ここからサイトの主なメニューです

研究開発段階の遺伝子組換え生物等の第一種使用規程の申請に係る学識経験者からの意見聴取会合(平成29年度第1回)の開催について

平成30年1月26日

「遺伝子組換え生物等の使用等の規制による生物の多様性の確保に関する法律」に係る第一種使用規程の申請等について、学識経験者からの意見を聴取するための会合を開催しますので、お知らせします。(同時発表:環境省)

1.背景

「遺伝子組換え生物等の使用等の規制による生物の多様性の確保に関する法律」に基づく第一種使用規程の申請について、主務大臣は生物多様性影響に関し学識経験者の意見を聴かなければならないこととされています。

2.日時

平成30年2月9日(金曜日) 10時00分~12時00分、13時30分~17時00分

3.場所

文部科学省東館17階 研究振興局会議室
(東京都千代田区霞が関3丁目2番2号)

4.議事

(1)研究開発段階の遺伝子組換え生物等の第一種使用規程承認申請書の検討について
 ・水利用効率改善交雑アスペン
  (AtGolS2, Populus tremula x P. tremuloides clone T89)
 ・グルテリンプロモーター誘導型 nfGluA2蓄積イネ
 (nfGluA2、2mALS, Oryza sativa L.)(OsNV3、OsNV8)
 ・グロブリンプロモーター誘導型 nfGluA2蓄積イネ
 (nfGluA2、2mALS, Oryza sativa L.)(OsNV2、OsNV4)
 ・シンク能改変イネ(IAA-Glucose hydrolase/TGW6 改変イネ系統)
 (Oryza sativa L. NIAS17-OSCas/CDA-TGW6-1)
 ・シンク能改変イネ(IAA-Glucose hydrolase/TGW6 改変イネ系統)
 (Oryza sativa L. NIAS17-OSCas/CDA-TGW6-2)
(2)その他

5.傍聴について

傍聴を希望される方は、2月7日(水曜日)の17時までに、電子メールで件名に「遺伝子組換え意見聴取会合の傍聴希望」と明記し、電子メール本文に(1)氏名、(2)所属、(3)連絡先(電話番号・電子メールアドレス)及び(4)会議冒頭の頭撮り希望の有無を記入の上、事務局(kumikae@mext.go.jp)へ登録してください。ただし、席に限りがあるため、傍聴希望の方が多数の場合には、先着順とします。その他、事務局からの指示があった場合には、これに従ってください。

お問合せ先

研究振興局ライフサイエンス課生命倫理・安全対策室

中西、太田桐
電話番号:03-5253-4111(内線4113)
メールアドレス:kumikae@mext.go.jp

(研究振興局ライフサイエンス課生命倫理・安全対策室)

-- 登録:平成30年01月 --