ここからサイトの主なメニューです

おおいたメディカル・ロボット関連産業イノベーション推進地域

(1)地域イノベーション戦略の概要
○イノベーション推進協議会:大分地域イノベーション推進協議会
○総合調整機関:公益財団法人大分県産業創造機構
○協議会構成機関:一般社団法人大分県工業連合会、国立大学法人大分大学、大分県、株式会社大分銀行、株式会社豊和銀行、公益財団法人大分県産業創造機構
○地域イノベーション戦略のテーマ:
大分の強みを活かしたライフ&ロボット関連のイノベーション創出による地域の活性化。
○地域イノベーション戦略の概要:
東九州メディカルバレーによる産学官連携をより強化し、医療機器だけでなく、診断・治療機器、福祉機器関連産業へと領域を広げこれまでにない発想と次世代の医療・福祉分野を見据えた、機器の開発・製品化を目標とする。3つの課題を掲げ、集積する研究者や地元企業と協力し、5年後の実用化を目標とする。医学・工学両方の知識を兼ね備えた人材の育成を行うと同時に、知のネットワークの構築等により、研究開発の加速化を図る。
(2)総評
本地域では、東九州メディカルバレー構想実現のため、医療や介護、福祉関連機器の研究開発を実施しており、総合調整機関や県が活発に活動し、医療関係者の交流や研究シーズと医療機関のニーズのマッチングを行うためのセミナーや臨床医療現場の見学、意見交換会など様々な取組が実施されている点は評価できる。
なお、当初設定した目標については、ある程度の進捗はみられるものの、事業化件数や査読論文数等は目標値を下回っており、そうした状況を踏まえると、製品化・事業化の実現までにはまだ時間を要するものと考えられる。
また、活動資金の規模に対して多様な課題が挙げられていることから、これまでの取組状況も踏まえつつ、中核となる機関による強力なリーダーシップの発揮の下で、研究開発対象を絞ったうえで地域の特性を活かした産業構造を目指すなど、選択と集中を意識した計画の練り直しについて検討することが求められる。


(3) 項目別評点結果

総合評価

B

地域イノベーション戦略の進捗

目標の達成状況

B

産学官連携による地域イノベーション活動

B

事業推進体制

都道府県等の主体性及び総合調整機能

B

参画機関の構成

B

国内外の動向調査

C

自立化に向けた資金確保


B


お問合せ先

科学技術・学術政策局産業連携・地域支援課

課長 坂本 修一
電話番号:03-5253-4111(内線3893)、03-6734-4196(直通)
ファクシミリ番号:03-6734-4172
メールアドレス:tiiki@mext.go.jp

(科学技術・学術政策局産業連携・地域支援課)

-- 登録:平成29年03月 --