ここからサイトの主なメニューです

「平成30年7月豪雨による災害の総合研究」への科学研究費助成事業(特別研究促進費)による助成について

平成30年8月17日

文部科学省では、西日本を中心に全国各地で甚大な被害が発生した「平成30年7月豪雨」による災害について、気象、水文学・河川工学、地盤工学・砂防学、防災情報・避難、災害歴史・災害リスクを柱として、今回の豪雨の発生要因や洪水・土砂災害の発生メカニズムの解明、住民への情報伝達や避難行動の実態把握、土地利用の変遷と災害リスクの関連性分析等、学際的な観点から総合的な研究を実施し、今後の防災・減災対策に資することを目的として、山口大学等の研究者に下記のとおり科学研究費助成事業(特別研究促進費)による助成を行うことといたしましたので、お知らせいたします。

1.研究課題名

平成30年7月豪雨による災害の総合研究

2.研究代表者

山本 晴彦(山口大学 大学院創成科学研究科(農学系学域) 教授)

3.研究組織

山口大学、京都大学、広島大学、東京大学、三重大学、広島工業大学、高知大学、岡山大学、新潟大学、愛媛大学、山形大学、帝京平成大学、静岡大学、徳島大学、岐阜大学、香川大学、大阪大学、国立研究開発法人防災科学技術研究所、気象庁気象研究所(全19機関、計56名)

4.研究経費

34,700千円(科学研究費助成事業(特別研究促進費))

5.研究概要等

お問合せ先

研究開発局 地震・防災研究課 防災科学技術推進室

室長補佐  田中 大和(内線4446)

研究振興局 学術研究助成課

課長補佐  辻山  隆 (内線4311)
電話番号:03-5253-4111(代表)

Adobe Readerのダウンロード(別ウィンドウで開きます。)

PDF形式のファイルを御覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、まずダウンロードして、インストールしてください。

(研究開発局 地震・防災研究課 防災科学技術推進室)

-- 登録:平成30年08月 --