ここからサイトの主なメニューです

政策評価に関する有識者会議生涯学習・初等中等教育分科会(第1回) 議事要旨

1.日時

平成27年7月17日(金曜日)10時~11時30分

2.場所

文部科学省15階15F特別会議室

3.議題

  1. 分科会長の指名について
  2. 文部科学省事後評価書(平成26年度実績)(案)について
  3. その他

4.出席者

委員

浦野光人委員、金藤ふゆ子委員、小杉礼子委員、貞廣 斎子委員、露木昌仙委員

文部科学省

伊藤政策評価審議官、板倉大臣官房政策課長、豊嶋情報教育課長、井上特別支援教育課長、林幼児教育課企画官、降籏情報教育課長補佐、生田大臣官房政策課評価室長、小坂大臣官房会計課財務分析評価企画官、久芳大臣官房政策課評価室長補佐、

1 分科会長の指名について

 浦野光人委員が他の有識者の同意の下、分科会長に選出された。

2 文部科学省事後評価書(平成26年度実績)(案)について

 文部科学省より資料2、3に基づき、文部科学省事後評価書(平成26年度実績)(案)について説明があり、各施策の評価の内容について、質疑応答がなされた。主な意見は以下のとおり。
(施策目標1-5)
・達成目標1に関連して、情報モラル教育についても評価していただきたい。
・達成目標1に関して、教員養成課程におけるICTの活用状況も評価していただきたい。
・達成目標1に関して、少子化による学校の小規模化に対するICTの有効性についても評価を検討していただきたい。
・達成目標1に関して、ICTの活用状況だけではなく、学習におけるICTの効果を測ることができるような指標を検討していただきたい。
・達成目標1の成果指標1に関して、研修の受講状況など更に教員の指導力を適切に測ることができる指標に変更していただきたい。
・達成目標1の成果指標1、2について、ICTの中でどの点を重点的に普及していくかを踏まえた上で、頻度、活用媒体まで調査するなど調査対象を再検討していただきたい。
・達成目標2に関して、教育用コンテンツの活用状況の指標化を検討していただきたい。

(施策目標2-9)
・達成目標1の成果指標1、2に関して、交流だけではなく、学校間の関わりを示す指標を検討していただきたい。
・達成目標2の成果指標1、2について、実施率ではなく、頻度や日数を指標として設定していただきたい。

(施策目標2-10)
・達成目標3の成果指標1について、新規採用者を除く特別支援学校教員の特別支援学校教諭等免許状保有状況の割合も成果指標として設定していただきたい。
・特別支援教育コーディネーターにおける特別支援学校教諭等免許状の保有状況を把握していただきたい。

3 その他

 文部科学省より資料4に基づき、今後のスケジュールについて説明があった。

お問合せ先

大臣官房政策課評価室

-- 登録:平成27年08月 --