ここからサイトの主なメニューです

「グローバルアントレプレナー育成促進事業(EDGEプログラム)」採択課題事後評価結果について

平成30年3月27日

グローバルアントレプレナー育成促進事業(EDGEプログラム)採択課題に係る事後評価結果がまとまりましたのでお知らせいたします。

1.概要

本プログラムは、わが国におけるイノベーション創出の活性化のため、大学等の研究開発成果を基にしたベンチャーの創業や、既存企業による新事業の創出を促進する人材の育成と関係者・関係機関によるイノベーション・エコシステムの形成を目的としています。
平成26年度に13課題を採択し3年間の実施期間が終了したため、事後評価を実施しました。


2.評価結果



実施機関

課題

総合評価

東京大学 東京大学グローバルイノベーション人材育成促進事業

S

東京農工大学 起業実践プログラムによるイノベーションリーダーの育成

A

東京工業大学 チーム志向越境型アントレプレナー育成プログラム

A

滋賀医科大学 医・工・デザイン連携グローバルアントレプレナー育成プログラム(iKODEプログラム)の開発・実施

A

京都大学 GTEP(グローバル・テクノロジー・アントレプレナーシップ・プログラム)

S

大阪大学 「世界適塾」魁 ―World Tekijuku Groundbreakers―

A

奈良先端科学技術大学院大学 「モノのインターネット」分野でのグローバルアントレプレナー育成プログラム~Global Entrepreneurs in Internet Of Things (Geiot)

A

広島大学 ひろしまアントレプレナーシッププログラム

A

九州大学 九州大学グローバルイノベーション人材育成エコシステム形成事業

A

大阪府立大学 地域産学官連携型持続イノベーション・エコシステム拠点:科学技術駆動型イノベーション創出プレイヤー養成プログラム

A

慶應義塾大学 グローバルイノベーション人材育成連携プログラム

A

早稲田大学 WASEDA-EDGE人材育成プログラム~共創館イノベーション・エコシステムの構築~

S

立命館大学 イノベーション・アーキテクト養成プログラム

A



 

     ※総合評価:

 S(所期の計画を超えた取組が行われている)
 A(所期の計画と同等の取組が行われている)
 B(所期の計画を下回る取組であるが、一部で当初計画と同等又はそれ以上の取組もみられる)
 C(総じて所期の計画を下回る取組である)


詳細については以下のとおりです。

お問合せ先

科学技術・学術政策局 産業連携・地域支援課

課長補佐 竹之内 洋輔、専門職 高山 勇人
電話番号:03-5253-4111(代表)(内線:4199)
メールアドレス:edge@mext.go.jp

Adobe Readerのダウンロード(別ウィンドウで開きます。)

PDF形式のファイルを御覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、まずダウンロードして、インストールしてください。

(科学技術・学術政策局 産業連携・地域支援課)

-- 登録:平成30年03月 --