ここからサイトの主なメニューです

平成28年3月高等学校卒業予定者の就職内定状況(平成27年10月末現在)に関する調査について

平成27年12月11日

 文部科学省では、高校生の就職問題に適切に対処するための参考資料を得るために、平成28年3月高等学校卒業予定者の就職内定状況を調査し、このほど、平成27年10月末現在の状況を取りまとめましたので、公表いたします。

1.調査内容

(1)調査対象
 国立、公立、私立の高等学校(全日制・定時制)
(2)調査項目
 学科別(国立、公立、私立の別)の就職内定状況
 都道府県別(県内・県外別)の就職内定状況

2.調査結果の概要

(1)就職内定率(全体)
 就職内定率(就職希望者に対する就職内定者の割合)は、73.4%で、前年同期から2.3ポイント上昇
 ※10月末時点における就職内定率としては、平成6年度以来20年ぶりに70%を超えた昨年度(71.1%)を上回る値。

(2)男女別
 男子:74.8%(前年同期比 1.9ポイント増)
 女子:71.2%(前年同期比 2.9ポイント増)

(3)学科別
 就職内定率の高い順に、「工業」86.9%、「商業」78.5%、「農業」77.5%、「福祉」75.9%、「家庭」75.2%、「水産」74.1%、「看護」72.6%、「総合学科」72.1%、「情報」68.1%、「普通」59.8%
 ※「その他」の学科は除く。また、「看護」に関する学科は看護師5年一貫課程が主となるため、5年課程5年次の就職内定率を示している。

(4)都道府県別
 内定率の高い県:富山県 87.2%、愛知県 86.2%、島根県 85.4%、福井県 84.9%、岐阜県 84.4%
 内定率の低い県:沖縄県 40.7%、北海道 55.6%、福岡県 65.3%、東京都 65.8%、高知県 66.7%

(5)被災3県の就職内定率
 岩手県 81.2%(前年同期比0.2ポイント増)
 宮城県 67.5%(前年同期比0.2ポイント減)
 福島県 79.0%(前年同期比2.8ポイント増)

お問合せ先

初等中等教育局高校教育改革プロジェクトチーム

電話番号:03-5253-4111(代表)(内線4728)

Adobe Readerのダウンロード(別ウィンドウで開きます。)

PDF形式のファイルを御覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、まずダウンロードして、インストールしてください。

(初等中等教育局高校教育改革プロジェクトチーム)

-- 登録:平成27年12月 --