ここからサイトの主なメニューです

東北マリンサイエンス拠点形成事業国際シンポジウム「International Symposium on Restoration after Great East Japan Earthquake –Our Knowledge on the Ecosystem and Fisheries-」の開催について

平成28年2月22日

文部科学省が実施している東北マリンサイエンス拠点形成事業に関して、平成28年3月2日(水曜日)~4日(金曜日)に標記シンポジウムを開催しますので、お知らせします。

開催要旨

  東北マリンサイエンス拠点形成事業および文部科学省は、東北マリンサイエンス拠点形成事業国際シンポジウム「International Symposium on Restoration after Great East Japan Earthquake –Our Knowledge on the Ecosystem and Fisheries-」を下記のとおり開催いたします。
  本事業では、漁業の復興支援のために、東北大学、東京大学大気海洋研究所、海洋研究開発機構が中心となり、全国の大学や研究機関の研究者によるネットワークとして「東北マリンサイエンス拠点」を構築し、地元自治体や関係省庁、漁業関係者等と連携しつつ、東北沿岸域からその沖合海域における海洋生態系の調査研究を実施しています。
  本シンポジウムは事業の成果を世界に向けて発信し、今後のより良い方向性を議論していくために開催するものです。講演(15 件)とポスター発表(45 件)からなります。

開催概要

    1.日時:平成28年3月2日(水曜日)~4 日(金曜日)
    2.プログラム:下記参照
    3.場所: 東京大学農学部弥生講堂(定員300名)
           東京都文京区弥生1-1-1
    4.入場料:無料(事前登録制)
    5.主催:東北マリンサイエンス拠点形成事業(東京大学大気海洋研究所、東北大学、海洋研究開発機構)、文部科学省
    6.後援:宮城県、岩手県、女川町、大槌町
   7.参加申込方法:以下の本シンポジウムウェブサイトよりお申込み下さい。
       International Symposium on Restoration after Great East Japan Earthquake –Our Knowledge on the Ecosystem and Fisheries-(※International Symposium on Restoration after Great East Japan Earthquakeウェブサイトへリンク)

プログラム

3月2日----------------------------------------
9時00分- 開会式    
 保立和夫  東京大学理事・副学長
森晃憲  文部科学省研究開発局審議官
渡部終五 日本学術会議会員、日本水産学会会長、北里大学教授
Part1 近年の地震と津波の全体像 Overview of the recent earthquake and tsunami

9時30分-  地震と津波の原因とメカニズム Cause and mechanism of the earthquake and tsunami
   古村孝志 東京大学地震研究所 
10時00分-  津波による東北沿岸域の損害Tsunami damages to the nearshore and onshore environments at Tohoku area
     後藤和久 東北大学災害科学国際研究所
10時30分-  スマトラ島沖地震によるタイ生態系の被害Damages to the ecosystem in Thailand by 2004 Indian Ocean Earthquake
     Suchana Apple CHAVANICH タイ、チュラロンコン大学海洋科学部
11時00分- スリランカにおける海洋生態系の現況と保全
Coastal and marine ecosystems of Sri Lanka: present status and conservation related issues
         M. F. M. FAIROZ スリランカ海洋大学水産海洋科学部
11時30分-  漁業被害とTEAMSの概要 Damages to the fisheries and concept of TEAMS 
     木島明博 TEAMS代表・東北大学大学院農学研究科
13時00分-15時30分  ポスターセッション(弥生講堂アネックス)
Part2.  生態系の回復過程 Recovery of the ecosystems after the damages
15時30分- 漂泳生態系の回復  Recoveries of pelagic ecosystems
         福田秀樹 東大大気海洋研究所
16時00分-  底生生態系の回復 Recoveries of the benthic ecosystem
     河戸勝 海洋研究開発機構
16時30分-  岩礁生態系の回復 Recoveries of rocky shore ecosystems
         河村知彦 東大大気海洋研究所
17時00分-  干潟生態系の回復 Recoveries of tidal flat ecosystems after the 2011 earthquake and tsunami
       大越和加 東北大学農学研究科


3月3日 ----------------------------------------
Part 3. TEAMSの漁業復興への貢献 Contribution of TEAMS to the rebuilding of fisheries
9時00分-  津波が大槌湾のサケ母川回帰に与えた影響
Impact of the tsunami on homing of chum salmon, Oncorhynchus keta, in the Otsuchi Bay
         野畑重教 東大大気海洋研究所
9時30分-  新しい短期養殖システム Development of new short-term aquaculture system
         吾妻行雄 東北大学農学研究科
10時00分-  雄勝湾におけるホタテ養殖漁業の環境収容力
Fisheries-based evaluation of carrying capacity for scallops in Ogatsu Bay
         尾定誠 東北大学農学研究科
11時30分-  ハビタットマッピング Habitat mapping
       山北剛久 海洋研究開発機構
12時00分-  生態系モデル Ecosystem modeling
     田中潔 東大大気海洋研究所
12時30分-  TEAMSデータと情報公開 TEAMS database and information publishing
        細野隆史 海洋研究開発機構

14時00分- Part 4. 総合討論
1) 漁業の現状 Current status of fisheries in the area 
黒倉寿 東大農学生命科学研究科

2) 社会のための科学: TEAMS活動がもたらす回復力
Science in, with and for society: TEAMS activities give essential “resilience” to society !
北里洋 海洋研究開発機構
3) 総括コメント
Peter BURKILL 海洋研究科学委員会会長Scientific Committee on Oceanic Research(SCOR)
  次いで、災害科学の将来についての総合討論

3月4日 ----------------------------------------
9時00分-13時00分 Part 5. 海外の参加者とTEMAS主要研究者によるTEAMSおよび関連科学の将来についての議論(非公開)
・議題:TEAMSの評価、同様の研究の海外での例と考察、関連する科学の重要性とその将来の方向性、 国際的な連携のあり方、人材育成等
・海外からの主な参加予定者
    Peter Burkill    President, Scientific Committee on Oceanic Research(SCOR), UK
    Suchana Apple Chavanich    Reef Biology Research Group Chulalongkorn University, Thailand
    M F M Fairoz   Academic Head/ Faculty of Fisheries & Marine Sciences, Ocean University of Sri Lanka,
    Yves Henocque    Ifremer, France
    A'an Johan Wahyudi    Indonesian Institute of Sciences (LIPI)

本シンポジウム及び取材に関するお問い合わせ

本シンポジウムに関するお問合せ

東京大学大気海洋研究所 木暮一啓
電話:04-7136-6160 FAX 04-7136-6160 Mail:teams@aori.u-tokyo.ac.jp

取材に関するお問合わせ

・取材を希望される場合には、可能な限り2月26日(金曜日)17 時までに以下の連絡先までご登録ください。
・報道関係者の取材は、原則として1社1名とさせていただきます。
・当日、資料配布のみを希望される場合にも、事前にご登録ください。
・本シンポジウムの撮影、録画、録音を希望する方は事前にご相談願います。

お問合せ先

研究開発局海洋地球課

東北マリンサイエンス拠点形成事業担当
電話番号:03-5253-4142
メールアドレス:kaiyou@mext.go.jp

-- 登録:平成28年02月 --