ここからサイトの主なメニューです

映画『坂道のアポロン』とタイアップ!夢を叶えて、また会おう ~ 将来の自分を見つけよう、キャリア教育 ~

平成30年2月20日

 文部科学省は、自分らしい生き方を実現するための力を育むキャリア教育を推進することを目的として、映画『坂道のアポロン』(3月10日(土曜日)公開、配給:東宝=アスミック・エース)とタイアップを行います。

 本企画の一環として、アスミック・エース株式会社の協力により、文部科学省の施策の啓発メッセージ「夢を叶えて、また会おう ~将来の自分を見つけよう、キャリア教育~」を掲載したポスターを作成し、全国の中学校、義務教育学校、高等学校、中等教育学校、特別支援学校、大学、短期大学、高等専門学校に配布します。

 映画では、父を亡くし長崎・佐世保へ引っ越してきた主人公が、転校先でのクラスメイトとの出会いをきっかけに、音楽を通じて孤独から救われ、一生ものの友情を手に入れるとともに、高校生活の中で起こる出来事や心の葛藤をきっかけに、自分の生き方を考え、将来の自分を見つけて歩んでいく姿が描かれた作品となっています。

 これは、文部科学省が推進する「キャリア教育」に関する施策を普及啓発する趣旨にも合っていると考えられます。

 文部科学省としては、本企画を通じて、子供たちに、将来、社会的・職業的に自立し、社会の中で自分の役割を果たしながら、自分らしい生き方を考えていくことの大切さを伝えていきたいと考えています。

【参考】

<タイアップ企画の内容>

○タイアップポスターの作成
全国の中学校、義務教育学校、高等学校、中等教育学校、特別支援学校、大学、短期大学、高等専門学校に各1枚 合計約2万枚を配布
〇特設サイトの作成 
キャリア教育に係る取組や、監督の三木孝浩さんへのインタビュー、将来の生き方を考える中・高校生へのメッセージ等を通じて、関連施策の普及啓発を図る。

<映画について>

映画『坂道のアポロン』
3月10日(土曜日)全国ロードショー!
監督:三木 孝浩
脚本:髙橋 泉
原作:小玉 ユキ「坂道のアポロン」(小学館「月刊flower」FCα刊)
出演:知念 侑李、中川 大志、小松 菜奈
真野 恵里菜/山下 容莉枝、松村 北斗(SixTONES/ジャニーズJr.)、野間口 徹
中村 梅雀、ディーン・フジオカ
内容:薫は転校先の高校で、誰もが恐れる不良の千太郎と、運命的な出会いを果たす。
荒々しい千太郎に不思議と薫は惹かれていき、やがて音楽で絆を深めていく。
二人で奏でる音楽はいつも最高だった。
しかしそんな幸せな青春は長くは続かなかった。
ある事件を境に、千太郎は二人の前から姿を消してしまい――。
孤独な青年が転校先の高校で、一生ものの友達と恋、そして音楽と運命を変える出会い、心の葛藤をきっかけに、将来の自分を見つけ自ら人生を切り開いていく10年を描いた作品。
配給:東宝=アスミック・エース
制作プロダクション:アスミック・エース株式会社、C&Iエンタテインメント株式会社
映画公式サイト:映画「坂道のアポロン」公式サイト
(C)2018 映画「坂道のアポロン」製作委員会、(C)2008 小玉ユキ/小学館

<担当>

【キャリア教育に関すること】

初等中等教育局児童生徒課
電話 03-5253-4111(内線4728)

【タイアップに関すること】 

大臣官房総務課広報室
電話 03-5253-4111(内線3603、2928)

お問合せ先

大臣官房総務課広報室

-- 登録:平成30年02月 --