ここからサイトの主なメニューです

子ども霞ヶ関見学デー「ESDトークショー」の開催について(平成27年度)

平成27年7月8日

このたび、子ども霞が関見学デーにおけるイベントとして、平成27年7月30日(木曜日)に、日本ユネスコ国内委員会広報大使であるさかなクンをお招きし、「ESDトークショー」を開催することとなりましたのでお知らせします。
※ESDは、Education for Sustainable Development(持続可能な開発のための教育)の略です。

1.開催日時

平成27年7月30日(木曜日)15時00分~15時30分

2.開催場所

文部科学省「情報ひろば ラウンジ」(東京都千代田区霞が関3-2-2 旧文部省庁舎1階)

3.出演者

○さかなクン(東京海洋大学客員准教授)

4.プログラム内容

(1)さかなクンによるESDの取組紹介
(2)さかなクンによるお魚クイズ
※当日の様子は、後日文部科学省HP等で公開いたします。

5.取材等について

(1)本トークショーは公開とし、会場にはプレス用の取材席を設けます。
(2)取材を希望される方は、7月29日(水曜日)17時までに下記担当宛て、メール又はFAXにて氏名、所属機関、連絡先(電話・FAX)、撮影・録画方法(スチール・ムービー)・録音希望の有無を明記の上、登録をお願いします。
(3)取材当日は、文部科学省担当官の指示に従ってください。
(4)取材当日は、身分証明書を持参し、必ず社名入りの腕章を着用してください。
(5)都合により、日程、内容・プログラム、出演者等について、予告なく中止または変更する場合があります。

参考

■日本国内ユネスコ委員会広報大使とは
広く世間にユネスコ活動を普及し、ユネスコの理念を浸透させることを目的として任命。

【主な活動内容】
・ユネスコ活動の普及、促進のための各種メディアにおける広報
・ユネスコ関連のパンフレットなどへのコメント、顔写真等の掲載、イベントへの参加 等

■ESDとは  ~今日よりいいアースへの学び~
ESDは、Education for Sustainable Development(持続可能な開発のための教育)の略です。ESDとは、現代社会における地球規模の課題(環境・貧困・人権・平和・開発 等)を自らの問題として捉え、身近なところから行動をおこす力を身につける(think globally, act locally)ことにより、それらの課題の解決につながる新たな価値観や行動を生み出すこと、持続可能な社会を創造していくことを目指す学習や活動です。2002年の「持続可能な開発に関する世界首脳会議(ヨハネスブルグ)」で我が国がESDの重要性を提唱し、これを受け、同年、国連第57回総会決議により、2005年から2014年までの10年を「国連ESDの10年」とし、ユネスコが主導機関に指名されました。
また、2014年には、持続可能な開発のための教育(ESD)に関するユネスコ世界会議が開催され、ESDの更なる推進方策について議論されました。

お問合せ先

国際統括官付

ユネスコ振興推進係
電話番号:03-6734-2602
ファクシミリ番号:03-6734-3679
メールアドレス:jpnatcom@mext.go.jp

Adobe Readerのダウンロード(別ウィンドウで開きます。)

PDF形式のファイルを御覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、まずダウンロードして、インストールしてください。

-- 登録:平成27年07月 --