ここからサイトの主なメニューです

第3回日米オープン・フォーラムの開催について

平成27年9月28日

平成27年10月6日(火曜日)、三田共用会議所において、第3回日米オープン・フォーラムが開催されますので、お知らせします。
(同時発表:外務省)

1 開催趣旨

このフォーラムでは、「日米科学技術協力の将来―世界の人々に豊かな生活をもたらすための科学の発展の在り方と日米の果たすべき役割」をテーマに、日米が今後進めるべき科学技術協力の方途について、将来性の高い医療関連分野及びデータ分野を中心に日米両国の政府関係者と学術及び産業界を代表する科学関係者が議論します。

第3回日米オープン・フォーラム(※国立研究開発法人科学技術振興機構参加登録専用ウェブサイトへリンク)

参考
日米オープン・フォーラムは、日米科学技術協力協定の下で行われる合同委員会の機会に合わせて、政府関係者と学術及び産業界を代表する科学関係者が日米両国の共通関心事項について議論するために公開で行われるイベントで、政府間で行われる合同委員会の内容を補完しようとするもの。初回は平成25年に米国ワシントンで行われ、第2回は平成26年7月に日本で開催。

 

2 主な登壇予定者等

開会挨拶
下村博文 文部科学大臣
ジョン・ホルドレン 科学技術担当大統領補佐官

パネル・ディスカッション
(日本側)
松本紘 国立研究開発法人理化学研究所理事長
岸輝雄 外務省参与(外務大臣科学技術顧問)
小宮山宏 株式会社三菱総合研究所理事長
桜田一洋 ソニーコンピュータサイエンス研究所上席研究員
(米国側)
マルシア・マクナット 米Science誌編集長(米国科学振興協会(AAAS))
ヴォーン・トレキアン 国務長官科学技術顧問
ヘンリー・マキネル ムーディーズ社会長
レベッカ・カイザー 米国国立科学財団(NSF)国際科学・工学局長
(モデレーター)濵口道成 科学技術振興機構理事長(※10月1日就任予定)

3 取材について

取材につきましては、別添の取材要領を御参照ください。

お問合せ先

科学技術・学術政策局科学技術・学術戦略官(国際担当)付

宮原、福田
電話番号:03-5253-4111(代表)(内線3987、4057)

Adobe Readerのダウンロード(別ウィンドウで開きます。)

PDF形式のファイルを御覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、まずダウンロードして、インストールしてください。

(科学技術・学術政策局科学技術・学術戦略官(国際担当)付)

-- 登録:平成27年09月 --