第7回「ものづくり日本大賞」(内閣総理大臣賞)受賞者の決定について:文部科学省
ここからサイトの主なメニューです

第7回「ものづくり日本大賞」(内閣総理大臣賞)受賞者の決定について

平成30年1月15日

経済産業省、国土交通省、厚生労働省、文部科学省は、第7回ものづくり日本大賞の内閣総理大臣賞受賞者を、別添資料のとおり決定しましたので、お知らせします。
なお、表彰式・祝賀会は、1月22日(月曜日)に開催する予定です。
(同時発表:経済産業省、国土交通省、厚生労働省)

概要

1.「ものづくり日本大賞」について

「ものづくり日本大賞」は、製造・生産現場の中核を担っている中堅人材や伝統的・文化的な「技」を支えてきた熟練人材、今後を担う若年人材など、「ものづくり」に携わっている各世代の人材のうち、特に優秀と認められる人材を顕彰するものです。
本賞は、経済産業省、国土交通省、厚生労働省、文部科学省が連携し、平成17年より隔年開催しており、今回で7回目を迎えます。
このたび、関係4省において、24件71名の内閣総理大臣賞受賞者(うち文部科学省関係は4件8名)を決定しました。

2.文部科学省関係の内閣総理大臣賞受賞者について

○文化を支えるものづくり分野
吉田 晴美(よしだ はるみ)(映画大道具製作者 有限会社吉田美術)
川嶋 一雄(かわしま かずお)(建造物修理技術者 特定非営利活動法人京都文化財建造物研究所)

○ものづくりの将来を担う高度な技術・技能分野(青少年部門)
【高等学校・中学校等クラス】
愛媛県立東予高等学校卒業(現 株式会社シマブンコーポレーション勤務)髙橋 真也(たかはし まさや)
【大学・高等専門学校・専門学校クラス】
東京工業高等専門学校 冨平 準喜(とみひら としき)、吉川 千里(よしかわ せんり)、瀧島 和則(たきしま かずのり)、小牧 瑛一(こまき えいいち)、丸 龍之介(まる りゅうのすけ)

(敬称略)

※受賞内容の詳細、その他受賞案件については別添資料を御覧ください。

本発表資料のお問い合わせ先

<文部科学省関係>
○文化を支えるものづくり
文化庁長官官房政策課 土居、三浦
電話:03-5253-4111(内線 2806)
 03-6734-2806(直通)

○ものづくりの将来を担う高度な技術・技能
【高等学校・中学校等クラス】
文部科学省初等中等教育局児童生徒課
産業教育振興室 堀内、萩尾
電話:03-5253-4111(内線 2904)
 03-6734-2904(直通)

【大学・高等専門学校・専門学校クラス】
文部科学省高等教育局専門教育課 辻、小野、野村
電話:03-5253-4111(内線 2485)
 03-6734-2485(直通)

<経済産業省関係>
経済産業省製造産業局ものづくり政策審議室
安藤、受田、高山、出口
電話:03-3501-1511(内線 3641)
 03-3501-1689(直通)
 
<国土交通省関係>
国土交通省土地・建設産業局建設市場整備課  河原
電話:03-5253-8111(内線 24844)
 03-5253-8282(直通)

<厚生労働省関係>
厚生労働省人材開発統括官付能力評価担当参事官室
三宅、海老澤
電話:03-5253-1111(内線 5968)
 03-3595-3378(直通)

お問合せ先

文化庁長官官房政策課

Adobe Readerのダウンロード(別ウィンドウで開きます。)

PDF形式のファイルを御覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、まずダウンロードして、インストールしてください。

-- 登録:平成30年01月 --