ここからサイトの主なメニューです

大学における看護系人材養成の在り方に関する検討会(平成28年度~)(第2回) 議事録

1.日時

平成29年3月13日(月曜日)13時00分~15時00分

2.場所

文部科学省(中央合同庁舎7号館東館)3階 3F2特別会議室

3.議題

  1. 看護学教育モデル・コア・カリキュラム 項目について
  2. その他

4.議事録

【浅田座長】  皆様こんにちは。定刻になりましたので,ただいまから大学における看護系人材養成の在り方に関する検討会の第2回目を開催いたします。
 本会議は,冒頭より公開とさせていただきますことを御了承ください。なお,カメラでの撮影につきましては,議事に入るまでとさせていただきますので,御協力のほどよろしくお願いいたします。
 本日は,前回の検討会での御指摘を踏まえ,ワーキンググループの作業について本検討会で確認し,今後の方針について議論をするために開催するものです。
 それでは,本日の出席状況と配付資料の確認を事務局よりお願いいたします。

【斉藤看護教育専門官】  座ったままで失礼いたします。本日は委員19名,オブザーバー1名,計20名全員に御出席の予定で御連絡を頂いております。詳細は,添付の委員名簿を御確認願います。また,事務局の出席について,前回より追加がございましたので,御紹介いたします。
 松尾大臣官房審議官でございます。

【松尾大臣官房審議官】  松尾でございます。どうぞよろしくお願いいたします。

【斉藤看護教育専門官】  森医学教育課長でございます。

【森課長】  森でございます。どうぞよろしくお願いいたします。

【斉藤看護教育専門官】  松尾審議官におかれましては,公務により13時40分頃退室になります。

【松尾大臣官房審議官】  申し訳ございません。

【斉藤看護教育専門官】  南委員に関しましては,遅れるということで御連絡を頂いております。
 次に,配付資料の確認をさせていただきます。お配りしております資料は会議次第にありますとおり,配付資料は資料3までございます。まず,本日の会議次第,座席表,委員名簿,資料1が看護学教育モデル・コア・カリキュラム(案)作業経過報告,A4のものになっております。資料2が看護学教育モデル・コア・カリキュラム策定作業シート,A3で19ページまでございます。資料3,今後のスケジュール(案),A4で1枚になっております。参考資料は1から10までファイルにとじられております。このファイルは持ち帰らず置いて帰るようお願いいたします。
 それから,机上資料としまして本日の論点メモ,机上資料2として日本小児看護学会要望書,机上資料3,日本地域看護学会要望書,机上資料4,医学教育モデル・コア・カリキュラム平成28年度改訂版(最終案),机上資料5として歯学教育モデル・コア・カリキュラム平成28年度改訂版(最終案),以上となっております。
 落丁等ございましたら,事務局まで御連絡ください。

【浅田座長】  ありがとうございます。皆様,資料はおそろいでしょうか。
 それでは,カメラ撮影はここまでとさせていただきます。よろしくお願いいたします。
 それでは,議事に入ります。本日は,看護学教育モデル・コア・カリキュラム(案)について,4つの論点について御議論いただきたいと思います。お手元の議事次第や,委員の先生方は机上資料1,主な論点という資料がございますので,それを御覧ください。
 まず,論点1でございますが,看護学教育モデル・コア・カリキュラムの構成でございます。ワーキンググループで検討された構成案について御意見を頂き,本日,本検討会として合意を図りたいと思います。
 次に,論点2でございます。看護学教育モデル・コア・カリキュラムの考え方についてです。この部分は,いわばコアカリの総論に当たりますので,今後の各論部分の作業に応じて,最終的には夏の取りまとめの際に記載内容を確定する予定ですが,今回は第1回検討会の御意見を踏まえ,この部分の議論を行いたいと思います。
 続いて,論点3でございます。看護系人材として求められる資質・能力についてです。こちらもワーキンググループで検討された案について御意見を頂き,検討会としての合意を図りたいと思います。
 最後の論点4でございます。これは,論点1に関連して各項目に記載すべき事項についての内容でございます。こちらも,ワーキンググループで検討された案について,2011年の学士課程においてコアとなる看護実践能力と卒業時到達目標との対応はとれているか,盛り込むべき項目として適当かどうか,過不足がないかといった観点から,御意見を頂きたいと思います。
 その後,本日頂いた御意見をワーキンググループにフィードバックし,策定作業の際に反映していただきたいと思います。
 それでは,議論に入りたいと思います。まずは,事務局より各論点について説明を頂き,質疑応答及び議論という形で進めたいと思います。
 それでは,まず論点1,看護学教育モデル・コア・カリキュラムの構成について,事務局より説明をお願いします。

【斉藤看護教育専門官】  説明します。本日は,4つの論点のいずれも資料1に基づいて御議論いただきたいと思います。資料2は,ワーキンググループでの検討過程等を示したもので,いわば資料1の補足資料として御用意しております。それでは,資料1と資料2を御用意ください。
 論点1のコアカリの構成について,資料1の目次により御議論いただきたいと思います。資料1の1枚目をおめくりください。まず,先ほど座長からも論点2として御紹介がありました総論に相当するところに,看護学教育モデル・コア・カリキュラムの考え方を置きたいと思います。これは,今回が初のコアカリ策定となりますので,大学関係者である教員や学生だけでなく,広く国民の皆様にコアカリとは何なのか,大学教育における位置付けはどうなっているのかなどを記載したいと思います。
 次に,看護学教育モデル・コア・カリキュラム策定の概要を置きたいと思います。これは,各項目のポイントをコンパクトにまとめ,記載したいと思います。
 次に,看護系人材として求められる基本的な資質・能力を置きたいと思います。本日の論点3の内容となりますが,看護系人材が生涯かけて獲得すべき資質や能力について記載したいと思います。その上で,AからGまでの大項目を置いて,具体的な教育内容の各論について記載したいと思います。
 論点1として,特に御議論いただきたいことは,大項目として,Aの看護系人材として求められる基本的な資質・能力から,B,社会と看護学,C,看護学一般,D,看護実践の基本となる専門基礎知識,E,多様な場における看護実践に必要な専門知識,F,臨地実習,G,看護学研究と専門性の発展と,7項目立てていることに関して,大項目の立て方や大項目のネーミングについてです。
 資料2を御覧ください。大項目の立て方について,ワーキンググループで検討した経緯を御紹介します。検討手順ですけれども,まず,コアカリは1ページの考え方の1にありますように,2011年に策定した到達目標で定められた能力の習得を目指し,その能力育成に必要な事項を選定したものとするということを確認しました。いわばコンピテンシー・べースドであることの確認です。
 次に,項目立ての確認ですが,この看護実践能力は,段階的な学習とプロセスの中で習得するものですので,大項目は看護実践能力を習得していく段階的な過程を軸にするということを確認しました。いわば,カリキュラムプランニングを意識した項目立ての確認です。
 なお,この2段階の考え方の整理は,11月の第1回検討会の際に,2011年の到達目標の活用状況について御議論いただいたことを踏まえて行いました。その結果,ワーキングでは,左側の案1から案4を示し,かつ,医・歯・薬の先行事例も示した上で,一番右のAからGにまとめました。
 各項目について具体的に御説明いたします。
 A項目では,基本的な資質・能力について,学士課程で獲得すべき能力の内容を整理したいと思います。A項目からE項目までで,まず,学士課程卒業までに必要な教育内容を示します。
 B項目は,社会と看護学で,医療,福祉,社会学など看護学の基礎になる隣接諸科学を学ぶ項目になります。
 C項目は,看護学一般で,看護学を構成する概念としての人間とは,生活とは,健康とは,看護とはを学び,看護の対象を理解し,実践するために必要な項目になります。
 D項目は,看護実践の基本となる専門基礎知識で,看護過程展開に必要な基本的な知識を学ぶ項目です。
 E項目は,多様な場における看護実践に必要な専門知識で,対象の多様性,複雑性を認識し,患者中心のチーム医療を含めて,多様な場における看護実践に必要な知識を学ぶ項目です。
 次に,F項目とG項目は,BからEの発展的,統合的内容を別に項目立てして示しております。
 F項目は,臨地実習で,臨地実習に特化して学習する項目を整理します。
 G項目は,看護学研究と専門性の発展で,学士課程で研究ができるようにするという趣旨よりも,看護研究の成果を看護実践の根拠として使えること,看護学の体系を構築する基盤として看護学の専門性を発展させていく上で看護研究が有用であることを理解するという,いわばリサーチマインドを卒後どのように道を歩むにしても持つようになることを学ぶ項目としています。
 以上,考え方,概要,資質・能力,7つの大項目という構成と,大項目の項目立てについて御議論いただきたいと思います。以上です。

【浅田座長】  ありがとうございます。ただいま説明いただきましたように,資料2の一番右のところに大項目案がございますので,これについての御議論を頂きたいと思います。皆様からの御質問,御意見を頂きたいと思いますが,その前に,ワーキンググループの委員を兼ねていただいております佐々木委員,奈良間委員,柳田委員から,追加で御意見あるいは補足等ございましたら,御発言をお願いいたします。いかがでしょうか。よろしゅうございますか。
 それでは,皆様方から御意見あるいは御質問でも結構ですが,ございますでしょうか。どうぞ。

【萱間委員】  今ほど御説明いただきまして,それで,ワーキンググループの先生方,特に御意見おっしゃらなかったんですけれども,御質問させていただきたいことがございます。
 A項目からG項目の項目立てというのが,ワーキンググループでは様々なコンピテンシー・ベースドで考えられてきたこれまでのカリキュラムなどのすり合わせ作業をされていると思うんですけれども,この項目はやりやすい項目立てなのでしょうか。といいますのは,ちょっと重複するものがあるかなと思いまして,なので,御意見を伺いたいんですが,Aについては,様々な資質・能力が入っていて,ここは時代に合わせて作っていくところなのかなと思うんですが,Bも社会と看護学ということで,看護学の基本的な概念構成というのは皆さん御存じのように人間と生活と社会と看護ですので,ここで社会が出ているということは非常に重要なことと思います。
 ただ,C,D,Eのところが看護学一般,それから看護実践の基本となる専門基礎知識,多様な場における看護実践というところで重複が考えられるかなと思いましたので,ワーキンググループとして,これが作業をしやすいものなのかどうかを伺いたいと思います。

【浅田座長】  御意見ございますでしょうか。

【佐々木委員】  1つは,今回,最初の会議の方でも出てきたとおり,医療人というあたりのことがありましたので,医学とか,歯学,薬学のモデルなども参考にしながら作っていったというところもあります。それと同時に,2011年に発表されたコアコンピテンシーの内容を包含するということもあって,きょう示されているような資料2以下の方の,いろいろエクセルでの表などが,これで包含されているかというところで見ているところがあります。
 そのときに,どういう軸でこの看護学教育のカリキュラムを考えていくかといったときに,医学や歯学,薬学と同じようにとは言いつつも,軸になるものをどうしていこうかというところで,今,説明が斉藤専門官からもあったように,段階的な発展というところを軸にできないだろうかというところで,しているところがあります。
 確かに,ワーキングの中では内容が重複するのではないかということの意見があって,今,ちょっと整理をしているところがありますので,その点については,むしろこの会議でまた御助言を頂けたらいいかなとは思っているんですが,欠けるということがないようにということで,今,作業を進めているようなところがあるかなと思っております。十分な説明になっていないかもしれませんけれども,何か補足があれば,またお願いしたいと思っております。

【浅田座長】  どうぞ。

【柳田委員】  柳田でございます。今の御質問は,本当に非常に重要なところだと思います。結論から言いますと,実は,重複は構わないので漏れないことを大事にしましょうというスタンスで作業を進めておりますので,現時点においては,まだ完全に重複をなくすところまでは至っていないと御理解いただけたらと思います。
 じゃあ,なぜそれだけ時間が足りなかったのかというと,先ほどから何度も御説明がありますような,資料2に膨大な量のエクセルのシートがありますが,こういう形でこれまでの到達目標2011との整合性をいかにとるか,コンピテンシーの教育がしっかり担保できるかどうかということを,2か月程度,十分に審議をして議論を重ねた上で,最終的にコンピテンシーは十分盛り込まれる,これに2011プラスアルファだと思いますが,2011プラスアルファの形でコンピテンシーはしっかり担保し得るという結論に達し,一方で縦軸はこういうカリキュラム構成のことを考えて,若しくは教員の構成を考え,さらには,同じ医療人教育ということを考えたときに,医・歯・薬と同じフォーマット,飽くまでフォーマットですけれども,同じフォーマットを作ることによって,より看護の独自性もきちんとそこに表現できるというのが,ワーキングでの結論ということで,このようなスタイルになっております。ですから,重複は現時点においては御容赦いただけたらと,むしろ,ここでいろいろな御意見を頂けて,それをワーキングでまた進めたいと思っております。
 以上です。

【浅田座長】  いかがですか。

【萱間委員】  御説明ありがとうございます。もちろん,ほかの医・歯・薬との並びということもあると思いますし,ワーキングの先生方がこれで作業されやすいならいいと思うんですが,ただ,重複は当然あるものと思います,分けられるものではないと思いますので。
 ただ,何か切り口として,例えば医学ですと,Dの項目が各器官の解剖になっていまして,Eのところが生理と病理というふうになっていまして,割と分かりやすいといいますか,医学として分かりやすいものになっていると思うんですが,看護の場合,看護学一般というものと,専門基礎というものと,学習の順序性ということだったんですけれども,少し調整をした方が作りやすい,看護が見えやすいというところもあるのかなと思いましたものですから,御質問いたしました。

【柳田委員】  すいません,これは,ワーキングではまだその議論まで至っていないところで,ここからは私の個人的な意見としてお聞きいただけたらと思います。
 看護学一般の,若しくは基礎看護学とか,あるいは専門基礎が入っているということに関しては,かなり膨大な量になるなというのは感じております。そのときに,ひょっとすると社会と看護学に対応するものとして,人と看護学というものを設けて,体が診れる,あるいは治療も診れるというところを一つ設けた上で,更に看護という形にした方が,ひょっとすると今の先生の御指摘に合う形ですっきりするのかなとは,私自身は思っておりますが,まずはこの縦軸を,この方針でいくということが大事ですので,その方向では,そこからの議論ということで,まだ申し上げておりませんでしたが,先生の御指摘を考えると,そういう形で整理するのも一つの方法かなと思っております。

【浅田座長】  いかがでしょうか。はい。どうぞ。

【宮﨑委員】  千葉大学の宮﨑です。
 きょうのこの資料を拝見して,本当に御苦労を伴いながら整理していただいたんだなということがよく分かりました。
 論点となっている大項目案ですけれども,このAからGの視点に関しては,私は大枠的に賛成いたします。ですけれど,やはり中身を見てみますと,CとD,それからEのあたりが,どういうところを焦点化して切り出しているのか,そこがクリアでない点があるように思うんです。
 特にCの位置付けが,何を看護学一般(若しくは看護学基礎)として取り出しているのか,内容的にクリアではないと思います。特にCに関して感じることは,今,Eに入っている地域ケアシステムについてです。これからの看護実践,特に看護学の学士課程を学ぶ学生においては,看護の概念というのは対個人だけではなくて,よりよい仕組みやシステムにしていくというところまで含み,仕組みやシステムづくりを実践できるというところを求めるというよりは,そうした志向性を養っておくということが重要ではないかと思うんです。今,地域システムと看護というのはEに入っているんですが,むしろ看護学の基礎のあたりにシステム的な志向性というものは位置付ける必要があるように私は思います。
 そういう点から,Cのあたりをもう少しクリアにしたく,どういうところを取り上げたのかということをワーキングの方々にお聞きしたいという点が1点です。
 それから,Gの看護学研究と専門性の発展というのも気になる点がございます。薬学においては,薬学研究という切り出し方なんですけれども,看護学における研究というのは,特に学士課程の基礎における学生たちの看護学研究というのは,研究としてそれが存在するというよりも,ケアの改善ですとか,専門性をよりよく発展していくのかというところと不可分ですので,Gを1つの固まりとして取り出したというのはよろしいんですが,もうちょっと何かネーミングのあたりで工夫ができないかということを感じました。
 まずは質問を1個含めていたのですが,Cの切り出し方について,ワーキングの先生方から追加で御説明いただけるようでしたらお願いしたいと思います。

【佐々木委員】  切り出し方のところで言うと,資料1の10ページのところに,大項目案のそれぞれの定義というか概念の説明というものをまずは作った上で,それぞれの内容を検討していったというところがございます。
 それで,先ほど出てきた地域ケアシステムのことというのは,確かに非常にこれからはベーシックなところに至るだろうという御意見もあるかとは思っていたんですが,多様な場における看護実践に必要な知識というところの位置付けとして我々としては考えていたところもあったので,Eのところに入っていたかと思います。
 CとDのどちらも基本的なというところにはなるかと思うんですけれども,Cの方がもう少し概念的なことのベーシックなところ,Dの方がもう少し看護を提供したりケア提供していく上で実践につながる力というようなところですみ分けをしていったというふうに私は考えております。もしちょっと問題があれば,補足をしていただきたいんですが,そういったところがあってですので,CとDなどの重複というところは,まだこれから課題になるところかと思っております。
 説明になっていますでしょうか。何かあれば,またお聞きいただければと。

【宮﨑委員】  ありがとうございました。Dの方は,より実践を展開していく上での方法論というところでしょうか,そのように理解させていただきました。ごめんなさい,Dについては方法論というふうに理解させていただきました。

【浅田座長】  どうぞ。

【奈良間委員】  ただいまの宮﨑委員からのお話は,とても貴重な御指摘だと思って伺っていました。CとDがまずは重複している内容があるということを現状では思っております。そして,今,佐々木委員からも御説明がありましたように,Cに関しては,看護を構成する概念の説明がまずは重要なところだと思っておりますので,場合によっては,全体の構成としてはこれでいいのかもしれませんけれども,概念の説明をより明確にしていくというところに重きを置くことで,DやEとの整理がより明確になるかもしれないと個人的には思っております。
 その中に,現状に合わせて,Cのところにシステムというようなことの考え方を盛り込むということは1つの御提案かと思います。Dに関しましては,先ほどの御説明のように,より実践的なところで,看護過程をいかに展開していくかというところで,CとDの整理は可能ではないかと思っております。

【浅田座長】  ありがとうございます。
 ほかに御意見。

【江藤委員】  江藤と申します。
 大枠に関しては,この作られた内容でほぼ網羅されるのではないかと思います。社会の中から看護の基本的な部分から,疾病とか発達段階とか,それから場が広がっていって,実習に入り,研究という,一連の段階的なものは踏まえられているのではないかと思います。
 ただ,内容を見たときに,先ほどから重複しているというお話はあるんですけれども,確かに重複していて,チーム医療がすごく何度も出てくるなというか,地域がすごく強調されているような印象を受けました。
 それから,明確に言葉として書かれていなかったなと思うのが,解剖とか生理とか,そういう体の基本的な部分に関する内容が明確に書かれていなかったかなと思うので,それでCの部分とDの部分が少し混在するような印象を受けるんじゃないかなと思いました。
 あと,疾患とか発達段階とかということに関して,内容的にDに入るのかなと思ったんですけれども,もう少しかみ砕いた言葉で,多分Cの部分とDの部分がすごく膨大になるのかなと思って,そこが書かれていなかったのかと思ったんですが,そこを少し書き落として具体的にすると分かりやすいのではないかと思いました。

【浅田座長】  ありがとうございます。

【柳田委員】  今の委員の御指摘のとおりで,実は解剖生理とかそういったところをどこに盛り込むかというのは,ぎりぎりまで議論をし続けたところがありまして,最後にC若しくはDに入れるというところで,今ここに至ってしまっております。ですから,これは今後,ワーキングの中でしっかり議論していかないといけないところでありますし,それがより見える形にしないといけないとは思っています。
 ですから,それの一つの提案として,先ほどのように,社会と看護学に対して,人と看護学という形で,体の正常と異常をしっかり知ってもらうと,その上で更に看護を深めていくという方法で,本当に膨大になってしまうCのところ,Dのところを少し分かりやすくする方法もあるのかなとは,これは飽くまで個人的な意見ですが,そのようには考えております。まだそこは十分な議論がなされていないところです。

【浅田座長】  ありがとうございます。
 御意見は伺いたいんですけれども,きょうの入り口のところでございますので。大枠としてこの項目,段階的にこういうのを立てるということについて,これは駄目だという意見は今のところないと思います。細かい内容についての重複であるとか,どういうふうに中身をしていくかというのは今後のところで,先の議論にも関わってきますので,まず,この項目立てのところでの御意見がございましたらお願いします。内容についての細かい話は,そのまた次のところでできますので,いかがでしょうか。まず,この大項目案ということで,ここのところの構成。用語として,先ほどから出ています。少しまだ検討の余地はあるかとは思いますけれども,項目立てそのものがこれじゃないよということがありますでしょうか。
 どうぞ。

【上泉委員】  上泉と申します。
 この項目の作りはこれでよろしいかと思いますが,それぞれの大項目の定義,あるいはそこに含まれるコンピテンシーとの関係を見ていくと,このネーミングをもう少し工夫する必要があるのではないかと思います。
 ですので,この7つはこれでよろしいかと思いますが,もう一度,定義と含まれるコンピテンシーによって,ネーミングの再考ということをお願いしたいと思います。

【浅田座長】  この場で例えば御提案があれば,またそれはワーキングの方にも戻していきたいと思うんですけれども,項目立て,段階的なものについては皆さん合意いただけると思うんですが,中身との関係で,名称が対応付かないといけないという意味では,当然中身の検討との今後の中で最適な名称ということになっていくと思いますので,まずはきょうの段階,まだ論点1でございますので,全体構成,大項目の項目立てという点については,皆様よろしいでしょうか。もっと細かい内容については,またこれから,次の論点でも議論していきますので,そこのところはよろしいでしょうか。
 ありがとうございます。それでは,次の論点2の方に進めてまいりたいと思います。看護学教育モデル・コア・カリキュラムの考え方です。これについて,事務局から説明をお願いいたします。

【斉藤看護教育専門官】  それでは,資料1の1ページをごらんください。また,委員におかれましては,机上資料4と5の医学教育と歯学教育の改訂案の1ページも併せてごらんいただければと思います。
 資料1にお示ししております事務局案は,まず1,基本理念と背景を示しております。この中で,現行の看護学教育における課題や社会の変遷への対応と,看護学における「基本的な資質・能力」の提示と共有というところに分けて記載したいと思っております。
 続きまして,3ページになりますが,2,大学教育における位置付けというものを示しておりまして,この中で,モデル・コア・カリキュラムとは,モデル・コア・カリキュラムの整理,臨地実習,それから3つのポリシー,学生に求めたいこと,看護学教育に携わる各関係者にお願いしたいことに分けて説明したいと思っております。
 最後に,8ページになりますが,3,国民への周知や協力の依頼というのを示しまして,例えば机上資料4の医学教育コア・カリキュラムの方では,5ページにございますように,広く国民に訴えたいと思います。
 さて,これらの見出しに対して記載する内容ですけれども,各ページにありますように,四角囲みで記載している第1回の検討会での御意見や本日の御意見などを整理して,記載内容を充実,完成させていきたいと思っております。
 以上,考え方の構成や記載すべき内容について御議論いただきたいと思います。
 なお,このパートは,各項目の記載内容とキャッチボールしながら固めていくべきものですので,最終案がまとまる夏までに継続的に毎回御検討いただきたいと思っていることも補足したいと思います。
 以上です。

【浅田座長】  ありがとうございます。
 ただいま説明がありましたとおり,この部分につきましては,約半年かけて内容を充実させていくということでございますので,現時点でお気づきの点がありましたら御発言いただきたいんですが,いかがでしょうか。
 南委員は余り時間がないとお聞きしているんですが,もし御発言ございましたら。

【南委員】  特段ございません。大丈夫です。

【浅田座長】  阿真委員はいかがですか。

【阿真委員】  ありがとうございます。問題点と感じることについて3点申し上げます。
 まず,私の理解が不十分な点もあるかと思いますけれども,そちらについては,また改めて御教示を頂ければ幸いです。
 1点目から申し上げます。1点目は,全体の量についてです。250校にまで増えた大学での教育に当たりまして,看護の専門性を確保するために,まずは最低限共通して学生が身に付けるべきものに厳選していただきたいと思います。
 御自身の経験や学習,立場によって,それぞれが大切だと思うことは異なるために,あれもこれもと盛り込みたくなるというのは私も経験から分かります。けれども,あれこれ盛り込んで,本当に必要なことや重要なことが薄まってしまうようなことがないようにしていただきたいと思います。何より250もの大学で,教える側にとってもきちんと内容を把握するのが難しい状況になってしまっては,コアカリとしての本来の役割を果たせなくなるので,御配慮いただけるとうれしく思います。
 それから,2点目につきまして,チーム医療や多職種連携の理解についてです。今,昔と違いまして,医療を受けたときにチーム医療が進んでいるということを肌で感じます。このため,個別の各項目の記載について,このことを強く意識していただきたいですし,コアカリの全体の中でも,せっかく医学,歯学,薬学の先行コアカリがありますので,私たち国民から見ましても,医学,歯学,薬学,看護の各コアカリが比較することができて,また,チーム医療や多職種連携について意識していらっしゃることは感じるのですが,より意識した内容になっているのが分かるようにしていただきたいと思います。
 最後3点目なんですけれども,実践能力についてです。学生さんが実践能力を身に付けるということはもちろん重要ですけれども,教える側にも自らの実践能力が落ちない努力というものをしていただきたいと思います。医療現場は日々研さんされていて日進月歩ですし,制度改正によって看護職の立ち位置も変わっていることかと思います。看護は,医学や歯学部と違って附属病院を持っていないと聞いていますので,難しいとは思いますが,できる限り工夫をすることが必要ではないかと思います。この点については,文科省にも行政の仕組みの中で後押しするような検討をしていただきたいと思います。
 また,関連して,在宅を含めて,命や死に向き合うということも医療や看護の現場では重視されていることと思いますので,この点の教育の充実をお願いしたく思います。
 1点目と関連しますけれども,実践能力の充実といいましても,実習時間を単に増やせばいいというふうに言っているのではなくて,シミュレーションを含め,効果的で効率的な教育を工夫していただきたいと思います。看護職にお世話になるときというのは,心身が病気やけがのときで,私たちが普通の元気な状態ではないときなわけです。考えるだけでとても大変な,なおかつ貴いお仕事であると思います。ですから,看護職や医療人である前に,1人の社会人としての高い倫理や教養を持つということが求められ,また,大学の教育においても必要なことだと思います。
 コアカリのこれらの項目を生涯にわたって満たしていこうという看護職が,個人の能力いかんにとどまらないために,教育は非常に重要であると改めて思います。最低限の選び抜いたものを,横の連携をしっかりと大切にしながら,実践で役立つものとなるように,膨大で大変な作業だとは思いますが,いま一度御検討をお願いいたしたく思います。
 以上です。

【浅田座長】  ありがとうございます。貴重な御意見ありがとうございます。
 ほかに皆さんの方からお気づきの点,御意見ございますでしょうか。
 どうぞ。

【嘉手苅委員】  この考え方の項目立てについては,とてもこのような形でいいというふうに思いました。
 意見を申し上げたいのは,学生に求めたいことという項目が立っていることです。医学教育モデル・コア・カリキュラムの中にもこの項がありまして,読みましたら,医学生にどのようなことを求めているのかということが書かれていて,重要なことだと思いました。カリキュラムとしてどのような内容を立てていくのかだけではなくて,学ぶ立場の学生に求める取り組み方だとか能力を示していくことはとても重要だと思いました。
 まだ2行だけですのでこれからだと思いますけれども,看護学生の場合には,生涯研さんしていくということは当然ですけれども,生活者として人間として成長することが看護者としての能力にもつながりますし,看護職者としての力が付いていくことが人間としての能力の高まりにもつながるというふうなところはとても強調していけたらいいのかなと感じました。
 以上です。

【浅田座長】  ありがとうございます。
 今,御指摘がありましたように,まだ全体が全部書けているわけではないですので,今後こういうことが必要である,盛り込むということも含めてお気づきの点がありましたら御発言ください。
 よろしいでしょうか。一応こういう考え方について項目立てをして内容を盛り込んでいく。ここにも示されていますように,本検討会での御発言なんかをできるだけここに盛り込む形での構成にしていくということがここで示されておりますので,よろしくお願いいたします。次の論点に入ってよろしいでしょうか。
 どうぞ。

【菱沼副座長】  済みません。社会の変遷への対応という項目が挙がっておりまして,ここには,このコアカリで目指す看護の在り方について,社会がどう変遷していて,何を求められているのか,それから学生の方,学生の質がどう変わってきているのかという,その両面を是非書き込んでいただいて,それに対応して前回の検討会から更に何を上乗せしなければいけないのかというのが明確になるようにしていただけると有り難いと思います。

【浅田座長】  ありがとうございます。
 この看護分野というのは,非常に発展段階にあって,今後も社会との関係の中でいろいろ,ここに書いてありますように変わっていく,そういうことも想定しながらのことだと思います。よろしいでしょうか。
 ありがとうございます。それでは,論点,次に進めたいと思います。
 論点2については,きょうの御意見を整理して,事務局で案を作成して,改めて次回,御議論いただきます。
 続いて,論点3でございます。看護系人材として求められる基本的な資質・能力について,事務局より説明をお願いいたします。

【斉藤看護教育専門官】  資料1の12ページをごらんください。また,委員におかれましては,机上資料4,医学教育の改訂案の15ページ,机上資料5,歯学教育改訂案の14ページも併せてごらんいただければと思います。
 前回の検討会で事務局から,3年前の医療・介護一括法案改正などもあって,医療提供体制や地域包括ケアシステムといった社会の中で求められる役割もまた変化してきている中で,どう対応していくのか,それに対して,看護実践能力の習得,獲得をどうするのか,コアコンピテンシーで語られることの多い学士課程における看護学教育で目指す基本的な資質と能力を評価可能な形でどう表現するかということを申し上げました。
 そこで,2011年の到達目標を踏まえ,かつ,医学教育や歯学教育のコアカリ改訂の直近例を参考に,1のプロフェッショナリズムから9の生涯にわたって研さんし続ける姿勢まで,ワーキンググループで資質・能力の案をおまとめいただきました。
 さらに,これらの項目に対して,学士課程で完成するものではなく,生涯を通じて習得することを目指すとして位置付けた上で,数行で内容を説明しています。
 順次読み上げていきますが,1,プロフェッショナリズム。あらゆる発達段階,健康レベル,生活の場をもつ人々の健康で幸福な生活の実現に貢献することを使命とし,尊厳ある看護実践,その基盤となる看護学の発展,その時々の必要に応じた保健医療福祉等における役割の発揮・創造をすすめる。
 2,看護学の知識と看護実践。多様な人々の看護に必要な十分な知識を身につけ,個人,家族,集団,地域について幅広く理解し,そのアセスメント結果に基づく根拠ある看護実践をすすめる。その実践経験により看護学の知識を更に蓄積する。
 3,根拠に基づいた問題解決能力。未知の課題に対して,自ら幅広く多様な情報を収集し,創造性の発揮と倫理的・道徳的・科学的根拠の選択によって問題解決につなげる能力を磨く。事務局の注として,問題解決能力若しくは問題対応能力というふうにワーキングでは考えておりまして,そのどちらが適切かというのはこちらでも御議論いただければと思っております。
 4,コミュニケーション能力。人々の相互の関係を成立・発達させるために,人間性豊かで暖かく,生命に対する深い畏敬の念をもち,お互いの内的経験の意味を認知,共感し,多様な人々の生活・文化を尊重するための知識・態度,言動で支援に当たる。
 5,保健・医療・福祉における協働。看護の対象者,並びにその人々の保健・医療・福祉や生活に関わる全ての人々と協働し,必要に応じてチームのリーダー,あるいはメンバー,コーディネーターとして役割を担う。
 6,ケアの質と安全の管理。ケアの対象者,その人々の支援に携わる人々,並びに人々にとって良質で安全なケアの提供に向けて,継続的にケアの質の安全を管理する。
 7,社会から求められる看護の役割の拡大。多様でしかも急速に変化しつつある社会状況を認識し,地域社会,国際社会から求められる役割発揮により看護専門職の責任を果たすとともに,必要な役割を見いだし拡大する。
 8,科学的探求。あらゆる発達段階,健康レベル,生活の場をもつ人々の健康で幸福な生活の実現に貢献する基盤としての看護学研究の必要性を理解し,看護学の知識体系の構築に関心を向け,学術・研究活動に関与する。
 9,生涯にわたって研さんし続ける姿勢。看護専門職として,看護の質の向上を目指して,連携協働するすべての人々とともに随時省察し,自律的に生涯を通して最新の知識・技術を学習し続ける。
 以上,1から9までの各項目で適当か,各項目の説明内容は適当かについて御議論いただければと思います。なお,このパートも,各項目の記載内容とキャッチボールしながら固めていくべきものですので,本日は大筋で御了承いただいた上で,最終案がまとまる夏まで継続的に微修正を重ねていきたいと思っていることも補足いたします。
 以上です。

【浅田座長】  ありがとうございます。
 この部分につきましても,ワーキングの委員の方から何か補足説明等ございますでしょうか。

【佐々木委員】  こちらについては今,机上資料の方でも御説明があったように,医師,歯科医師等と同じようなところも参照しながら作っていったところでございます。
 ここで言う基本的なというところは,本質的な,生涯にわたってエッセンシャルになるようなという意味での基本的なということで考えながら作っているところです。
 先ほどもあったように,根拠に基づいた問題解決能力なのか,問題対応能力なのかというところは2つの意見が出て,ちょっとまだ結論に至っていないんですけれども,ここについては御意見を頂ければというふうに思っております。

【浅田座長】  ありがとうございます。いかがでしょうか,皆様から御発言を頂ければと思います。
 どうぞ。

【井村委員】  日本赤十字看護大学の井村でございます。
 重複がありながら,今後更に精選するというところでの理解をいたしまして,今の項目はおおむねよろしいと考えました。
 一方で,プロフェッショナリズムということがどういう概念規定で使われているかということにも関わってくると思うんですが,専門職として自ら,自発的・啓発的に生涯をかけて倫理性高く行っていくということですと,例えば9番のところとの重複であるとか,それはいずれ整理されると思います。プロフェッショナリズムという言葉を使うのはとても賛成ですが,内容の区別化というところで,是非また洗練させていただけると有り難いということが1点目です。
 2点目といたしましては,3番の根拠に基づいた問題解決というところの文言はいかがかということに対する私の質問と意見なのですけれども,問題という言葉をあえてお使いになられたと思います。世の中には課題という言葉もございますけれども,その辺はどのように問題という言葉を扱われたかということを教えていただきたいことと,あと,課題ということでは置き換えない方がよろしいのかとか,そのあたりのことを教えていただけると有り難いです。解決に関しましては,対応とした方が個人的にはよろしいかなと意見を申し上げます。

【浅田座長】  ありがとうございます。問題と課題,それから解決と対応ということで,用語のところでほかにも御意見ございますでしょうか。
 どうぞ。

【萱間委員】  ケアの対象という言葉が出てまいります。5番のところで看護の対象者,それから6番のところではケアの対象者というふうに使われております。
 それで,医師の方を見てみますと患者というふうに書いてあります。患者というふうにするには,例えば健康レベルが多様な人に関わる予防的なところも看護であるので,この言葉を選ばれたのかなと思う反面,私どもの看護科学学会という学会で,対象というふうに言っていいのかというような指摘を頂いたことがありまして,その面で言うと,患者の方が,そのケアを受ける人そのものですので何か適切なのかなと思ったり,ちょっと対案としてお示しするものが決められないところがあるんですが,ちょっとここは,少なくとも看護の対象者とケアの対象者というのが混在することがない方がよいのではないかと思います。

【浅田座長】  いかがでしょうか。結構このあたりは用語の細かいところなんですけれども。
 どうぞ。

【南委員】  用語といいますか,ワーディングは全体的に難しいことが多いと思うんです。これまでコアコンピテンシーという視点でやってこられたところに,違う視点から出発した方が一緒になる,というのは,用語を統一するだけでもなかなか御苦労があると思います。ですが,専門用語はともかくとしてごく基本的な用語だけは,一般の国民が読んだときに分かるものにしていただきたい。例えばタイトルにある「看護系人材」とは何なのか,「看護職」という言葉もありますし,「医療系人材」という言い方もある。「系」という言葉がつくことで境界が不明瞭なイメージになりますね。専門用語は,明瞭な意味があると思うので,それぞれの専門家の方々の御見識で譲歩できないことはあると思うんですけれども,一般的な言葉については,やはり国民が理解できる,分かりやすい言葉にしていただきたい。看護系人材とは具体的に何を意味するのか,看護師なのか看護職なのか,そういったことを再検討のときには加味していただけると有り難いと思います。

【浅田座長】  はい。

【川本委員】  よろしくお願いいたします。
 非常にまとめられているなと感じておりますけれども,2点だけよろしくお願いいたします。問題解決能力というところの表現でございますけれども,私たち看護教育の人間は,問題解決法というのを学習のツールとして今まで非常に用いてきた経緯がございます。しかし,そうすると学生さんが学習をするときに,いつも相手に問題を見付けなければいけないということで,問題探しという状況になっておりますので,できれば問題に対応する力ということで,論理的な思考をしっかりと身に付けていただくというような表現にしていたけると,そのような誤解がなくなるのではないかなというのが1点でございます。
 それからもう一つ,先ほど看護の対象者,ケアの対象者という点の統一をというお話もございましたけれども,病院におきますと患者さん,施設にいらっしゃいますと入所者さん,訪問看護の方は利用者さんというふうに呼んでおりましす。そのため,日本看護協会としては,ケアの受け手の方というふうに表現をしておりますので,その点もひとつ御検討いただければと思っております。
 以上でございます。

【浅田座長】  ありがとうございます。
 このあたりの用語の整理については,事務局の方としては何か御意見ございますか。

【佐々木企画官】  医学教育課の佐々木でございます。
 机上資料4で申しますと,12ページをごらんください。この12ページの23行目から,表記についてということがございます。これは表記のみならず,用語についても,これは医学の事例ですけれども,整理したものです。
 今,様々御指摘いただいた内容を踏まえて,最終的にはよって立つものをまず決めて,そのよって立つものも1つではなく複数あって,第1水準では何に合わせたのか,第2水準では何に合わせたのか,そこは最終的には明確にしたいと思っております。
 2点目ですけれども,今出てきた中で申し上げますと,課題か問題かで言うと,実はプロブレムの和訳を単純に問題としたわけですので,そこは問題であれ,課題であれ,正に看護教育,また看護現場でよりなじみのある言い方にそこは整理したいと思っています。
 あと,同様に,さっきケアの対象か否かというところで,医学では患者となっていますけれども,これももともとはペイシェントセンタードをどう書こうかというところできたので,それでペイシェントの和訳で患者というのを使っているという経緯がございます。今申し上げたとおり,用語の整理をするとともに,英語を和訳したような形で使われている場合は,より現場に近い表現をするように,最終的には事務局案を整理してお諮りいただきたいと思います。
 以上です。

【井村委員】  ありがとうございます。それにお委ねしたいと思います。そのときに,現場でというときに,今までは疾病,患者さんの現場が主でしたけれども,母性であるとか,ウェルネスであるとか,つまり,病気でない方々も大半いらっしゃるということと,地域に暮らすというふうになりますと,いわゆる疾病を持っていない方たちも相当数おられるということもございますので,その辺で問題探しの先ほどの発言もございますけれども,健康をより健康にという視点であるとか,そもそも病気でない方のウェルネスに対するケアも看護はいたしておりますので,その辺の概念がうまく入る文言の整理をしていただけると大変有り難いと存じます。

【佐々木企画官】  承知しました。先ほどの南委員からも,国民に分かりやすい言葉の使い方,今の井村委員の国民に分かりやすい内容ということを意識した整理をしたいと思います。

【浅田座長】  ありがとうございます。
 どうぞ。

【菱沼副座長】  どこの項目に入れたらいいのかちょっと分からないのですけれども,基本的な資質として,今,ちょうど出ていましたケアの受け手の方たちが中心だということのメッセージがここの中にちょっと入っていないように思うんですが,それが社会の医療全体,医療・保健に関しても,社会全体が一人一人が,自分が自分の健康を作っていくというふうに様変わりしているので,そのことも含めて,かつ看護職の方がその方たちのパートナーになって,その方たちが健康を作っていくのを一緒にやるんだという,そういう姿勢が見えるような表現をどこかに入れていただきたいなというふうに思っております。それは2番なのか5番なのかちょっと分からないところがあります。
 それからもう一つは,先ほど南委員の方から出ました看護系人材とは何なのかという御質問がありましたけれども,私は,このコアカリは大学における教育ということを言っておりますので,あっさり看護学士として求められるというふうな表現にしてしまったら誤解がないのではないかなと思いました。

【浅田座長】  ありがとうございます。
 ほかに御意見ございますでしょうか。幾つか御意見を頂きました。用語のこと,それから内容の整理のところがございますので,これについて今後も深めていっていただきたいと思うんですけれども,この資質・能力のところの9項目の立て方に関しては,大筋よろしいでしょうか。
 どうぞ。

【江藤委員】  今,菱沼先生がおっしゃった,どこに入るのかなというふうに対象者のところをおっしゃっていたんですけれども,私たちはこういう人たちを対象にしますということで,ケアの受け手として大事なので,別項目として挙げてもいいぐらいなのではないかと思いました。

【浅田座長】  いかがですか,菱沼先生。

【菱沼副座長】  そうですね,もしかしたらそういうこともあるのかも……。看護をどう考えるかというのにすごくはまるところかなというふうに思います。プロフェッショナリズムの中に入ってもおかしくはないような気もしますし。

【嘉手苅委員】  今,菱沼先生がおっしゃったんですけれども,対象がどういう対象かというよりも,どういう対象であっても,主体性がその人にあるんだというような見方をどこかに明確にしたいというふうに私も受け取って,そのようにあるといいなというふうに思いました。9つの根拠をどう変えるかということではなくて,どこかに明記をするというか,内容を検討していくときに,また取り上げていったらいいのかなというふうに思いました。

【浅田座長】  分かりました。それでは,今,重要な指摘を頂いたということで,そういうものをどう取り込んでいくかというのは今後の議論をしていただくということで,項目立て,大筋としてはこういう形で進めていきたいと思います。今後,作業,検討が進む中で,適宜必要な修正を検討会で図っていきたいと思いますので,本日のところはこの形で進めさせていただきます。よろしいでしょうか。
 ありがとうございます。それでは,論点の4でございます。各項目に記載すべき事項について,事務局より説明をお願いいたします。

【斉藤看護教育専門官】  それでは,再び資料1と資料2を御用意ください。
 座長から冒頭お話がありましたとおり,前回の検討会でワーキンググループで本格作業を始める前に,今回,本検討会で今後の方向性を定めるという御指摘がございました。このため,本日御議論いただく資料1の14ページ以降の記載内容は,まだ完成に対して2合目程度の段階であることを御了承いただきたいと思います。
 作業過程ですけれども,資料2の3ページをごらんいただければと思います。これは項目間でばらつきが生じないように,ワーキンググループではまず,縦軸に大項目案を,横軸に2011年の到達目標を設定しまして,これまでの成果が漏れないように整理いたしました。
 次に,7ページを開いていただければと思いますが,横軸の2011年の到達目標をG列に配置しています。大項目から小項目に至る作業の流れが分かるようにこの形で整理いたしました。この過程で,昨年12月28日から1月13日までの間に,本検討会の委員に意見照会をいたしましたが,菱沼副座長から,コンピテンシーをカリキュラムの形にする上でのポイントを御指摘いただきましたので,それを反映させて資料2の形になっております。
 具体的には,D列に先ほどの御議論いただいた大項目があります。E列に資料1の14ページの2行目にございますとおり,大項目のポイントを説明した文章がございます。F列は,コアカリとして文章化するに際しての留意点とございまして,基本的には14ページの4行目や12行目のような中項目を意識して書かれる内容になります。G列は到達目標2011での対応項目で,対応する20の能力を示しております。H列は具体的な能力・教育内容で,これはコンピテンシー・ベースドの記載で,このコンピテンシーをカリキュラムに落とし込む際の教育内容をI列とJ列に記載しております。これは資料1を見ていただきますと,14ページの13行から22行目のように,小項目とその狙いや学修目標として示されていくことになります。
 重要な点としましては,具体的な教育内容を記載する小項目で,狙い等学修目標をコンピテンシー・ベースドに記載しつつ,そこに至る大項目,中項目,小項目の枝分かれを,カリキュラムを意識した項目立てにしていくということになります。
 以上,資料1に落とし込んだ内容に対して,中項目や小項目の項目立ては適当か,狙いや学修目標は適当かについて御議論いただきたいと思います。
 このパートは,先ほど申し上げましたとおり,まだ2合目程度の段階でございますので,不足している内容も多々ございますので,積極的に御指摘いただければと思います。また,本日の検討会の趣旨が,ワーキンググループでの作業が本格化する前に検討会委員から御意見を頂くということでございますので,初めて記載内容について御指摘いただくことになります。御指摘に際しましては,ワーキンググループでの作業に反映されやすいよう,抽象的な意見ではなく,どこに何を記載すべきなのか,できるだけ具体的に御意見を頂きますと助かります。
 A項目につきましては,先ほど論点3で御了承いただいた内容を踏まえてこれから作業を進めますので,資料1には未反映であることを御了承いただければと思います。
 では,B項目の方から御議論いただきますようお願いいたします。
 以上です。

【浅田座長】  ありがとうございます。
 なかなかこれは大変な資料でございまして,まず,ここに至るまでにワーキングの方でかなりの時間と労力を掛けていただいています。きょう,なかなか皆さんから御意見をと言うと,いろんな意見が出そうな気もしますし,さてそれをまたどう集約するかということもあるんですけれども,まずはワーキングの方でかなり知恵を絞って,ここまではたどり着いたということでございます。これを見ていただいてお気づきの点,今後の作業に反映できるような形で御意見を頂けたらと思います。いかがでしょうか。

【佐々木企画官】  よろしければ,B項目からC項目と項目ごとにお願いできれば有り難いです。

【浅田座長】  じゃ,まずはB項目ですか。資料1では14ページです。資料2の方は7ページです。

【佐々木企画官】  資料1では14ページから17ページまでございまして,その検討プロセスが資料2の7ページとなっております。
 先ほど萱間委員からも,対応する2011年のコンピテンシー,到達目標・能力との関係の指摘がございましたが,G列にございます。ここも先ほど御議論いただきましたとおり,例えばある能力を捉えた場合,このB項目にあります段階で獲得するステージのものもあれば,またC項目以降ということもありますので,併せてG列にあります2011年での対応内容として適切かも,お気づきの点があれば御指摘いただきたいと思います。よろしくお願いいたします。

【浅田座長】  はい。

【萱間委員】  このB項目を拝見しまして,社会と看護学は非常に重要な項目であると思いますので,是非このような項目でお願いしたいと思うのですが,ただ,よく医学でもそうだと思うんですけれども,バイオ,サイコ,ソーシャルという3つの側面から人間を捉えるということがあって,ここのところはソーシャルで,それでシステムとかそういったものも含むところだと思うんですが,でもその中に生物学的存在としての人間理解がG列にここでも出てきているのは,ちょっと混乱するところがあると思います。
 ですので,バイオのところは,先ほどAからGの項目立てのところでどこに入れたらいいのかという悩ましいところではあるのですが,例えばバイオは解剖生理的なところかと思いますけれども,C項目の中に入れるとか,そういう整理をきちんとした方が見えやすくなるのではないかと思います。

【佐々木企画官】  ありがとうございます。
 先ほど御議論いただいた中で,資料1の15ページと29ページをごらんいただきたいと思います。先ほど29ページにありますとおり,地域ケアシステムがEの項目に入っているが,例えばB項目やC項目のより早い段階でということの御指摘も頂きました。例えば15ページの23行目にも,地域包括ケアシステムの概念について説明できると,早い段階ではまず概念を理解し,そしてその後,E項目より,学年が進んでから更に具体的なという,こういう形の2段階での記載ということも含めて,ワーキングでは今検討作業をしていただいておりますので,あわせて,C項目以降であっても,B項目の段階で触れるべきということがあれば御指摘いただきたいと思います。
 萱間委員の御指摘は,ワーキングに反映したいと思います。

【浅田座長】  はい,どうぞ。

【井村委員】  社会と看護の中で,今のバイオ,サイコ,ソーシャルの区分けというのは大変有用だと思いました。
 それとあと,B-5のケアの概念とケアにおけるということが,社会という中に入った方が適切なのか,若しくは看護という中に入った方が適切なのかは,いかがかと考えました。広範なケアリングの概念からすれば,確かに社会全体の中のケアリングということは成立するかもしれませんが,どちらかというと,より看護学の中に入っていた方が親和性はあるのかなと思いましたので,その点に関しては御検討いただけると有り難いと存じます。
 あとちょっと各論的なことになってしまうかもしれませんが,災害のことがEに入っておりまして,今の佐々木様の考え方からすると,災害時というよりは,今,災害に対する考え方は,平穏時,平時と災害発災時とか様々な時間軸の切り出し方というのがあると思います。もしそういうふうに考えるのであれば,比較的大きな概念化したところでは,平時でも災害時でもということで,社会という中に入れる可能性があろうかなかろうか等々の御検討はいただけると有り難いと思いました。災害のことを,上位概念化した形で上の方にも持ってきて,発災時の災害時ということでは各論的なところであることは非常に,今後,ほとんど日本列島が災害列島みたいになっておりますので,それもよろしかろうかと考えました。

【浅田座長】  ほかにもお気づきの……。
 どうぞ。

【川本委員】  ありがとうございます。川本でございます。
 学習の内容が欠けないようにということで,重複はあえて容認という話があり,学習段階も考慮しなければいけないということもお話を頂いたので非常に安心しておりました。今までの話を聞いていますと,学習内容軸と学習段階軸ということで大きな軸が2つあるなと思いました。
 柳田先生が心配されておりました生物学的な側面は,やはりかなりのボリュームが必要でありますし,非常に基本的で大切なところだと思います。例えばC-1で生物学的な側面ということで挙がっていますが,看護の一般的なDのところになりますと,それを応用してアセスメントしていくわけです。けれども,そこがちょっとつながっていかないような内容になっているかと思いますので,どこをベースに学習し,実際の実践につながるのかが,わかるような表現にしていただいて,是非ここに力を入れていただければ有り難いなと思うのが1点でございます。
 それからもう一つ,もう次の内容にいって申し訳ないのですけれども,多様な多くの実践の場を提案していただきありがとうございました。具体的には28ページのE-1-2にかなり出していただいておりますが,それに伴う,その後の項目の内容と示された場がまだつながっていかないということが少し気になっているところでございます。
 加えて,母子と精神という場も今後検討していただけると,非常に落ちがない状況になるのではないかなと思いましたので,是非よろしくお願いしたいと思います。大変な作業かと思いますが,どうぞよろしくお願いいたします。

【浅田座長】  ありがとうございます。相互に関係しますので,後の方との関連でももちろん構いませんので,御意見いただければと思います。
 きょうの時点は,今後のワーキングの議論を深めていく上で重要なポイントを指摘いただきたいということで,最初にありましたように,漏れがないようにきちんと押さえておく。最後に仕上げるときは,先ほど御意見がありましたように,やはり見通しよく簡潔にしなくてはいけない部分がありますので。ただ,やはり何かが抜けているというのは困りますし,分かりやすさの点から,どの大項目に含めるのかという,ここも考え方は大事ですので,きょうお気づきの点は御意見いただきたいと思います。

【宮﨑委員】  宮﨑です。社会と看護学の内容は,十分必要なものは満たしているというふうに判断しました。
 ですけれど, B-2-4というのはF列のことですかね,F列と理解したらいいんですかね。F列のそれぞれが,内容的にすごく細かなところを取り上げていたり,大枠的だったり,でこぼこ感があるかなと思いました。例えばB-2-4という保健医療福祉制度と健康政策という,この柱の立て方はいいと思うんですが,社会保障制度という大きなくくりや医療法,医療計画,保健制度,何々対策という具体的な対策レベルのものが並んでいたりという,でこぼこ感があるので,その辺の整理は今後必要かなと感じました。

【浅田座長】  ありがとうございました。
 どうぞ。

【上泉委員】  このB項目等もそうなんですけれども,これを作っていくプロセスというのは,大項目があって,その定義があって,それを基にF列が先に考えられたんでしょうか。それとも,G列に書かれてある,この大項目の能力を達成するために,更にどのような具体的なコンピテンシーが含まれるかということを考えて,それらをまとめてF列が出てきたのか,何かその辺のところがちょっと分かりにくい。
 例えば,先ほど萱間先生が指摘された生物学的存在としての人間理解というのが,ここのF列のどこに相当するのか。社会と看護といった場合,どういうふうに入ってくるのかなと思いますし,その辺の大項目の定義に基づいて,これらの大項目を達成するためにどのようなコンピテンシーがそこに含まれなければならないのかということをフィックスした上で,では,F列としての文章化する際のものを作っていくというように,何かこの作り方を整理するということをされたらどうかなと。
 すごい膨大な作業をしてこられておりますし,また,本当に大事なところだと思うのですが,それぞれA,B,C,D,E,Fによって多少書き方や,あるいは記載内容の深さといったようなところが,それぞれまだまちまちなところがあるかと思うんです。この辺をどういうふうにこれから整理していくかということも,ちょっと議論しておいた方がいいのではないかなと思いました。

【柳田委員】  御指摘ありがとうございます。非常に大事なところでして,実は資料2の1ページのところに大項目案1と2の横広のA3の用紙でございますが,案1と案2とありまして,実はワーキングでは,この案1と案2どちらでいくかということをかなり議論いたしまして,もう1枚めくっていただきますと3のところに,Aはその方針によって大きく違う形になっていたんです。実は大項目案1の方ですと今の案で御承認いただけた形で,案2のときには,基本事項と書いてあるところが実は専門基礎科目を意味するような形になっておりました。ですから,全然違う形のものを2つ並行して考えながら,最終的に案1ということで決定していただいたということがありまして,そうすると,そこから専門基礎科目分をどういうところに落とし込んでいくかという形になっていて,恐らく先生方がこのコアカリの現在の案を見て違和感を覚えられるのはそこのところだと思います。ですから,それ以外のところの項目は比較的2011到達目標に準じて,本当にトータルで見ながら,そういうものが漏れなくきっちり入る形ような形で,列のFから先とかGから先とかそういうことではなくて,そういうものを本当に同時に考えながら,そういうものが漏れなく入るように進めていったという形になっていると思います。
 ただ,唯一,それの思考過程を経ていないのが,この専門基礎科目分ということになっておりますので,今の上泉委員から御指摘いただいたような,あるいは萱間先生からも先ほど御指摘いただきましたが,どうしてもその部分が,今弱い状態になっております。ですから,それをどういう形で盛り込むべきなのかということは,まだワーキングでも十分な議論がなされていないと思っております。
 膨大な,例えば医歯薬で見たときには,社会と医学という存在があって,実はそれ以降の項目は,人と医学といいますかバイオとしての医学をずっと捉えているわけです。ところが,看護の場合ですと,社会と看護があって,バイオとしての,若しくは正常と異常を広く捉えた生命体としての人と看護というものが実はすっぽり抜けていて,そして看護という形になっている。ですから,そこを,先ほど骨格はこれでいくという話で,私も大賛成なんですが,実はそこをしっかり議論していかないと,今回の大きな柱の一つであるバイオをちゃんと見られる,学士であるからバイオはしっかり見られるようにしましょう,人を体として見られるようにしましょうということを大事にするためには,そこは避けて通れないと思っておりますので,この機会に是非,先生方の御意見を頂けましたら,それをワーキングに反映できるのではないかと思っておりますので,どうぞ御指導いただけたらと思います。よろしくお願いいたします。

【浅田座長】  ありがとうございます。
 いかがでしょうか。なかなか悩ましい作業であることは間違いないと思います。ただ最後は,やはり皆さんが見て分かりやすい形に落とし込まなくてはいけないし,今,大項目の中でいろいろ関連するものも,その項目の中での位置付けが明確に示されながら,その関連性も理解できるようになればいいと思うんですけれども,さて,それを今後更に深めていただくときに,やはりこの親委員会の方で大きな考え方の共有ができれば,それに基づいてワーキングの方の作業が進めやすくなりますので,是非それに向けた御意見,御発言を頂ければと思います。
 どうぞ。

【奈良間委員】  対象理解に関することはBだけの問題でもありませんで,CとDに関しても具体的に挙がっているところでございますので,議論を進めながら,全体性の中で検討することも一つの方法かと思いますが,いかがでしょうか。

【浅田座長】  Bだけに限ってというのもなかなか難しゅうございますので,今ありましたように,C,Dという形で項目を進めていただいて,お気づきの点,御指摘いただければと思います。

【江藤委員】  すいません,江藤です。
 それであれば,C-5になるんですけれども,多分,バイオというのをもう少し濃くCで出すとしたら,このC-5-1とC-5-2に関しては,少し別の項に入れた方がいいのではないかなと思いました。C-5-2に関しては,生涯学習の能力なので,それはもしかしたら一番最初のところに入るのではないかなと思ったり,あとC-5-1に関しては,先ほどのBに入るのか,それとも,その後のEに入るのか,多様な場というふうに入るのか,そのどちらかに少し固めた方が,コアカリとしては理解が進むのではないかなと思いました。

【浅田座長】  ありがとうございました。
 ほかに御意見。どうぞ。

【釜萢委員】  全体を見てみまして,やはり医学のコア・カリキュラムなども比較をしてみまして,座長からもお話がありましたし,阿真委員からも第1点目として御指摘がありましたが,これがしっかり大学の現場で使いやすく,カリキュラムの作成に大いに役に立つ形を是非目指していただきたいというふうに強く思います。
 その中で,通読をしてみますと,Cの項目の書き方はちょっと他の項目と違って,やや文章が冗長であったり,項目の整理がまだ十分,もう少しブラッシュアップが必要かなというふうな感じを持ちます。これを分かりやすくするということと,コア・カリキュラムのもともと備えなければならない条件というところからしますと,もう少しここは今後,大変御苦労をおかけしますけれども,整理をしていただいて,他の項目と同じように,すっと分かりやすい,内容が明確であるというような形に,更にブラッシュアップしていただきたいというふうに思います。
 以上です。

【浅田座長】  ありがとうございます。
 きょう出ているのは飽くまで作業途中のものでございますので,まだ全体をそろえて書いたものにはなっておりませんので,今御指摘のように,これからまた整理がされていくと思います。
 ほかにいかがでしょうか。どうぞ。

【秋山委員】  秋山です。
 先ほどケアの受け手とか,対象とかいろいろ出ていましたけれども,今後の死亡数の,本当に多死社会がもう目の前に迫っていて,暮らしの場における看取りというか,そこには看護職が必ず関与しなければいけない。となれば,様々な発達段階というか,様々な健康レベルとかいうような言葉の中に入っていますけれども,明らかにそこのニーズは物すごく多くなるので,これまで余りそこは取り上げられてこなかったけれども,本当に2040年のあたりでは85歳以上の方が全体の死亡数の6割方を占めるというような人口問題研究所からのデータも出ているし,そういうものに対して,看護がきちんと対応できないと,これからはとても難しいというふうに考えるわけです。
 私は在宅の立場で,病院の中ではなく,本当に多様な暮らしの場での看取りというのは看護に課せられた課題だと思いますので,そういうものをいろんなところに関係あるなと思いながら,何か社会のニーズからすると,もうちょっとその辺をどこかに入れていただきたいなというふうに思うんですけれども,どこに入れたらいいかというのが今ちょっと,あちこちに散らばっているので,どういうふうに考えていただければいいのかというのを,ちょっといい提案はできないんですが,これは明らかに社会のニーズだと思うんですね。ちょっとその辺,考えていただければと思います。

【萱間委員】  今の御意見の,地域における看取りのような項目をどこに置くのかということと関連するのですけれども,先ほどCのところは柳田先生がおっしゃったような専門基礎科目的なものをCのところにきちんと位置付けて,Dを見せていただくと,Dは関係性をどう作るかとか,その中でどうやってケアしていくかという看護の展開のところ,看護過程のこととか,そういったことがあるようですので,先ほどのでいいますと,サイコのところはこのあたりに入っているのではないかと思うんですが,ただ,Eの多様な場というのをどう切り口をするかだと思います。疾患のステージ,ライフステージ,両方盛り込むとなると,本当に大変なことになってしまうのではないかと思いますし,今おっしゃったような看取りというようなところの切り口は,やっぱり多様なところに入ってくるのかもしれないなと思いますので,ここの多様というところをどういう軸にするかということを,ある程度統一することが必要なのではと思いました。

【浅田座長】  なかなか項目ごと進めるのも難しい内容なんですけれども,取りあえずC,Dで,今はEの方まで来ておりますが,きょうのところは項目をまたがることも多々あると思いますので,お気づきの点を。

【嘉手苅委員】  Dのところで看護過程の展開の基本が出ているのですけれども,項目自体は,例えばコミュニケーションだったりニーズ把握,ケアの実施というふうにして,看護過程が段階別にぷつぷつ切れたような形で項目立てがされていますので,実際には看護をするときに対象の方をどのように見て,必要性を判断してという一連の流れがありますけれども,その一連の流れとして学ぶようなところがどこかにあるといいなと思うことと,それから臨地実習も同じように,それを実践する学習なんですけれども,臨地実習の中でも一流れというふうな見方を学ぶところがやっぱり必要だなというふうに思いました。

【浅田座長】  ありがとうございます。
 どうぞ。

【菱沼副座長】  具体的に申し上げますとといいますか,18ページのCの生活体としての人間理解という言葉がありますが,生活という概念は,もしかするとBの方に入れてしまってもいいのかなと。社会と看護学の方に入れるということも一つ提案できるかなと思います。
 それから,先ほど,今の社会が何を求めているかということの洗い出しというか,見直しを一度きちんとしなければいけないのではないかと思っているんですが,それと関連しまして,高齢社会と多死社会,それから医療の場が変わってくるいう,そのことの見通しを,やはりこのBの社会と看護学の中でしっかり項目を起こしてもいいのかなというふうに思います。そこに対応できるためには,一体何が必要かということになるのかなと思っているところが1つ出てまいりまして,Cの中に解剖生理といいますか,体のことをしっかり入れて,それは看護の基礎知識として当然みんなが知っているというレベルのものを入れていっていただけたらいいのかなというふうに思いました。

【浅田座長】  どうぞ。

【井村委員】  賛成です。それで,先ほどの多死社会と地域に移るということで,その関連もございますけれども,今までの看護は,比較的育ち始めた人が社会に暮らしている成人がいて,その方々が御高齢になり看護を提供することに力点が置かれてきていると思いますが,生まれる前とか生まれるときのことや,本当に息も絶え絶えで召されていく,家の中で人が亡くなるプロセスをみとるのは,恐らくすごく力が弱いだろうと思いますので,生まれるところと召される,そこら辺の本当にフィジカルなところも,亡くなるサインであるとか,その辺もきっちりと対応できる看護職が求められていると思います。多死社会及び少子化と産み育てるという両面をしっかり見過ごすことなく,逆に強化した内容を盛り込んでいただけると有り難いと考えます。
 それは,比較的コア・カリキュラムのどういう社会のニーズがあって,どういうコンセプトで作っているかというところにも文言として反映させていただけると有り難いですし,今検討しておりますこの各論的な項目の中でも,比較的下の方の,小さな項目として,最終下位概念項目としてはあるという位置付けでなしに,ちょっと上位の項目にそういった文言を上げていただくというところで調整をしていただけると,可視化されて分かりやすいかというふうに考えます。それが新しいカリキュラムのポイントにもなろうかというふうに考えます。よろしくお願いいたします。

【浅田座長】  ありがとうございました。
 非常に全体に影響するような部分もありますので,事務局の方で頂いた意見を一度反映させるとどういう形になるかというのを,これまた全体を見ないと分からないところもございますので,またそういうところでのワーキングへ落とし込むときの資料として,うまく整理いただけるのかどうか,ちょっと私もよく分からないのですけれども,何かございますか。

【佐々木企画官】  今,この場で頂いた御意見もあるでしょうし,後からお気づきのこともあろうかと思いますので,来週火曜日21日までにまず一旦御意見を頂いて,それを論点立てした形で,ワーキングでその論点立てに対してどういう作業方針をするかというのをまず案を作っていただいて,それを各委員にメールベースでのバックになると思います。そのメールバックを踏まえてまた確定させて,ワーキングでの作業をしていただいて,それで次回の検討会で整理したものを案として文章化してお示しすると,こういう段取りで考えたいと思います。
 いずれにせよ,今座長御指摘の,様々頂いたものを一度そしゃくと言っては失礼ですけれども,それを整理して,論点立ての形でバックしたいと思います。

【浅田座長】  項目としては,後ろの方に行っているんですけれども,先ほど臨地実習の言葉も出たんですが,F,Gも含めてお気づきの点ございましたら,御発言いただきたいと思いますが。
 どうぞ。

【柳田委員】  よろしいでしょうか。柳田です。
 先ほどからバイオの理解というところで度々御意見を頂いているんですが,医学でそういうものがいっぱいあるのは当然と。少し似ているのが薬学の方だと思うんです。薬学の方というのは,もちろん人の体も知らなければいけないけれども,例えば物理であるとか化学であるとか,薬学としての本質的な知識も得ないといけないと。そうした中で,バイオの部分がどういう形で扱われているかということを,医学,薬学と同じように少し比較していただくと,見ていただけるかと思うんですが,どうしても,大項目,中項目,小項目の位置が看護の場合ですと1つ落ちてしまうんですね。つまり,細かい記載ができない。たくさん書けばいいというものではないことは十分承知しているんですが,例えば解剖生理を教育する上で,18ページのC-1-1のところに丸1として,人間の生物学的な側面を,これこれを理解するという記載がございますが,これをもってして,例えば医学科の先生にこういう教育をしてくださいといったときに,このコアカリでは何を教育していいかが全く見えてこないと。ですから,どうしてもバイオのところに関しては,1つ上に上げておかないと,何を教育するべきなのかというのが見えてこないという問題があるのではないかと感じています。
 ですから,同じように並べるとこういう形になってしまうんですが,この先に何を教育するかというところだけ,ここは別に更に細項目を設けることが可能なのか,あるいはもう一つ上げた方がいいのかということを,できればこの場で方針をお示しいただけたらと思います。
 例えば,この大きな緑色の参考資料の見出し8のところが,薬学教育モデル・コア・カリキュラムになっています。46ページを開いていただきますと,例えば人体の成り立ちと生体機能の調節ということがC-7にあり,更に遺伝,発生,器官系概論,神経系という形で項目立てがあります。こういう形で項目立てがあって,初めて教育内容というのは示せるんですが,現在のコアカリの形ですと,こういう細目として全く出せなくて,大きくこれだけ勉強してください,教えてください。でも,内容は示せないという形になっております。ですから,これに関して,このままでいいのか,あるいはやはりそれでは駄目ですということであれば項目立ての方法,1つ上げるべきなのかどうかをこの場で是非アドバイスを頂けたらと思います。よろしくお願いいたします。

【浅田座長】  ありがとうございました。
 いかがでしょうか,ただいまの。

【宮﨑委員】  今頂いた御意見に関連してなんですが,今,Cの看護学一般のC-1というのが,対象である人間を多面的・包括的に理解するというふうになっていますよね。この理解するという部分は,具体的な実践になってくるので,私はどちらかというと,これまでの議論を通すとDの方ではないかというふうに今考えました。
 じゃ,Cはどうなるのかというと,むしろ実践するための基本的な知識,これはどうしても学士レベルで,やはり最低限担保しておかなければならない知識。でも,その知識はどちらかというとばらばらなコンテンツです。それらをDの方で人間を多面的・包括的に理解する,今度は実践の方になってくるという,そういう整理の仕方もあるのかなというふうに考えました。

【浅田座長】  はい。

【佐々木企画官】  今の宮﨑委員御指摘の18ページの3行目,C-1を見ますと確かにD項目ですし,一方で,例えば11行目,生存に関わる人体の構想,これは恐らく構造のことだと思うんですけれども,構造と機能を理解し,説明することができるという中身を見ると,これはCでも読めるところかと思います。
 一方で,先ほど釜萢委員から,Cについてはちょっと見出しの立て方を再度整理すべきではないかということもありましたので,その意味では,記載すべき中身からしたときに,Cが適当かDが適当か,その上でCであれDであれ,先ほど柳田委員に御指摘いただいたように,例えば先ほどの薬学のような見出しの立て方を他項目との共通性を整理するということで,方針としては柳田委員の他項目との整理とした上で,CがいいかD項がいいか御議論いただければと思います。よろしくお願いします。

【萱間委員】  どのように説明すれば,教育する内容の項目が分かりにくくならずに,きちんとなるのかということなんですけれども,例えば資料2で,C列,D列,E列それぞれ何を書くのかというのがあったんですが,大項目としてはA,B,C,D,Eの先ほどの分類であるとして,E列の大項目の具体的な能力のところにもう少し能力としての表現を入れておいて,その下位の項目に関しては,余り分かりにくくならないように,包括的な理解というところはほかで項目立てをして,解剖生理の知識のところは解剖生理の知識として入れられるような形にすればいいと思うんですけれども,ただ,どこかのところでは,今まで作業されてきたコンピテンシーモデルとの整合性が必要なのではないかと思うので,それが多分,E列のところで説明されることになるのではないでしょうか。今,何かE列が空いていて,F列にコンピテンシー的な書き方がされているので,これはちょっとそういうふうに見えてしまうのかもしれないと思います。

【佐々木企画官】  座長よろしいでしょうか,事務局から。
 今の萱間委員の御指摘,ありがとうございました。例えば確かに18ページですと,ところでC項目は何かの説明がない。一方で24ページのD項目や28ページのE項目ではそれなりに記載されている。確かにここのアンバランスも最終的には調整しますが,先ほど来のディスカッションにありましたとおり,それぞれの項目がそもそも何かという記載は,24ページ,28ページのような例をとって,もう少し充実をさせたいと思います。これは萱間委員御指摘のとおりに対応したいと思います。

【浅田座長】  ほかにございますでしょうか。きょうの時点で全て触れるのは難しかろうかと思います。というのは,きょうの資料がまだ未整理の部分もございますし,記述がされている部分,されていない部分もあったりするということで,少し今の段階で全体をこうすればいい,これは変えた方がいいということを明確に言い切れるものでもないと思いますので,飽くまで大事なことは,ここの検討会での委員の方々の意識の共有をして,それをワーキングの方に反映していただくということですので,とにかくお気づきのところは御意見ください。それを事務局で整理いただいて,ワーキングの方で作業に落とし込むということをします。
 ただ,全てのものが多分反映できるわけではなくて,何らかの方針なり,何らかのコンセプトといいますか思想に基づいて仕上げないと,恐らくもう分からなくなってくると思います。飽くまでこれは250を超える看護系の学士を出している大学学部で使っていただくモデル・コア・カリキュラムですので,そこで有効に機能するようなものとしてこれを仕上げる,そこはもう共通の皆さんの思いだと思いますので,できるだけやはり,せっかくの時間をかけて,労力をかけてやっているので,これからの時代に通用する新しいものも可能な限り取り込みたい,それは皆さん共通だと思いますが,最後はどこかでやはり選択していかなくてはいけない部分もありますので,そこは現実的に落とし込むという作業が伴うということも御了解いただきたいと思います。
 いかがでしょうか。なかなかこれ全部を見渡して理解して,的確に指摘というのも難しかろうと思いますけれども,せっかく忙しい皆さんにお集まりいただいていますので,この場で御発言いただいて,皆さんに情報共有したいと思います。
 どうぞ。

【釜萢委員】  先ほど柳田委員から御指摘があったバイオの部分というか,人の,場合によっては医学的な部分と言ってもいいかもしれませんが,それをやはり教える場面を考えると,私は特出しにして,どのレベルにするかはあれですけれども,1つ分かりやすい形で,やはり看護師として現場でいろいろ業務に携わる場合には,基礎的,基本的な知識は是非踏まえた上で,それをどういうふうに生かしていくかということをまた教えなければいけないんだろうと思いますので,その基本的な基礎的な部分については,ある程度まとめて分かりやすい形で提示をしていただくというのが,私はいいだろうなというふうに思っておりまして,ちょっと意見を申し述べさせていただきます。

【浅田座長】  どうぞ。

【嘉手苅委員】  全体を通して感じた印象なんですけれども,とても必要な内容が網羅されているというふうなことと,内容のバランスがすごくよくないのかなというふうな印象を持っています。バイオというのは,看護していくときに,その人の健康状態をきちんと理解して,何が必要かを判断していくときには,人間の健康な体の仕組みと働きだったり,それが健康状態から逸脱していくプロセスだったり,回復していくプロセスというのが絶対必要なことですけれども,そういうところが余り見えてこないというふうなことと,それから,地域包括ケアについて,とても重要で,そこの強調をされていて,それも大事なことなんですけれども,例えばEですと多様な場における看護実践に必要な専門知識というふうにしてありまして,でも,中を見てみますと,多様な場だけではなくて,多様な対象,発達段階だったり健康のレベルだったりという,場以外の切り口も入っているんですけれども,表にはなかなかそれが見えにくいというふうなことで,とても強調されているところと見えづらくなっているところのバランスを見直していく必要があるのかなというふうなことを感じました。

【浅田座長】  ありがとうございます。
 課題は山積でございますが,貴重な御意見を頂いていますので,何とかそれを可能な限り反映するような形で今後進めていきたいと思います。
 どうぞ。

【佐々木企画官】  浅田座長,委員の先生方,ありがとうございました。資料2の一番後ろの19ページをごらんください。先ほどの上泉委員の御指摘の答えにも一部なるんですけれども,どういう作業手順で進めてきたかの整理でございます。
 今の御指摘を踏まえて,作業手順の2,大項目の設定に関わることですけれども,まずはそれぞれの大項目のネーミングもさることながら,何を盛り込むべきなのか,これをいま一度整理したいと思います。そこで,それぞれの大項目間の整理,守備範囲の整理をした上で,3番と4番,つまり体系的に整理したときに多くの御議論を頂きました,それは中項目レベルか小項目レベルか,大項目間のバランスがとれているのか,その中項目の設定,小項目の設定をしたいと思います。その上で,一番大事なコンピテンシー・ベースドなそれぞれの小項目が狙いや学修目標が書かれているのか,これを整理するという段取りで進めたいと思います。
 最終確認のところにありますとおり,全体の記載の分量も含めて,これは先ほどの阿真委員の御指摘もありましたけれども,分量も含めてのバランスをとりたいと思いますし,先ほどの御指摘がありました表記や用語の統一,整合性を図りたいと思いますし,あとは最終的には,今,上泉委員のところのJANPUでの作業も進んでおりますので,そことの整合性,さらには,現実的には厚生労働省との共管でございます指定規則,国家試験の出題基準等もありますので,そこの関係も整理するという段取りで,きょう頂いた御意見を整理していきたいと思います。
 以上です。

【浅田座長】  ありがとうございます。
 今整理いただきましたように,きょうの御意見を反映しながら,また,日本看護系大学協議会,あるいは日本学術会議等々でも様々な議論がされていますので,そういうものとの関連性も十分注視しながら,やはり今回,モデル・コア・カリキュラムとして出すわけですから,我々にとっての自信作として作り上げるということで進めたいと思います。皆さんの熱心な御発言,ありがとうございます。そろそろ時間が近づいてきたんですけれども,何か最後に御発言。

【井村委員】  済みません,もうまとめに入られているところ,大変恐縮なんですけれども,きょう,議論には上がりませんでしたGの看護研究と専門性の発展のところに関しまして御検討いただけると有り難いです。また更にワーキングでもんでいただけると思うんですが,この文言を読みますと,学士力の低下を希望しているわけではございませんが,かなり高いかなというところが1点ございますので,学士でどのレベルまでを求めるかをもう一回,学士,修士,博士との絡みにおいても御検討いただけると有り難いというのが1点目です。
 そして,なぜ研究をしたりするのかとか,科学的,批判的な思考を発展させるかというと,それは現場に還元されて初めて効力を発揮するということがございますので,Gが研究思考的なと看護学の構築になっているんですけれども,実は研究の最も還元性の高いところは,現場というその視点をきっちり盛り込んでいただきたいことと,それが例えば看護過程のところとか,実践の臨地のところあたりにきっちりとエビデンスを活用するというところが盛り込まれるような,そういった記載を各論的に是非行っていただきたいと考えます。済みません,付け加えで申し訳ございません。

【浅田座長】  ありがとうございます。
 そろそろ時間が迫ってきておりますが,よろしいでしょうか。なかなか限られた時間ではございますが,今までのワーキングで検討いただいたことを,取りあえず皆さんにごらんいただいて,御意見を頂くというのがきょうの目的でございますので,非常に多くの御意見を頂きました。それをワーキングの方で更に検討を深めていただきたいと思います。
 また,本検討会でその次の段階のところで皆さんに御議論いただく機会を設けたいと思いますので,よろしくお願いいたします。またきょう発言できなかった部分につきましては,先ほど事務局からありましたように,直接御意見をお寄せいただければ,それも含めて反映させていきたいと思います。ありがとうございます。
 一応,きょう用意しました論点の4つのところはこれで終わります。
 議題2のその他でございますが,事務局から何かございますでしょうか。

【斉藤看護教育専門官】  貴重な御意見,ありがとうございました。スケジュールについて御連絡させていただきます。資料3をお手元にごらんいただければと思いますが,本日頂いた意見のほか,追加での意見がございましたら,3月21日火曜日までに御意見を頂ければと思います。こちらからこの後,メールを先生方にお送りしますので,返信する形で御意見を頂ければと思います。
 また,今後のスケジュールにつきましては,資料3にお示ししておりますけれども,次回の検討会は5月から6月の間で予定しております。後日,事務局より日程調整の御連絡を差し上げますので,よろしくお願いいたします。
 以上です。

【浅田座長】  ありがとうございます。この後,またワーキングの方ではなかなか大変な作業が待っておりますので,引き続きよろしくお願いいたします。この検討会,第3回は,年度が明けて5月,6月あたりを予定しております。また皆さんにお声掛けをしたいと思います。その後,パブリックコメント等を踏まえて,最終的にカリキュラムを仕上げていきたいということでございます。
 本日の会議は以上で終わりたいと思いますが,よろしいでしょうか。
 ありがとうございます。大変お忙しいところ,皆さんお集まりいただきまして,是非この議論を生かしたいと思いますので,今後ともよろしくお願いいたします。
 どうもありがとうございました。


── 了 ──

お問合せ先

高等教育局医学教育課看護教育係

電話番号:03-5253-4111(内線2508)
メールアドレス:igaku@mext.go.jp

-- 登録:平成29年05月 --