平成30年7月豪雨で被災した子供たちのためのリフレッシュキャンプの実施について:文部科学省
ここからサイトの主なメニューです

平成30年7月豪雨で被災した子供たちのためのリフレッシュキャンプの実施について

平成30年8月2日

 独立行政法人国立青少年教育振興機構では、平成30年7月豪雨で被災した子供たちの心身の健康づくりとリフレッシュを目的として、被災県やその近隣県の国立青少年教育振興機構の施設において、リフレッシュキャンプを実施します。

(1)実施期間:平成30年8月17日~9月17日の期間中、1泊2日~2泊3日程度
(2)対象:平成30年7月災害で被害にあった小中学生
(3)受入施設:1 国立吉備青少年自然の家(※国立吉備青少年自然の家ウェブサイトへリンク)
          (岡山県加賀郡吉備中央町吉川4393-82)
         2 国立江田島青少年交流の家(※国立江田島青少年交流の家ウェブサイトへリンク)
          (広島県江田島市江田島町津久茂1-1-1) 
         3 国立室戸青少年自然の家(※国立室戸青少年自然の家ウェブサイトへリンク) 
          (高知県室戸市元乙1721)
(4)募集定員:計630人程度
(5)プログラム:ハイキング、自然観察、工作 等
  ※キャンプの詳細については、各施設にお問合せください。

 なお、被災地で災害支援ボランティアに取り組む際の宿泊場所や被災者を対象とした支援の取組(子供の居場所づくり等)の活動場所として、国立青少年教育施設を活用することができます。最新の空室情報・利用の手続き方法については、国立青少年教育振興機構ホームページ(※国立青少年教育振興機構ウェブサイトへリンク)を御覧いただくか、各施設にお問合せください。
 また、文部科学省における平成30年7月豪雨への対応を文部科学省ホームページに掲載しておりますので、御参照ください。(平成30年7月豪雨について

お問合せ先

生涯学習政策局青少年教育課

電話番号:03-5253-4111(内線2056)

独立行政法人国立青少年教育振興機構教育事業部企画課

電話番号:03-6407-7710

(生涯学習政策局青少年教育課)

-- 登録:平成30年08月 --