ここからサイトの主なメニューです

南極観測船 「しらせ」の昭和基地沖への接岸について

平成29年12月23日

このたび、南極観測船「しらせ」が、12月23日(土曜日)現地時間10時45分(日本時間16時45分)、昭和基地の沖合約500mの定着氷に到着し、昨年に続き昭和基地接岸を果たしましたので、お知らせします。

 第59次南極地域観測隊(土井第59次南極地域観測隊長)を乗せた南極観測船「しらせ」(宮﨑艦長)は、現地時間12月23日(土曜日)10時45分(日本時間12月23日(土曜日)16時45分)、昭和基地の沖合約500mの定着氷に到着し、昭和基地接岸(基地に桟橋はないため沖合の定着氷接岸)を果たしました。
 今シーズンは、航路上の氷厚は比較的薄く、往路ラミング回数27回でした。
南極地域観測隊は、一年間の越冬観測を支える燃料や物資、食糧などを昭和基地に搬入することとしており、予定どおりに輸送が完了すれば、2月下旬に第58次越冬隊と交代して第59次越冬隊が一年間の越冬観測を開始することになります。

※「昭和基地接岸」とは
 昭和基地内の貯油タンクへ燃料をパイプライン輸送するためのホース展張ができる沖合(東オングル島沖合約1km以内の定着氷)に「しらせ」が到着すること。

※「ラミング」とは
 勢いをつけて氷に乗り上げ、船体の重さで氷を砕いて進む砕氷行動のこと。

お問合せ先

南極地域観測統合推進本部事務局〔文部科学省研究開発局海洋地球課〕

土井(ドイ)、宮脇(ミヤワキ)
電話番号:03-5253-4111 (代表)(内線4144)、03-6734-4144 (直通)

(南極地域観測統合推進本部事務局〔文部科学省研究開発局海洋地球課〕)

-- 登録:平成29年12月 --