ここからサイトの主なメニューです

文部科学省「次世代学校支援モデル構築事業」及び総務省「スマートスクール・プラットフォーム実証事業(「スマートスクール・プラットフォーム」の標準化に向けた実証)」に係る提案公募開始について

平成29年7月4日

1.事業の概要

文部科学省及び総務省が実施する以下2事業を、一体的に行う実証地域を公募します。


(1)文部科学省「次世代学校支援モデル構築事業」
 校務の情報を児童生徒の学習記録データ(学習履歴や学習成果物等の授業・学習の記録)等と有効につなげ、可視化することを通じ、教員による学習指導や生徒指導等の質の向上や学級・学校運営の改善に資することを目的とした実証を行うもの。
 なお、本事業への応募に当たっては、以下(2)に示す、総務省「スマートスクール・プラットフォーム実証事業(「スマートスクール・プラットフォーム」の標準化に向けた実証)」へ応募し、両事業間において連携を取ること。


(2)総務省「スマートスクール・プラットフォーム実証事業(「スマートスクール・プラットフォーム」の標準化に向けた実証)」
 児童生徒や教職員が教室、家庭等で授業や自己学習に利用する「授業・学習系システム」と、教職員が職員室等で出欠管理や成績評価等に利用する「校務系システム」との間の安全かつ効率的な情報連携と、当該連携により生成されるデータの効果的活用を実現するシステム(スマートスクール・プラットフォーム)について実証を行うもの。


2.事業計画書の提出

(1)提出期限

  平成29年8月4日(金曜日)(14時必着)まで

 

(2)様式、提出方法等

文部科学省及び総務省のホームページにおいて公開している「公募要領」等を参照して下さい。

お問合せ先

生涯学習政策局情報教育課

課長補佐 松本、学習情報係 窪田、坂本
電話番号:03-5253-4111(内線3263)、03-6734-3263(直通)

-- 登録:平成29年07月 --