ここからサイトの主なメニューです

2018年度スーパーグローバルハイスクール(SGH)全国高校生フォーラム表彰校の決定について

平成30年12月17日

 文部科学省では、国立大学法人筑波大学と共催で、2018年度スーパーグローバルハイスクール(SGH)全国高校生フォーラムを平成30年12月15日(土曜日)に東京国際フォーラム(東京都千代田区丸の内)において開催しました。
 全国のSGH指定校123校・アソシエイト18校、開催地である東京都の高等学校5校の代表生徒が一堂に会し、英語でのポスターセッションやディスカッションを通して、日頃取り組んでいるグローバルな社会課題・ビジネス課題の解決や提案について英語で発信しました。
 本フォーラムにおいて、立命館慶祥中学校・高等学校に文部科学大臣賞を授与するなど、10校に表彰を行いましたので、報告いたします。

文部科学大臣賞(1校)

  • 立命館慶祥中学校・高等学校(北海道:平成27年度指定校)

テーマ「アイヌの伝統を知る~教育によるアイヌ文化の伝承活動~」

審査委員長賞(3校)

  • 早稲田大学高等学院(東京都:平成26年度指定校)
  • 神奈川県立横浜国際高等学校(神奈川県:平成26年度指定校)
  • 神戸大学附属中等教育学校(兵庫県:平成27年度指定校)

審査委員長特別賞(2校)

  • 啓明学園中学校高等学校(東京都:アソシエイト)
  • 東京都立小石川中等教育学校(東京都)

生徒投票賞(4校)

  • 金沢大学人間社会学域学校教育学類附属高等学校(石川県:平成26年度指定校)
  • 立命館宇治中学校・高等学校(京都府:平成26年度指定校)
  • 青山学院高等部(東京都:平成27年度指定校)
  • 名古屋国際中学校・高等学校(愛知県:アソシエイト)

※1.SGH指定校番号(指定年度別に事務的に設定している番号)順に記載しています。
※2.各学校の発表テーマについては、参考3参照。

参考

1.本フォーラムの目的

 高校生による英語でのディスカッションやポスター発表など、研究成果を発信する場を設け、全国の高校生が集う機会を作るとともに、今後の課題研究の深化や意欲の向上を図ること。

2.主催

 文部科学省、国立大学法人筑波大学

3.参加者

 SGH指定校123校及びアソシエイト18校、東京都5校の生徒・教員、「アジア高校生架け橋プロジェクト」来日留学生23名、一般高校生、教育関係者及び一般参加者

4.各賞の選考方法

文部科学大臣賞、審査委員長賞

  1. 全参加校の生徒がポスター発表を行い、審査を経てSGH指定校より優秀校4校を選出。
  2. 1.で選出された4校の生徒がステージ上で発表を行い、審査を経て、最も優秀な発表を行った学校に文部科学大臣賞を授与し、優秀な発表を行った3校に審査委員長賞を授与する。

審査委員長特別賞

ポスター発表を行ったアソシエイト、東京都の学校から、審査を経てそれぞれ優秀校1校ずつを選出し、審査委員特別賞を授与。

生徒投票賞

全参加校のポスターから、参加した各校の生徒による投票を経て4校に生徒投票賞を授与。


お問合せ先

初等中等教育局参事官(高等学校担当)付

電話番号:03-5253-4111(内線3300)、03-6734-3300(直通)

Adobe Readerのダウンロード(別ウィンドウで開きます。)

PDF形式のファイルを御覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、まずダウンロードして、インストールしてください。

(初等中等教育局参事官(高等学校担当)付)

-- 登録:平成30年12月 --