ここからサイトの主なメニューです

「科研費改革の実施方針」の改定について

平成29年1月27日

  このたび、科学技術・学術審議会学術分科会からの提言等を踏まえ、科学研究費助成事業(科研費)の改革についての基本的な考え方・工程を定めた「科研費改革の実施方針」を改定いたしましたので、お知らせします。

  科研費は、全分野にわたり、研究者個人の自由な発想に基づく学術研究を助成する競争的資金です。
  文部科学省においては、平成27年9月に「科研費改革の実施方針」を定め、1. 審査システムの見直し、2. 研究種目・枠組みの見直し、3. 柔軟かつ適正な研究費使用の促進を柱とした改革の基本的な考え方・工程を定め、総合的な取組を進めています。
  このたび、本年1月17日の科学技術・学術審議会学術分科会においてまとめられた提言をはじめ、第5期科学技術基本計画の策定を踏まえた情勢変化、これまでの改革の進捗等を踏まえ、学術分科会の議を経て「科研費改革の実施方針」を改定いたしました。
  今後、文部科学省においては、当該方針に基づき、科研費制度の充実・発展に取り組んでまいります。

<担当>                                               
研究振興局学術研究助成課                 
企画室長          石田    雄三                
企画室長補佐   高見沢  志郎               
企画係長          工藤    駿                   
電話:03-5253-4111(代表)(内線4327)  
FAX :03-6734-4093                           

【別添資料】

お問合せ先

研究振興局学術研究助成課

企画係

Adobe Readerのダウンロード(別ウィンドウで開きます。)

PDF形式のファイルを御覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、まずダウンロードして、インストールしてください。

-- 登録:平成29年01月 --