ここからサイトの主なメニューです

福島県内で一定の放射線量が計測された学校等に通う児童生徒等の日常生活等に関する専門家ヒアリング(第1回) 配付資料

1.日時

平成23年5月31日火曜日 14時~16時

2.場所

文部科学省3F1特別会議室

3.議題

  1. 国際放射線防護委員会(ICRP)の勧告を踏まえた「合理的に達成できる限り放射線被ばくを低くする(ALARA)」の理念による学校利用や日常生活の基本的な考え方について
  2. 現在の状況における学校生活と学校外活動の具体的な在り方について
  3. その他

4.配付資料

5.出席者

長瀧重信 氏(長崎大学名誉教授(元財団法人放射線影響研究所理事長、国際被ばく医療協会名誉会長))、衞藤隆 氏(社会福祉法人恩賜財団母子愛育会日本子ども家庭総合研究所副所長兼母子保健研究部長)、田中英高 氏(日本小児心身医学会理事長)、友添秀則 氏(早稲田大学スポーツ科学学術院教授)

お問合せ先

スポーツ・青少年局学校健康教育課

電話番号:03-5253-4111(代表) (内線 2706,3489)
メールアドレス:gakkoken@mext.go.jp

Adobe Readerのダウンロード(別ウィンドウで開きます。)

PDF形式のファイルを御覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、まずダウンロードして、インストールしてください。

(スポーツ・青少年局学校健康教育課)

-- 登録:平成23年06月 --