ここからサイトの主なメニューです

とやまナノテクコネクト・コアコンピタンスエリア

(1) 地域イノベーション戦略の概要
○ イノベーション推進協議会:とやまナノテクコネクト推進協議会
○ 総合調整機関:公益財団法人富山県新世紀産業機構
○ 協議会構成機関:一般社団法人富山県アルミ産業協会、一般社団法人富山県機電工業会、一般社団法人富山県繊維協会、富山県プラスチック工業会、一般社団法人富山県薬業連合会、公立大学法人富山県立大学、国立大学法人富山大学、独立行政法人国立高等専門学校機構富山高等専門学校、富山県、高岡信用金庫、富山信用金庫、株式会社富山第一銀行、株式会社北陸銀行、公益財団法人富山県新世紀産業機構
○ 地域イノベーション戦略のテーマ:
とやまナノテクコネクト・コアコンピタンスエリア
○ 地域イノベーション戦略の概要:
富山県の第2次産業は、金属・加工、機械・電子、プラスチック・繊維、化学・医薬・バイオなど幅広い産業の拡がりがあり、それぞれが高度なコア技術を醸成し北陸地域有数の工業集積地を形成してきた。この基盤をもとに優れた人材を育成・活用して、「ナノテク技術とコア技術の融合化」(ナノテクコネクト)プログラムを戦略的に推進し、産学官連携・異業種交流を加速して、革新的ものづくりのコアコンピタンスエリアを形成する。

(2) 総評
本地域の有するナノテクノロジー技術とコア技術の融合化によるイノベーション創出に向け、県の積極的な活動の下で研究開発やフォーラム、セミナー、人材育成等の多岐にわたる活動が展開されてきており、特許等出願件数やベンチャー創出数等に係る指標で未達成の目標もあるが、現時点では設定した目標についてはおおむね達成される見込みである。
本地域では以前より富山県工業技術センターや大学の研究機能を地元の企業に開放し、企業を迎え入れ、産学官のコラボレーションを誘発・発展させる取組を行ってきていることがこのような結果に結びついてきていると考えられる。
一方、現時点では民間資金の導入は多くはなく、社会実装、売上等の経済的なアウトプットについては改善の余地があることから、今後は自立化も見据え、民間企業からの活動資金の積極的な調達が必要である。あわせて、富山県のみに閉じたプロジェクトではなく、他地域との連携を含めたイノベーション戦略の展開を期待したい。 


(3) 項目別評点結果

総合評価

A

地域イノベーション戦略の進捗

目標の達成状況

A

産学官連携による地域イノベーション活動

A

事業推進体制

都道府県等の主体性及び総合調整機能

A

参画機関の構成

A

国内外の動向調査

A

自立化に向けた資金確保


B


お問合せ先

科学技術・学術政策局産業連携・地域支援課

課長 坂本 修一
電話番号:03-5253-4111(内線3893)、03-6734-4196(直通)
ファクシミリ番号:03-6734-4172
メールアドレス:tiiki@mext.go.jp

(科学技術・学術政策局産業連携・地域支援課)

-- 登録:平成29年03月 --