ここからサイトの主なメニューです

映画『聲(こえ)の形』とタイアップ!~ 勇気をもって 心の声を伝えよう ~

平成28年9月2日

 文部科学省は、いじめや自殺防止、インクルーシブ教育システムの構築や障害者理解を普及啓発することを目的として、映画『聲の形』(9月17日(土曜日)公開、配給:松竹株式会社)とタイアップを行います。

 本企画の一環として、松竹株式会社の協力により、施策の啓発メッセージ「勇気をもって 心の声を伝えよう」を掲載したポスターを作成し、全国の小学校、中学校、義務教育学校、高等学校、中等教育学校、及び特別支援学校に配布するほか、映画「聲の形」×文部科学省特設サイトを本日公開します。

 映画では、主人公の少年が、転入してきた聴覚障害者である少女に好奇心を持ち、あるきっかけから自分自身がクラスから孤立してしまうものの、5年の時を経て、少女との再会をきっかけに過去の過ちへの償いを試み、少女をはじめ当時のクラスメイトとも向き合い、理解し認め合っていく様子が描かれています。

 これは、文部科学省の施策である、いじめや自殺防止、インクルーシブ教育システムの構築や障害者理解を普及啓発する趣旨にも沿っていると考えられます。

 文部科学省としては、学校において、障害のある子供と障害のない子供とが可能な限り共に教育を受けられるような環境整備を進めています。また、例年、夏休み明けには、子供の自殺が増加する時期でもあり、本企画を通じて、子供たちが正面から向き合うこと、お互いを理解し合い、相手を受け入れることの重要性について伝えていくことにより、これら施策の普及啓発を図りたいと考えています。

映画『聲(こえ)の形』とのタイアップポスター

【参考】

<タイアップ企画の内容>

  • タイアップポスターの作成(全国の小学校、中学校、義務教育学校、高等学校、中等教育学校及び特別支援学校に各2枚 合計約8万枚を配布)
  • 特設サイトの作成(本日公開) 映画「聲の形」×文部科学省特設サイト

<映画「聲の形」について>

  • 製作:映画聲の形製作委員会、配給:松竹株式会社
  • 原作:大今良時氏(週刊少年マガジン掲載(平成25~26年))
  • 監督:山田尚子氏(第18回(平成26年)文化庁メディア芸術祭アニメーション部門新人賞受賞)
  • 聴覚障害のある少女と、クラスで孤立してしまった少年たちが過去と向き合い、理解し合っていく様子が描かれており、掲載後に10代の少年少女を中心に大きな反響を呼び、読者アンケート1位の獲得や、手塚治虫文化賞新生賞など数々の賞を受賞。幅広い層に支持され、全7巻の累計発行部数は300万部を突破
  • 映画公式サイト:映画「聲の形」公式サイト

<担当>

【いじめ等の子供のSOSに関すること】

初等中等教育局児童生徒課
電話 03-5253-4111(内線2905)

【特別支援教育に関すること】

初等中等教育局特別支援教育課
電話 03-5253-4111(内線3193)

【タイアップに関すること】

大臣官房総務課広報室
電話 03-5253-4111(内線3603、2928)

お問合せ先

大臣官房総務課広報室

-- 登録:平成28年09月 --