ここからサイトの主なメニューです

登録有形文化財(建造物)の登録について

平成14年5月
文化庁

登録有形文化財(建造物)



要旨
  文化審議会(会長  高階秀爾)は,平成14年5月17日(金)に開催される同審議会文化財分科会の審議議決を経て,新たに145件の建造物を登録するよう文部科学大臣に答申を行う予定である。登録される文化財建造物の概要,主な事例,一覧は以下の表並びに別紙のとおりである。

答申が行われる建造物の概要
  新規登録 累計
登録数 145件(58箇所) 2,991件(1278箇所)
関係市町村 38市町村(区) 526市町村(区)
関係都道府県 18都道府県 47都道府県

○時代別

  江戸 明治 大正 昭和
新規登録 37 29 40 39 145
累計 388 936 780 887 2,991

○種別
  産業 交通 官公
庁舎
学校 生活
関連
文化
福祉
住宅 宗教 治山
治水
1次 2次 3次
新規 0 18 14 4 0 1 0 3 55 36 11 3 145
累計 64 295 385 110 65 122 138 137 1287 318 35 35 2,991

  建築物 土木構造物 その他の工作物
新規登録 101 16 28 145
累計 2,423 166 402 2,991

*種別の「生活関連」は,電気・ガス・水道施設を示す。


登録される主な事例


釜ッ沢砂防堰堤(かまつざわさぼうえんてい)    栃木県日光市
  日光東照宮の北方谷筋を流れる稲荷川(いなりかわ)に築かれた砂防堰堤群のうち上流部に位置する。昭和8年の竣工になる堤長64m,堤高20m規模の重力式練積(ねりづみ)堰堤で,水通部(みずとおし)の前面に導流堤(どうりゅうてい)と床固(とこがため)が聳(そび)える特異な構造形式を有している。釜ッ沢下流,稲荷川第十・第三・第二・第四・第六の順で位置する下流方の砂防堰堤も今回同時に登録される。

だるま料理店主屋    神奈川県小田原市
  明治26年に地元の網元が創業した老舗の料理店。現在の主屋は関東大震災後に,桧(ひのき)・松・欅(けやき)の良材を集め,大正15年に完成した。随所に和風の粋(すい)を凝らした質の高い建築で,木造2階建,正面は中央に唐破風(からはふ)玄関を設け,屋根は破風(はふ)を2つ並べて比翼(ひよく)入母屋造風(いりもやづくり)とする。小田原駅南の市街化が進むなかで,楼閣(ろうかく)風の際だった存在となっている。

牛伏川階段工(うしぶせがわかいだんこう)    長野県松本市
  松本市南部,信濃川水系の牛伏川に築かれた階段工で,大正7年に完成した。明治18年以降,内務省直轄事業さらには県事業として進められた牛伏川砂防事業の最後期の構造物である。延長141mの規模で,19基の石造床固(とこがため)及び護岸工(ごがんこう)を地形に馴染ませながら階段状に連続させ,砂防機能を果たすだけでなく,美しい落水表情をつくりだしている。

平安神宮大鳥居    京都府京都市
  平安神宮は,平安遷都1100年記念祭の事業の一環で,明治28年に完成した。大鳥居は昭和3年の昭和天皇大礼を記念して,神宮南方に建てられた。幅18m,高さ24m,鉄筋コンクリート及び鉄骨造の巨大な明神(みょうじん)鳥居で,洛東岡崎のシンボルとして広く親しまれている。なお,昭和15年の孝明天皇合祀(ごう し)時に造営された一連の建物も今回登録される。

多木(たき)浜洋館主屋ほか    兵庫県加古川市
  肥料製造で成功した実業家の迎賓館を兼ねた住宅で,別府(べふ)港に注ぐ別府川右岸河口近くにある。主屋は木造4階建で,凹凸のある平面形状や勾配を変えた切妻の屋根形状に特色があり,全面銅板張の外装から「あかがね御殿」として知られている。豪壮な和風意匠の石造門,屋敷構をかたちづくる煉瓦塀,「肥料主」と刻んだ記念碑とともに登録される。


別紙


(4-1)
名称 所在地 建設年代 特徴等 種別 登録基準
入江家住宅主屋 茨城県真壁郡真壁町 大正15年 2階建,寄棟造・妻入で脇に棟門を備えた町家。 建築物 産業3次
高久家住宅店舗 茨城県真壁郡真壁町 明治期 2階建,寄棟造・平入,下屋庇付で角地に建つ町家。 建築物 産業3次
川島洋品店土蔵 茨城県真壁郡真壁町 江戸末期 軒裏や扉廻りなど,丁寧な漆喰塗の2階建の土蔵。 建築物 住宅
星野家住宅店舗及び主屋 茨城県真壁郡真壁町 明治中期/昭初改 通りに面して建つ店舗と,奥に続く書院造風の主屋。 建築物 産業3次
木村家住宅門 茨城県真壁郡真壁町 嘉永6年頃 桟瓦葺の1間1戸薬医門で,街路景観の構成要素。 工作物 住宅
島家住宅主屋 茨城県東茨城郡常北町 江戸中期/江戸末改 「おもや」と「かまや」からなる曲屋風の茅葺民家。 建築物 住宅
稲荷川第六砂防堰堤 栃木県日光市 大正11年 日光東照宮の北方谷筋を流れる稲荷川に築かれた砂防堰堤群で,大正7年度より内務省直轄で着工された。上流より,釜ッ沢,釜ッ沢下流,稲荷川の第十・第三・第二・第四・第六の順で位置する。いずれも重力式練積堰堤で,幅長の丸み付台形水通部が共通の特徴である。最上部の釜ッ沢砂防堰堤は導流堤と床固が聳える特異な構造形式を有している。 土木 治山治水
稲荷川第四砂防堰堤 栃木県日光市 大正10年 土木 治山治水
稲荷川第二砂防堰堤 栃木県日光市 大正 9 年 土木 治山治水
稲荷川第三砂防堰堤 栃木県日光市 大正10年 土木 治山治水
稲荷川第十砂防堰堤 栃木県日光市 大正12年/昭初増 土木 治山治水
釜ッ沢下流砂防堰堤 栃木県日光市 昭和 7 年 土木 治山治水
釜ッ沢砂防堰堤 栃木県日光市 昭和 8 年 土木 治山治水
旧柿原商店店舗及び主屋
土蔵A
土蔵B
土蔵C
石塀
埼玉県秩父市 昭和 5 年



大正期から昭和初期にかけて,秩父銘仙で繁栄した 問屋。角地に建ち,2階建の主屋は昭和初期の商家 建築の形式をよく伝える。3棟の土蔵は丁寧なつく りで,屋敷後方に立ち並ぶ。敷地北辺の重厚な石塀 で,主屋とともに景観のランドマークになっている。 建築物



工作物
産業3次







よし梅芳町亭 東京都中央区 昭和2年頃 震災復興期建設の2階建で数寄屋風意匠の住宅。 建築物 住宅
滝乃川学園本館 東京都国立市 昭和 3 年 木造2階建で,洋風意匠を基調とした学校建築。 建築物 学  校
旧近藤邸 神奈川県藤沢市 大正14年/昭56移 遠藤新設計でライト風意匠が顕著な実業家の別荘。 建築物 住宅
だるま料理店主屋 神奈川県小田原市 大正15年 良材を用い,随所に和風の粋を凝らした楼閣風建築。 建築物 産業3次
済生堂薬局小西本店店舗 神奈川県小田原市 大正14年頃 寄棟造・平入で,東海道に面して建つ店舗建築。 建築物 産業3次
山月(旧共寿亭) 神奈川県小田原市 大正 9 年 実業家の別荘で,質の高い充実した意匠の和風建築。 建築物 住宅
千世倭楼主屋
土蔵
神奈川県小田原市
明治中期/平12移
主屋は曲屋形式を継承した近代住居で,豪壮な外観 をもつ。両者とも木部に漆塗を施した丁寧なつくり。 建築物
住宅

飯田家住宅土蔵 新潟県新潟市 明治22年 2階建の土蔵建築で,軸組構法に地方的特色がある。 建築物 住宅
木地屋民俗資料館 新潟県糸魚川市 江戸末期/平成8移 木地師集落の民家で,作業場等とした2階床をもつ。 建築物 住宅
蓮華峰寺大門
地蔵堂
仁王門
鐘楼堂
経蔵
八角堂
八祖堂
東照宮
台徳院御霊屋
新潟県佐渡郡小木町
昭和 3 年
明治26年
文政 5 年
慶長20/天保13改
江戸中期




佐渡島の南方に所在する真言宗の古刹で,金堂・弘 法堂・骨堂が重要文化財。大門は地域のランドマー クとなっている東西1対の石柱で,仁王門は総円柱 の八脚門,唐門は禅宗様四脚門で唐破風はない。鐘 楼は正当な手法の袴腰付形式だが,桃山期の形式を 伝えるものの,幕末期の取替材が少なくない。三手 先組物の八角堂と五手先組物の八祖堂は,絵様肘木 や彫刻の多用,複雑な内部架構など,異色の造形を 持つ。八角堂北側の覆屋内にある東照宮と台徳院御 工作物
建築物
工作物
建築物





宗教


















(4-2)
名称 所在地 建設年代 特徴等 種別 登録基準
御霊屋覆屋
無明橋
密厳堂
唐門
客殿
護摩堂
独鈷堂
  大正期
江戸後期
天保15年
江戸中期
明治42年
元禄 3 年
元和 8 年
霊屋はともにこけら葺の一間社で,精緻な技巧を凝 らした軸部や軒の彫刻及び彩色に見るべきところが ある。護摩堂,密厳堂,地蔵堂はいずれも三間堂で あるが,異なる建築年代を反映して,規模や構造形 式だけでなく,細部の造形にも時代差が認められる。 桁行約25mを有する客殿は内部8室構成で,近代 の大規模の客殿として質も高い。
土木
建築物
工作物
建築物

工作物












やちや酒造主屋
道具蔵
酒蔵
石川県金沢市 江戸後期

金沢城北方に所在する老舗の造り酒屋。切妻造・平 入の主屋は通りに面した伝統的な商家のつくりで, 敷地奥の2棟の蔵は酒造業に欠かせない施設。 建築物

産業2次



島村家住宅主屋 石川県金沢市 明治32年頃 内外とも洗練された造形による切妻造・妻入民家。 建築物 住宅
牛伏川階段工 長野県松本市 大正 7 年 延長141m,落差50mに19基の床固を階段状に構築。 土木 治山治水
高遠閣 長野県上伊那郡高遠町 昭和11年 高遠城内にある木造2階建の大規模な休憩施設。 建築物 文化福祉
釜ヶ渕堰堤 長野県南安曇郡安曇村 昭和17年/昭19増 初期の大規模アーチ式石張コンクリート造砂防堰堤。 土木 治山治水
木和田川一号流路工
二号流路工
静岡県志太郡岡部町
大正元年頃
明治43年の豪雨後に築かれた砂防施設。延長は一号 70m,二号15mで,ともに台形断面の石造構造物。 土木
治山治水

平安神宮透塀及び後門
東神庫
西神庫
内廻廊
南歩廊
神楽殿
額殿
東門及び東外廻廊
西門及び西外廻廊
神門翼廊
斎館
東祭器庫
西祭器庫
京都府京都市 昭和15年










明治40年/昭15移
昭和15年
平安遷都1100年記念祭の事業の一環で,桓武天皇を 祀る本殿,当初記念殿として計画されていた拝殿な どが明治28年に完成し,平安神宮が誕生した。平安 宮大極殿を模した拝殿,東西の楼閣,正面の楼門は 京都市指定文化財である。昭和15年の一連の造営は 孝明天皇合祀時に行われたもので,設計は内務省神 社技師の角南隆と谷重雄である。廻廊・歩廊・外廻 廊はいずれも単廊式で要所に門を開く。神庫は校倉 建築の好例だが,祭器庫は土蔵造である。神楽殿と 額殿は同じ規模形式で,3方の吹放し柱列に特色が ある。いずれも社殿構成に欠かせない要素として, 境内景観をかたちづくっている。斎舘は唐破風造の 玄関を備え,内外とも質が高く,近代和風の好例。 工作物
建築物

工作物

建築物

工作物
〃 
建築物


宗教























平安神宮大鳥居 京都府京都市 昭和 3 年 昭和天皇大礼の記念で建てられた巨大な明神鳥居。 工作物 宗教
桐村家住宅主屋
別座敷
土蔵
京都府福知山市 明治中期

明治期の上層農家で,内外とも丁寧なつくりの主屋, 真壁造と大壁造を併用し洋風を加味した別座敷,重 厚な土蔵からなり,現在はギャラリーとして活用。 建築物

住宅



舞鶴市政記念館
(旧舞鶴海軍兵器廠予備鑑兵器庫)
京都府舞鶴市 明治35年 長大な煉瓦造建築で,現在は公共施設として活用。 建築物 そ の 他
北吸隧道 京都府舞鶴市 明治37年 延長110mの煉瓦造隧道で,旧軍港引込線の遺構。 土木 交通
今林家住宅主屋
米蔵

京都府宮津市 明治25年/大正期増
明治期
旧宮津城下を代表する商家のひとつで,通りに面し て建つ主屋は格子,袖卯建,大戸など伝統的な意匠 建築物

産業3次
住宅



(4-3)
名称 所在地 建設年代 特徴等 種別 登録基準
糸蔵
道具蔵
味噌蔵
 

をよく残す。米蔵は主屋と壁面や屋根を揃えて連続 する。糸蔵は糸問屋としての屋敷構の核をなした土 蔵。道具蔵と味噌蔵は扇状に配した垂木が特色。

産業3次
住宅


清学院不動堂
庫裏
大阪府堺市 江戸末期

類例の少ない修験道場の建築。規模は小さいが,通 りに面した不動堂とそれを取り囲む庫裏からなり, 市街地寺院として独特の形態をみせている。 建築物

工作物
宗教



和田家住宅主屋
内蔵
外蔵
離れ
長屋門
待合
内塀
外塀
東塀
勝手口門
大阪府岸和田市
昭和 5 年


大正期/昭5移
昭和 5 年




和田家は岸和田の地名の起源という説のある旧家。 広大な屋敷地の中央に主屋がたち,土蔵や離れが周 囲に配される。南西面に長屋門を構え,外塀などで 外構を整えている。主屋は玄関部が突出したL字形 平面の総2階建で,良材を用い,重厚かつ洗練され た和風住宅の優作。平屋建の離れは派手さをおさえ た上質なつくりの書院造建築である。庭園空間と玄 関前のアプローチ空間を分節する内塀,通用関係の 待合や勝手口門など,大邸宅に欠かせない附属施設 もよく残っている。 建築物




工作物



住宅

















大道旧山本家住宅主屋
離れ
大阪府南河内郡太子町
江戸末期
大正元年
堺と大和を結ぶ竹内街道沿いの旧家で,主屋は茅葺 と本瓦葺からなる大和棟の伝統的な民家建築。 建築物
住宅

志方八幡神社社務所主屋

兵庫県加古川市 江戸後期

明治期
もと志方八幡神社の別当神宮寺であった能満寺の諸 建築。民家風外観の主屋はもと本堂で,六間取の方 丈風を基本とした独特な平面構成に特色がある。 建築物

工作物
宗教



多木浜洋館主屋
石造門
煉瓦塀
記念碑
兵庫県加古川市
大正期


昭和11年
肥料製造で成功した実業家の迎賓館を兼ねた住宅。 主屋は木造4階建で,平面や屋根の形状に特色があ り,外装は全面銅板張である。豪壮な石造門は特異 な和風意匠になる。煉瓦塀は屋敷構をかたちづくる。 建築物
工作物

住宅


そ の 他



旧海崎医院 兵庫県朝来郡生野町 明治20年頃 生野銀山にある木造平屋建の洋風意匠の医院建築。 建築物 文化福祉
塩屋橋 兵庫県津名郡淡路町 大正7年/昭61移 山形鋼を用いた三連曲弦ポニートラス式の道路橋。 土木 交通
井田家住宅主屋
内蔵
奈良県奈良市
江戸末期
興福寺南西の旧奈良町にあり,通りに面する主屋は 木太い格子や虫籠窓など上層町家の外観を呈する。 建築物
住宅

葉本家住宅主屋 奈良県大和郡山市 明治初期 旧街道沿いに建つ,もと両替商の商家建築。 建築物 住宅
平井医院主屋
土蔵
表門
奈良県五條市 安政 2 年

安政2年頃
切妻造・東西棟の主屋は棟の煙出,東妻の落棟など, 豪壮な外観をもつ。主屋背後の土蔵や長屋門形式の 表門なども,地域景観の際だった存在である。 建築物

住宅



旧米江旅館本館北棟
南棟
島根県松江市
昭和 2 年
松江城下の老舗旅館。各々敷地の南北で通りに面し て建ち,良質の材を用いた当時の和風の造形を示す。 建築物
産業3次

大谷焼元山窯
(旧納田丈五郎窯)
徳島県鳴門市
明治3年/明後期改
藍瓶など大型製陶の焼成窯形式を今に伝える登窯。 工作物
産業2次


(4-4)
名称 所在地 建設年代 特徴等 種別 登録基準
本家松浦酒造場長屋門
東酒蔵
仲酒蔵
西酒蔵
精米蔵
徳島県鳴門市 江戸後期/明後期改
江戸後期

明治初期
明治後期
藍と回船で栄えた松浦家の酒造場で,撫養街道沿い に建つ。長屋門は本瓦葺の2階建で漆喰塗の大壁や 煉瓦壁を用いた重厚なつくり。東酒蔵と仲酒蔵は通 りに小窓を設けた切妻の妻面を連続して見せ,独特 の酒蔵景観をつくりだしている。 建築物



産業2次







松永家住宅主屋
湯殿及び雪隠
表門
長屋門
書籍蔵
土塀
香川県丸亀市
大正初期

江戸後期/大初移


大正期
丸亀市街の東南,讃岐富士の山裾にある名家で,明 治期には酒造業で栄えた。主屋は寄棟造,本瓦葺, 平屋建で,銘木・良材を用い質の高いつくりになる。 表門・長屋門・書籍蔵は高松の松平家御用商家から 移築したもので,長屋門は海鼠壁の重厚な土蔵の妻 面に木造門を接続した独特の形態である。 建築物

工作物
建築物

工作物
住宅









川鶴酒造西酒蔵
麹蔵
濾過蔵
東米蔵
明治蔵(旧西米蔵)
鶴鳴舘(旧瓶詰蔵)
川鶴資料館(旧米蔵)
消防屯所
香川県観音寺市
大正7年/昭10頃増
大正 3 年

大正期
明治後期
大正期
大正期/昭30頃移
昭和初期
明治24年創業の造り酒屋の醸造施設で,財田川に並 ぶ阿波街道沿いにある。いずれも切妻造の西酒蔵, 麹蔵,濾過蔵は連続して並び,市街地からの格好の ランドマークとなっている。東米蔵と明治蔵(旧西 米蔵)は精米施設。敷地南辺の景観を構成する鶴鳴 舘(旧瓶詰蔵)はコンサート会場,川鶴資料館(旧 米蔵)は酒造用具等の展示場として活用されている。 消防屯所は貯水槽付で往時の防災事情を物語る施設。 建築物






産業2次





住宅
そ の 他







三谷製糖羽根さぬき本舗主屋(押し場)
砂糖釜屋
旧牛舎
香川県大川郡引田町 大正期/昭25頃増
大正期
大正期/昭初移
讃岐三白のひとつ「和三盆」の製造所施設。主屋は 2階建で1階中央部を天秤形状の圧搾機を並べた押 し場とする。釜屋,旧牛舎も製造上欠かせない要素。 建築物

産業2次



野口家住宅蔵 高知県香美郡野市町 江戸末期 水切瓦,芋目地の海鼠壁をもつ置屋根式2階建土蔵。 建築物 住宅
福田家住宅主屋
客殿及び離れ
応接棟
蔵及び番小屋
風呂及び便所

庭門及び庭間仕切塀
外塀
高知県香美郡野市町
大正13年
大正12年
大正13年頃
大正 8 年
大正13年頃


明治44年創業の造り酒屋の事務所と住宅。主屋は入 母屋造で3方に下屋を廻し,入母屋造玄関を設けた 和風邸宅の好例。客殿及び離れは2階建の土蔵造だ が,水切り瓦を付けて4層にみせる。蔵及び番小屋 には土佐漆喰塗の蔵の妻面に冴えた鏝絵がみられる。 応接棟と門は小規模だが高知県下の初期のRC造の 事例。外塀もRC造でモルタル塗の外装に幾何学的 紋様の目地を施し,屋敷の外構を整えている。 建築物




工作物

住宅













川久保家住宅診察室及び納屋 高知県香美郡野市町 明治初期 長屋門形式の建物で,地方医家の診療施設遺構。 建築物 文化福祉
尾崎家住宅蔵 高知県香美郡野市町 昭和 2 年 東西の妻に波と雲に龍の鏝絵をもつ切妻造の土蔵。 建築物 住宅
佐敷隧道 熊本県葦北郡田浦町〜芦北町 明治36年 佐敷太郎峠に穿たれた延長434mの煉瓦造隧道。 土木 交通
津奈木隧道
熊本県葦北郡芦北町〜津奈木町
明治34年
津奈木太郎峠に穿たれた延長212mの煉瓦造隧道。 土木
交通

-- 登録:平成21年以前 --