ここからサイトの主なメニューです

平成27年3月高等学校卒業者の就職状況(平成27年3月末現在)に関する調査について

平成27年5月19日

 文部科学省では、27年3月大学等卒業者及び高等学校卒業者の就職状況を調査し、このほど状況を取りまとめましたので、公表いたします。なお、大学等(大学、短期大学、高等専門学校及び専修学校)の調査は厚生労働省と共同で行いました。

-大学生等の就職率の概要-
 大学等の就職率は、大学(学部)は96.7%(前年同期比2.3ポイント増)、短期大学は95.6%(同1.4ポイント増)、高等専門学校は100.0%(前年同期比同)、大学等(大学、短期大学、高等専門学校)全体では96.7%(同2.0ポイント増)、また専修学校を含めると96.5%(同2.0ポイント増)。

-高校生の就職率の概要-
 高校生の就職率は、97.5%(前年同期比0.9ポイント増)となっており、平成4年3月以来、23年ぶりの高水準。

 文部科学省は厚生労働省及び経済産業省と連携し、未内定就活生への就職支援のための集中支援策を実施しており、卒業後も就職が決まるまで継続して支援がなされるよう努めてまいります。
(同時発表:厚生労働省)

平成27年3月新規高等学校卒業者の就職状況(平成27年3月末現在)に関する調査について

<調査の概要>

  • 本調査は、高等学校卒業者の就職状況を把握し、就職問題に適切に対処するための参考資料を得るために、今春の高等学校卒業者で就職を希望する者の就職状況を平成27年3月末現在で取りまとめたものである。本調査は昭和51年度から実施しており、調査方法は、国立については国立大学法人、公立については各都道府県教育委員会、私立については各都道府県知事部局を通じて行った悉皆調査である。
  • 本調査は各年度の10月末現在、12月末現在、3月末現在の状況を調査している。
  • 厚生労働省も高校生の就職状況について類似の調査を行っているが、これは学校及び公共職業安定所を通して求職している者のみを調査対象としている。一方、本調査は、就職を希望する者全員を対象としており、母集団が大きい。

<調査内容>

  1. 調査対象
     国立、公立、私立の高等学校(全日制・定時制)
  2. 調査項目
     学科別及び都道府県別の就職状況

<結果の概要>

  1. 就職希望者数・就職者数等
     卒業者  : 1,069,867人
     就職希望者 : 192,472人
      うち就職者 : 187,581人
      うち未就職者 : 4,891人
  2. 就職率(就職者の就職希望者に対する割合)
     97.5%(前年同期比 0.9ポイント増)
  • 男女別就職率
     男子:98.1%(前年同期比0.6ポイント増)
     女子:96.4%(前年同期比1.3ポイント増)
  • 学科別就職率
     就職率の高い順に、「工業」(99.3%)、「福祉」(99.2%)、「看護」(99.0%)、「水産」(98.9%)、「農業」(98.3%)、「商業」(98.2%)、「家庭」(97.8%)、「総合学科」(97.0%)、「情報」(96.9%)、「普通」(95.5%)
    ※「その他」の学科は除く。
    ※「看護」に関する学科は看護師5年一貫課程が主となるため、5年課程5年次の就職率を示す。
  • 都道府県別就職率
     就職率が高い県 : 富山県(99.9%)、福井県(99.8%)、石川県(99.8%)、新潟県(99.6%)、島根県(99.5%)
     就職率が低い県 : 沖縄県(86.6%)、大阪府(94.7%)、千葉県(95.1%)、兵庫県(95.4%)、福岡県(95.4%)
  • 東日本大震災における被害が甚大な3県
     岩手県 : 99.4%(前年同期比0.3ポイント増)
     宮城県 : 98.9%(前年同期比0.3ポイント増)
     福島県 : 99.3%(前年同期比0.5ポイント増)

お問合せ先

<高校調査担当>初等中等教育局児童生徒課

電話番号:03-5253-4111(代表)

Adobe Readerのダウンロード(別ウィンドウで開きます。)

PDF形式のファイルを御覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、まずダウンロードして、インストールしてください。

-- 登録:平成27年05月 --