ここからサイトの主なメニューです

国立大学における国際共同利用・共同研究拠点の認定について

平成30年11月13日

平成30年度に新たに創設をした国際共同利用・共同研究拠点について、6拠点の認定を行いましたので、お知らせいたします。

国際共同利用・共同研究拠点制度の概要

 平成30年度から、大学に附置される研究施設のうち、国際的な研究活動の中核としての機能を備え、学術研究の発展に特に資するものは、学校教育法施行規則第143条の3の規定に基づき、「国際共同利用・共同研究拠点」として文部科学大臣の認定を受けることができることになりました。
 認定を受けた拠点は、研究人材や研究設備、ネットワークなど、国際的に卓越した研究資源を活用し、一大学の枠を超えた国際的な共同利用・共同研究体制の中核として、我が国の研究力向上に貢献することが期待されます。

審査等経過

 拠点認定に関する公募は、本年5月1日から6月29日まで行い、20大学から41件の申請がありました。これに対し、文部科学省科学技術・学術審議会学術分科会研究環境基盤部会共同利用・共同研究拠点及び国際共同利用・共同研究拠点に関する作業部会(主査:稲永忍長崎県公立大学法人理事長、以下「作業部会」という。)において審査が行われ、10月19日に認定候補として、以下の4大学の6拠点が選定されました。


大学名

施設名

拠点名

東北大学

金属材料研究所

材料科学国際共同利用・共同研究拠点

東京大学

宇宙線研究所

宇宙線国際研究拠点

医科学研究所

基礎応用医科学の推進と先端医療の実現を目指した医科学国際共同研究拠点

京都大学

化学研究所

化学関連分野の深化・連携を基軸とする先端・学際グローバル研究拠点

数理解析研究所

数学・数理科学の国際共同研究拠点

大阪大学

核物理研究センター

国際サブアトミック科学研究拠点


【これまでの審議経過】

5月1日~6月29日 公募期間
7月2日~8月6日  作業部会の専門委員会で書面審査
8月9日~9月7日  作業部会で書面審査
9月27日         作業部会でヒアリング対象絞り込み
10月11日・19日    作業部会でヒアリング審査・認定候補決定


※文部科学省幹部職員の事案等に関する調査・検討チームによる「公募型事業の選定プロセスに関する調査について(第2次報告)」において、本事業には指摘はありませんでした。

文部科学大臣による認定

 認定候補について、「国際共同利用・共同研究拠点」として必要な要件を充たしていることが確認できたため、平成30年11月13日付けで認定しました。各拠点の認定理由は、以下のとおりです。


大学名

施設名

拠点名

東北大学

金属材料研究所

材料科学国際共同利用・共同研究拠点

 申請施設は、研究実績、研究水準等に照らし、材料科学分野における国際的に中核的な研究施設として活動しており、量子エネルギー材料科学国際研究センター等、世界的にも貴重な大型施設を活かし、海外の研究者との共同研究も活発に行われており、海外の研究者コミュニテイからの期待も高く、今後、国際的な共同利用・共同研究の拠点としての活動や発展性が特に高いと見込まれることによる。

 

大学名

施設名

拠点名

東京大学

宇宙線研究所

宇宙線国際研究拠点

 申請施設は、研究実績、研究水準、卓越した研究者の在籍状況等に照らし、宇宙線物理学分野における国際的に中核的な研究施設として活動しており、スーパーカミオカンデ等、世界的にも貴重な大型施設を活かし、海外の研究者との共同研究も活発に行われており、海外の研究者コミュニテイからの期待も高く、今後、国際的な共同利用・共同研究の拠点としての活動や発展性が特に高いと見込まれることによる。


大学名

施設名

拠点名

東京大学

医科学研究所

基礎・応用医科学の推進と先端医療の実現を目指した医科学国際共同研究拠点

 申請施設は、研究実績、研究水準等に照らし、最先端の医科学研究の中核的な研究施設として活動しており、保有するスーパーコンピュータ等の大型施設や海外拠点を活かし、海外の研究者との共同研究も活発に行われており、今後、国際的な共同利用・共同研究の拠点としての活動や発展性が特に高いと見込まれることによる。


大学名

施設名

拠点名

京都大学

化学研究所

化学関連分野の深化・連携を基軸とする先端・学際グローバル研究拠点

 申請施設は、研究実績、研究水準等に照らし、化学分野における国際的に中核的な研究施設として活動しており、保有する世界最高水準の分析機器や貴重なデータベース等を活かし、海外の研究者との共同研究も活発に行われており、今後、国際的な共同利用・共同研究の拠点としての活動や発展性が特に高いと見込まれることによる。


大学名

施設名

拠点名

京都大学

数理解析研究所

数学・数理科学の国際共同研究拠点

 申請施設は、研究実績、研究水準、卓越する研究者の在籍状況等に照らし、数学・数理科学分野における国際的に中核的な研究施設として活動しており、国際的な賞の受賞経験を持つ研究者のネットワークを活かし、海外の研究者との共同研究も活発に行われており、今後、国際的な共同利用・共同研究の拠点としての活動や発展性が特に高いと見込まれることによる。


大学名

施設名

拠点名

大阪大学

核物理研究センター

国際サブアトミック科学研究拠点

 申請施設は、研究実績、研究水準、卓越する研究者の在籍状況等に照らし、原子核、素粒子、宇宙線及び宇宙物理分野における国際的に中核的な研究施設として活動しており、保有する加速器等の大型装置を活かし、海外の研究者との共同研究も活発に行われており、海外の研究者コミュニテイからの期待も高く、今後、国際的な共同利用・共同研究の拠点としての活動や発展性が特に高いと見込まれることによる。



(各拠点の目的・概要)

お問合せ先

研究振興局学術機関課

Adobe Readerのダウンロード(別ウィンドウで開きます。)

PDF形式のファイルを御覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、まずダウンロードして、インストールしてください。

-- 登録:平成30年11月 --