ここからサイトの主なメニューです

史跡等の指定等について

 
 

報道発表資料





文化審議会答申

平成16年11月19日


文化庁




史跡等の指定等について

 文化審議会(会長 高階 秀爾)は、11月19日(金曜日)に開催される同審議会文化財分科会の審議・議決を経て、文部科学大臣に対して、別紙のとおり史跡名勝天然記念物の新指定16件追加指定等21件について答申する予定である。
(平成16年11月19日現在)

種別
現在指定件数
今回答申件数
(新指定)
合計(既指定件数と
答申件数との合計)
史跡
(うち特別史跡)
1,536
(61)
13
(0)
1,549
(61)
名勝
(うち特別名勝)
327
(35)

(0)
329
(35)
天然記念物
(うち特別天然記念物)
971
(75)

(0)
972
(75)
合計 2,834
(171)
16
(0)
2,850
(171)

(備考)
 件数は、同一の物件につき、2つの種別に重複して指定が行われている場合(例えば、史跡及び名勝など)、それぞれの種別につき1件として数えたものである。
 なお、重複指定物件を1件として数えた場合、
  現在指定件数は、 2,730件
  答申後件数は、 2,746件 である。


「新指定」答申予定物件

 【史跡】 13件

  カリンバ遺跡(かりんばいせき) 【北海道恵庭市】
 縄文時代の大規模な墓地で、赤漆塗り櫛などの豊富な副葬品が出土した

  達谷窟(たっこくのいわや) 【岩手県西磐井郡平泉町】
 象徴的な岸壁の岩屋に仏堂と池を備えた、平泉における重要な寺院

  骨寺村荘園遺跡(ほねでらむらしょうえんいせき) 【岩手県一関市】
 平泉中尊寺の荘園跡で、絵図の寺社、岩屋などが現存し、景観も良好に保存されており重要

  井野長割遺跡(いのながわりいせき) 【千葉県佐倉市】
 大規模な環状盛土遺構で、祭祀関係の遺物が多数出土した

  鎌刃城跡(かまはじょうあと) 【滋賀県坂田郡米原町】
 近江の京極領と六角領の境目の城であり、戦国期の築城技術の粋と破城の実態を見ることができる城跡

  西求女塚古墳(にしもとめづかこふん) 【兵庫県神戸市】
 兵庫県南東部に所在する、全長98メートルの古墳時代前期初頭の大型前方後方墳

  八上城跡(やがみじょうあと) 【兵庫県篠山市】
 奥丹波地方を支配した波多野氏が室町時代から戦国時代に本拠地とした山城跡

  山陰道 蒲生峠越(さんいんどう がもうとうげごえ) 【鳥取県岩美郡岩美町】
 鳥取と京都を結ぶ主要街道として鳥取藩が整備した山陰道のうち、旧状を良く残す蒲生峠越の山道

  大廻小廻山城跡(おおめぐりこめぐりさんじょうあと) 【岡山県岡山市・赤磐郡瀬戸町】
 列石を伴った土塁線と水門を伴った石塁など古代山城跡としての遺構が確認された遺跡

10   津屋崎古墳群(つやざきこふんぐん) 【福岡県宗像郡津屋崎町】
 北部九州西北岸における、5世紀前半から7世紀前半にかけての代表的な首長墓群

11   唐原山城跡(とうばるさんじょうあと) 【福岡県築上郡大平村】
 周防灘沿岸に築かれた7世紀後半の古代山城跡。対外関係を示す遺跡として重要

12   野津古墳群(のづこふんぐん) 【熊本県八代郡竜北町】
 熊本県のほぼ中央部、九州山地西麓部の台地上に立地する古墳時代後期の4基の前方後円墳からなる古墳群

13   角牟礼城跡(つのむれじょうあと) 【大分県玖珠郡玖珠町】
 中世の土造りの城から石垣の城への変遷とその築城技術の伝播と地域における受容を考える上で重要

【名勝】 2件

  イーハトーブの風景地(ふうけいち)
 鞍掛山(くらかけやま) 七つ森(ななつもり) 狼森(おいのもり) 釜淵の滝(かまぶちのたき) 五輪峠(ごりんとうげ) 種山ヶ原(たねやまがはら)
【岩手県花巻市・岩手郡雫石町他】
 宮澤賢治の作品の源泉となった一群の優秀な自然風景地

  旧観自在王院庭園(きゅうかんじざいおういんていえん) 【岩手県西磐井郡平泉町】
 独特で優秀な意匠・構造を伝え、庭園史上の価値が高い平泉の浄土庭園

【天然記念物】 1件

  田光(たびか)のシデコブシ及(およ)び湿地植物群落(しっちしょくぶつぐんらく) 【三重県三重郡菰野町】
 シデコブシをはじめとする東海丘陵要素の植物群及び湿地生の植物群落が良好な形で保存されている


-- 登録:平成21年以前 --