ここからサイトの主なメニューです

第15回地球観測に関する政府間会合本会合及び関連会議等(GEO Week 2018)の開催について

平成30年9月7日

平成30年10月29日(月曜日)~11月2日(金曜日)、国立京都国際会館にて、地球観測に関する政府間会合(GEO: Group on Earth Observations)事務局及び文部科学省の主催により標記会議を開催しますのでお知らせします。

1. GEO Week 2018開催趣旨

地球観測に関する政府間会合(GEO)は、衛星、海洋及び地上観測を統合した複数の観測システムからなる全球地球観測システム(GEOSS: Global Earth Observation System of Systems)を推進するための国際的な枠組として設立されました。GEO本会合は、参加国、参加機関等が一堂に会する、年に一度の総会です。
今年は、平成30年10月29日(月曜日)~11月2日(金曜日)を「GEO Week 2018」と称し、第15回GEO本会合及び関連会議等を開催します。今回のGEO本会合は、平成17年にスイスで第1回が開催されて以来、初めての日本での開催となります。
第15回GEO本会合では、地域ごとの活動やGEOが優先連携3分野として掲げる(1)持続可能な開発のための2030アジェンダ(SDGs)(2)パリ協定(3)仙台防災枠組2015-2030に焦点をあて、GEOSSと地球観測データの更なる活用について、ユーザーの視点も交えて議論を行います。
なお、アジェンダ等については、後日、公式Webサイト(後述)に掲載いたします。

2.会議概要

開催日: 平成30年10月29日(月曜日)~11月2日(金曜日) 

場所: 国立京都国際会館(京都市左京区岩倉大鷺町422番地)
      アクセス|国立京都国際会館(※外部のウェブサイトへリンク)

使用言語: 英語(同時通訳なし)

会議日程及び一般傍聴・見学の可否(暫定版):
第15回GEO本会合         10月31日(水曜日)~11月1日(木曜日) (一般傍聴不可)
サイドイベント(※1)         10月29日(月曜日)~10月30日(火曜日) (一般傍聴可、登録者のみ)
地球観測に関する展示(※2)    10月30日(火曜日)~11月1日(木曜日) (一般見学可、登録不要)

GEO Week 2018 公式Webサイト(英語)(※外部のウェブサイトへリンク) 
サイドイベント傍聴登録(英語)(※外部のウェブサイトへリンク)


※傍聴登録は9月中旬以降に開始予定


(※1)サイドイベントとは、GEOに関する各種活動を行う国や団体等が、活動内容等について講演や議論を行うもの。サイドイベントの一般傍聴登録は、9月中旬以降に公式Webサイト(英語)にて登録開始予定。
(※2)展示とは、GEOに関する各種活動を行う国や団体等が、活動内容等についてポスターや展示物等を用いて紹介するもの。展示の一般見学は、登録不要。

3.当日取材

取材をご希望の方へは、取材申込について別途お知らせしますので、下記の<取材申込に関するお問合せ先>までご連絡ください。


<取材申込に関するお問合せ先>(GEOWeek2018運営業務委託先)
    日本コンベンションサービス株式会社
    国際事業部 国際会議部
    geo2018-press@convention.co.jp


<GEO Week 2018に関するお問合せ> 
        文部科学省研究開発局環境エネルギー課
        電話:03-5253-4111(代表) 03-6734-4181(直通)

お問合せ先

環境エネルギー課

-- 登録:平成30年09月 --