ここからサイトの主なメニューです

「女性の学び応援フェスタinTOKYO」の開催について

平成29年1月16日

文部科学省では、女性の学びとその実践を通して、起業や再就職、地域活動への参画などに取り組んでいる個人・団体等がつどい、今後のさらなる活躍に向け、活動発表や交流を行うことを目的に「女性の学び応援フェスタ」を開催いたします。
特に、「女性の学び応援フェスタinTOKYO」では、女性の「学び」を支援する取組の中からグッド・プラクティスを収集・分析し、その調査から見えてきた結果を紹介します。さらに、先進事例としてノルウェーの女性エンパワーメントのための教育プログラムについて事例を聞きながら、日本で具体的にどう展開できるか語り合います。

1.概要

開催日時

平成29年2月19日(日曜日)12時00分から18時00分まで


会場

東京ウィメンズプラザ(東京都渋谷区神宮前5-53-67)


主催

文部科学省


後援

内閣府男女共同参画局

2.内容・プログラム


12時00分から

ポスターセッションPart1(展示)

学びがきっかけとなった活動団体、女性の活躍を支援している団体など20組の活躍をポスターで紹介します。

12時30分から

あいさつ・ポスターセッション参加団体の紹介

12時55分から

【第1部】グッド・プラクティス(好事例)から見えてきたもの

「グッド・プラクティス調査報告」ダイジェスト版
グッド・プラクティス取組事例紹介

全国女性会館協議会グッド・プラクティスワーキングチームの進行により、グッド・プラクティスの調査から見えてきた成果を中心に取り上げます。


<コーディネーター>
納米恵美子氏(全国女性会館協議会代表理事)


<事例紹介者>
とよなか男女共同参画推進センター
世田谷区男女共同参画センター
特定非営利活動法人女性の安全と健康のための支援教育センター


<調査報告者>
瀬山紀子氏(全国女性会館協議会常任理事)

14時20分から

ポスターセッションPart2(展示)

15時00分から

【第2部】女性活躍先進国や民間企業から学ぶ女性の力の引き出し方

第1部の成果を受け、第2部では女性のエンパワーメントの好事例として、ノルウェーで取り組んできたトレーニングプログラムを紹介し、日本の女性たちに必要な支援のあり方や組織の取組について鼎談します。


 <登壇者>
大槻奈巳氏(聖心女子大学キャリアセンター長人間関係学科教授)
木村さち子氏(ノルウェーに学ぶ会代表)
宮原淳二氏(株式会社東レ経営研究所ダイバーシティ&ワークライフバランス推進部長)

17時00分から18時00分まで

交流会



3.申込み方法

(1)一般参加者

参加申込書に必要事項を記入の上、下記問い合わせ先までファックス、メール、郵送のいずれかの方法でお申し込みください。
【参加申し込み先問い合わせ】
特定非営利活動法人全国女性会館協議会
〒105-0011
東京都港区芝公園2-6-8日本女子会館ビル内
電話:03-6426-1700
ファックス:03-6426-1701
メール:info@j-kaikan.jp


【定員】100名(事前申込制)
※定員になり次第締め切りとさせていただきます。


(2)報道関係者
メールにてdanjo@mext.go.jpまで御連絡ください。その際メールの件名は「女性の学び応援フェスタ取材希望」とし、以下の内容を、平成29年2月15日(水曜日)までに御連絡ください。
(1)氏名
(2)所属又は職業
(3)連絡先(お送りいただいたメールアドレスと異なる場合)
(4)撮影希望の有無
※入場の際には、社名入りの腕章を携帯願います。また、撮影に当たっては、文部科学省担当者の指示に従っていただきますようお願いします。(留意事項については、別途御連絡します。)

「女性の学び応援フェスタinTOKYO」参加申込書

お問合せ先

生涯学習政策局男女共同参画学習課

男女共同参画推進係
電話番号:03-5253-4111(内線2654)

Adobe Readerのダウンロード(別ウィンドウで開きます。)

PDF形式のファイルを御覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、まずダウンロードして、インストールしてください。

(生涯学習政策局男女共同参画学習課男女共同参画推進係)

-- 登録:平成29年01月 --