ここからサイトの主なメニューです

「官民協働学習支援プラットフォーム」創設に向けた検討の開始について~ICTを活用した学習環境整備支援~

平成27年10月30日

文部科学省は、ひとり親や多子世帯など、子供たちが置かれている状況にかかわらず、子供たちに必要な学習環境を整備するため、「官民協働学習支援プラットフォーム」を創設すべく、ICT CONNECT 21(みらいの学び共創会議)と連携した検討を開始しますので、お知らせいたします。

概要

 文部科学省では、子供の貧困対策に関する大綱(平成26年8月29日閣議決定)なども踏まえ、大学生や元教員など、地域住民の協力による、原則無料の学習支援(地域未来塾)などの取組によって、NPOやフリースクール等と各自治体との連携を促進するなど、子供の状況に配慮した支援の充実を図ることとしています。

 このたび、本年8月にとりまとめられた「ひとり親家庭・多子世帯等の自立応援プロジェクト」の「施策の方向性」を受けて、ひとり親や多子世帯など、子供たちが置かれている状況にかかわらず、子供たちに必要な学習環境を整備する観点から、ICTを活用した教材の効果的な活用や学習環境の整備を図るための「官民協働学習支援プラットフォーム」の創設に向け、ICT CONNECT 21と連携した検討を開始することといたしました。

 今後、来年4月のプラットフォーム立ち上げを目指し、ICT CONNECT 21が立ち上げたタスクフォースの検討に参画するとともに、文部科学省としても、各自治体のニーズ調査等を行っていく予定です。

 ※ICT CONNECT21のプレスリリースにつきましては、下記ウェブサイトをご覧ください
ICTの活用により子供の学習を支援する「官民協働学習支援プラットフォーム」創設に向けたタスクフォースを設立(※ICT CONNECT21ウェブサイトへリンク)

お問合せ先

生涯学習政策局情報教育課<官民協働学習支援プラットフォーム担当>

松本(マツモト)、塩野(シオノ)
電話番号:03-5253-4111(代表)(内線:2940)、03-6734-2085(直通)

生涯学習政策局参事官(連携推進・地域政策担当)付<子供の貧困対策担当>

野口(ノグチ)、初鹿(ハツシカ)
電話番号:03-5253-4111(代表)(内線:3406)、03-6734-3276(直通)

Adobe Readerのダウンロード(別ウィンドウで開きます。)

PDF形式のファイルを御覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、まずダウンロードして、インストールしてください。

-- 登録:平成27年10月 --