ここからサイトの主なメニューです

学校における教育の情報化の実態等に関する調査結果【速報値】について

平成30年8月29日

  文部科学省では、初等中等教育における教育の情報化の実態等を把握し、関連施策の推進を図るため、「学校における教育の情報化の実態等に関する調査」を実施しています。
  平成29年度調査について速報値を取りまとめましたので公表します。

1.調査概要

    (1)調査項目
        1) 学校におけるICT環境の整備状況
        2) 教員のICT活用指導力
            ※ ICT(Information and Communication Technology:コンピュータやインターネットなどの情報通信技術)
    (2)調査対象
        ・ (1)1)については、全国の公立学校(小学校、中学校、義務教育学校、高等学校、中等教育学校及び特別支援学校)
        ・ (1)2)については、全国の公立学校の授業を担当している全教員 
              ここでいう「授業を担当している教員」とは、各教科等の授業を定期的に担当している教員をいう。授業を一時的・臨時的に担当する教員は含まない。
    (3)調査基準日
        平成30年3月1日現在

2.調査結果の概要

                                                                                        (  )は前回調査(平成28年度)の数値


1)学校におけるICT環境の整備状況

・教育用コンピュータ1台当たり児童生徒数

5.6人/台

(5.9人/台)

・普通教室の無線LAN整備率

34.4%

(29.6%)

・(参考)普通教室の校内LAN整備率

90.2%

(89.0%)

・超高速インターネット接続率(30Mbps以上)

91.5%

(87.3%)

・(参考)超高速インターネット接続率(100Mbps以上) 

62.5%

(48.3%)

・普通教室の電子黒板整備率

26.7%

(24.4%)

・教員の校務用コンピュータ整備率

120.0%

(118.0%)

・統合型校務支援システム整備率

52.7%

(48.7%)


2)教員のICT活用指導力

・教材研究・指導の準備・評価などにICTを活用する能力

84.8%

(84.0%)

・授業中にICTを活用して指導する能力

76.5%

(75.0%)

・児童・生徒のICT活用を指導する能力

67.1%

(66.7%)

・情報モラルなどを指導する能力

80.6%

(80.0%)

・校務にICTを活用する能力

80.2%

(80.2%)


  その他の主な結果は、「平成29年度学校における教育の情報化の実態等に関する調査結果(概要)〔速報値〕」のとおり。


<参考>
(自治体における取組)
 前回調査より大きく数値が向上した教育委員会への聞き取りによれば、要因として、次のような取組が挙げられた。

・ICT活用モデル校において、地方議会議員、首長部局の財政担当や広報担当職員同席の下で公開授業等を実施し、自治体における教育の情報化施策について必要性の理解促進
・地域の実情に応じたICT環境の整備計画を立てるとともに、ICTを活用した学習活動の具体的な事例の提示
・県教育委員会の主導による教員研修(簡単な操作でICTを活用できる)の実施
・複数の市町村教育委員会が合同で、近隣の大学との連携等により、校内のリーダー養成及び定期的な研修の実施
・コンピュータ室のデスクトップ型コンピュータの機器更新の際に、低廉化等による同規模程度の予算での整備台数の増加と普通教室でも活用できるよう可動式コンピュータへの更新

(文部科学省における取組)
・2020(平成32)年度からの新学習指導要領の実施を見据え、「2018(平成30)年度以降の学校におけるICT環境の整備方針」を策定し全ての教育委員会へ通知(平成29年12月)
  ・学習者用コンピュータを3クラスに1クラス分程度整備
  ・全普通教室へ無線LAN環境を整備 等
・当該整備方針を踏まえて、「教育のICT化に向けた環境整備5か年計画(2018~2022年度)に基づく単年度1,805億円の地方財政措置がなされていることから、その積極的な活用に向けた周知
・第3期教育振興基本計画(2018年6月15日閣議決定)における当該整備方針を踏まえた学校のICT環境整備の促進
・学校のICT環境整備状況のデータの市区町村単位での毎年度の公表による見える化(本調査結果の公表)
・自治体のニーズに応じて、学校のICT環境整備に必要な助言を行う「ICT活用教育アドバイザー」の派遣
・「小学校プログラミング教育の手引(第一版)」など情報活用能力の育成やICTを効果的に活用した指導方法に係る手引、実践事例集等の作成・周知
・(独)教職員支援機構における、各地域でのICT活用に関する教職員研修の企画・運営を行う指導者の養成研修の実施 等
  文部科学省としては、これらの取組を通じて、各自治体において学校のICT環境整備の重要性が十分に認識され、適切な整備が進められるよう引き続き働きかけるとともに、教員のICT活用指導力の向上に努めています。

3.調査結果

 調査結果は、文部科学省及び「政府統計の総合窓口(e-Stat)」のウェブサイトに掲載。    
学校における教育の情報化の実態等に関する調査ー平成29年度結果概要




お問合せ先

生涯学習政策局情報教育課

-- 登録:平成30年08月 --