ここからサイトの主なメニューです

平成31年度スーパーサイエンスハイスクール(SSH)指定校の内定等について

平成31年3月28日

 文部科学省では、将来の国際的な科学技術人材を育成することを目指し、理数系教育に重点を置いた研究開発を行う「スーパーサイエンスハイスクール(SSH)」事業を平成14年度から実施しております。
  このたび、平成31年度基礎枠及び科学技術人材育成重点枠の採択に関する審査を行い、以下の結果となりましたので、お知らせします。

1.平成31年度基礎枠(指定期間5年:31年度~35年度)

  ◯審査結果
   ・32校を内定
   (内訳)開発型:14校(国立1校、公立13校)
※開発型:新規性のあるカリキュラム等の研究開発を行うもの。
実践型:18校(国立1校、公立13校、私立4校)
※実践型:過去にも指定を受けている学校が、今までに開発してきた教育課程等の実践的な研究開発を実施するもの。

  ◯応募状況、審査方法
   ・58校から実施希望調書の提出があった。(国立2校、公立35校、私立21校)
   ・各学校から提出された実施希望調書について、外部有識者からなる企画評価会議協力者が審査を
    行い、その結果をもとに32校を内定。

2-1. 平成31年度科学技術人材育成重点枠(期間 最長5年)(広域連携、海外連携、地球規模に関する社会との共創、その他)

  ◯審査結果
   ・4校を内定(公立3校、私立1校)

  ◯応募状況、審査方法
   ・12校から実施希望調書の提出があった。(公立8校、私立4校)
   ・各学校から提出された実施希望調書について、外部有識者からなる企画評価会議協力者が審査を
    行い、その結果をもとに4校を内定。

2-2.平成31年度科学技術人材育成重点枠(期間 最長5年)(高大接続)

  ◯審査結果
   ・1コンソーシアムを内定(公立1校(幹事校))
   
  ◯応募状況、審査方法
   ・3コンソーシアムから実施希望調書の提出があった。(公立3校(幹事校))
   ・各学校から提出された実施希望調書について、外部有識者からなる企画評価会議協力者が審査を
    行い、その結果をもとに1コンソーシアムを内定。

  ※科学技術人材育成重点枠:基礎枠の取組に加え、科学技術人材の育成に係る更なる取組を追加的に支援。これまでの枠組みを発展させるとともに、平成31年度より「高大接続枠」を新設。

お問合せ先

初等中等教育局教育課程課教育課程第二係

電話番号:電話番号:03-5253-4111(代表)(内線2613)

Adobe Readerのダウンロード(別ウィンドウで開きます。)

PDF形式のファイルを御覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、まずダウンロードして、インストールしてください。

-- 登録:平成31年03月 --