ここからサイトの主なメニューです

資料6 平成25年度予算案等における主な理数関連施策の概要

理科教育等設備整備費補助

平成24年度補正予算 100億円
平成25年度予算額(案)30億円

  • 理科教育振興法に基づき、観察・実験等に必要な機器・器具等の整備を補助。(1/2補助)
  • 平成24年度補正予算では、小・中学校等の理科において必要最低限の設備として「特に重点的に整備すべき品目」の整備を補助。

理科実験準備等支援事業

平成25年度予算額(案)2.9億円(新規)

  • 小学校、中学校等における理科の観察・実験に使用する設備の準備・調整等を行う観察実験アシスタント(PASEO: Preparation Assistant for Scientific Experiments and Observations)の配置の支援。(1/2補助)

理科の観察・実験指導力向上研究協議会の実施

平成25年度予算額(案)0.6億円(新規)

  • 小・中学校の理科教育の接続を改善するとともに、教員の理科の観察・実験の指導力の向上を図るため、各学校の研修等で中核的な役割を担う教員を集め、観察・実験の指導に関する研究協議会を実施。

教職員定数の改善

平成25年度予算額(案)1兆4,899億円の内数

  • 小学校における専科指導の充実(小・中連携、理数・外国語教育等の先進的な取組への支援):400人(所要額:約8億円)

お問合せ先

初等中等教育局学力調査室

-- 登録:平成25年03月 --