ここからサイトの主なメニューです

「原子力分野における研究開発及び産業協力に関する協力覚書」の発表について

平成30年11月13日

11月13日、文部科学省、経済産業省、米国商務省及び米国エネルギー省は原子力分野における研究開発及び産業協力に関する協力覚書を発表しました。

背景

 日米経済対話における議論を踏まえ、2017年11月16日に発表された日米戦略エネルギーパートナーシップを前進させること等を目指し、日米の原子力協力に関する議論を進めてきました。今回の覚書により、日米の原子力分野での協力関係を更に進展させていきます。

覚書のポイント

 地球温暖化対策やエネルギー安全保障といった世界的な課題の解決に貢献していくためには、原子力分野において日米がリーダーシップを発揮していくことが重要です。本覚書は、これまでの二国間の原子力協力の重要性と更なる前進を確認するものです。具体的には以下の領域を含みます。
 1.革新炉を含む原子力研究開発協力
 2.廃炉及びバックエンド燃料サイクル管理の協力
 3.安全性向上のための産業協力
 4.世界の原子力利用への貢献
 5.継続した対話のための枠組み

お問合せ先

文部科学省研究開発局原子力課

(文部科学省研究開発局原子力課)

-- 登録:平成30年11月 --