ここからサイトの主なメニューです

とくしま「健幸」イノベーション構想推進地域

(1) 地域イノベーション戦略の概要
○ イノベーション推進協議会:とくしま「健幸」イノベーション推進協議会
○ 総合調整機関:公益財団法人とくしま産業振興機構
○ 協議会構成機関:大塚製薬株式会社、徳島県商工会議所連合会、徳島県商工会連合会、徳島県中小企業団体中央会、国立大学法人徳島大学、学校法人村崎学園徳島文理大学、徳島県、地方独立行政法人徳島県鳴門病院、株式会社阿波銀行、株式会社徳島銀行、公益財団法人とくしま産業振興機構
○ 地域イノベーション戦略のテーマ:
徳島糖尿病研究開発イノベーションの創出による糖尿病克服と健康・長寿社会の実現
○ 地域イノベーション戦略の概要:
糖尿病という「徳島ならでは」の研究シーズと産業ポテンシャル等を生かし「産学官金」が連携したイノベーションエコシステムを構築・運用して、持続的な地域イノベーションを創出、世界からヒト・モノ・カネが集まる「糖尿病克服先進地域」の形成を加速させることにより、糖尿病の克服を通じた健康長寿社会の実現と、新産業創出による地域経済の活性化を図る。

(2) 総評
県知事の強力なリーダーシップのもと糖尿病撲滅を推進している地域の背景を取り込みながら、多種多様なイノベーション創出に向けた活動が行われている。世界レベルの製薬企業や地元企業、本構想に特化したベンチャー企業、専門科目をもつ大学等が参画するとともに、県の強力なバックアップのもと、県民運動による意識醸成や地域の有力なファンドの参画を図るなど、効果的な産学官連携が図られている。今後の自立化に向けて、民間企業からの資金確保等も順調に推移している。
今後は、国際競争力強化地域として、糖尿病研究開発イノベーション創出に向け、地域内完結型ではなく、全国・海外の大学・研究機関・民間企業等とも連携を深め、オールジャパンでの体制構築も期待したい。

(3) 項目別評点結果

総合評価

A

地域イノベーション戦略の進捗

目標の達成状況

A

産学官連携による地域イノベーション活動

A

事業推進体制

都道府県等の主体性及び総合調整機能

A

参画機関の構成

A

国内外の動向調査

A

自立化に向けた資金確保


A


お問合せ先

科学技術・学術政策局産業連携・地域支援課

課長 坂本 修一
電話番号:03-5253-4111(内線3893)、03-6734-4196(直通)
ファクシミリ番号:03-6734-4172
メールアドレス:tiiki@mext.go.jp

(科学技術・学術政策局産業連携・地域支援課)

-- 登録:平成29年03月 --