている。新学習指導要領においても防災教育の充実が図られたところである。
(中学校「保健体育」、小学校「社会」、「理科」等)

2 文部科学省の取組

(1)防災教育に関する指導資料・教材の作成・配布等

○ 各学校における安全指導の進め方や避難訓練の実施を含む指導計画の作成などに関する教師用指導資料の作成・配布

  • 防災教育のための参考資料「『生きる力』をはぐくむ防災教育の展開」(各都道府県教育委員会に配布)(平成10年3月)
  • 学校安全参考資料「『生きる力』をはぐくむ学校での安全教育」(幼~高等学校用)(各都道府県及び市町村教育委員会、各国立大学附属学校に配布)(平成13年11月・平成22年3月改訂)。

○ 地震等による自然災害に対する備えと安全のための適切な行動がとれるよう、授業などにおいて活用する防災教育教材の作成・配布

  • 「災害から命を守るために」(小学生用)(CD-ROM:平成20年3月)
  • 「災害から命を守るために」(中学生用)(DVD:平成21年3月)
  • 「災害から命を守るために」(高校生用)(DVD:平成22年3月)

    ○ 学校安全について教職員の研修を充実させるために、校内研修等で活用できるDVD による教職員向け参考資料を作成しており、防災分野の最新の知見も内容として盛り込み、作成・配布。 
  • 学校安全資料「子どもを事件・事故災害から守るためにできることは」(小学校教職員向けDVD:平成21年3月)
  • 学校安全資料「生徒を事件・事故災害から守るためにできることは」(中学校・高等学校教職員向けDVD:平成22年3月)

(2)防災教育に係る指導者の研修

○ 学校安全教室の推進

 学校等で防災教室等の講師となる教職員等を対象とした講習会を各都道府県で実施し、教職員や児童生徒の防災等に対する意識の向上等を図る。
また、応急手当に必要な技能として、心肺蘇生法(AED の取扱いを含む。)の実技講習会を実施。

○ 各地域における学校安全の基盤となる指導者の養成を目的とした研修

(学校安全教育指導者研修)
 各都道府県において指導的な役割を果たしている小・中・高等学校の教員及び都道府県・市町村教育委員会の防災教育担当指導主事を対象とした研修会を実施。(独立行政法人教員研修センター、文部科学省の共催)

お問合せ先

スポーツ・青少年局学校健康教育課

(スポーツ・青少年局学校健康教育課)