ここからサイトの主なメニューです

「学校施設の非構造部材の耐震化ガイドブック(改訂版)」の公表について

平成27年3月27日

学校において天井や照明など非構造部材の耐震対策を進める際の参考となる「学校施設の非構造部材の耐震化ガイドブック」(平成22年3月初版)を、東日本大震災における被害などを踏まえて改訂しましたので、公表します。

1.背景・目的

東日本大震災では天井材の落下など、非構造部材(※1)に大きな被害が発生しました。児童生徒等の安全確保や地域の避難所としての機能確保のためには非構造部材の耐震対策が重要であることから、平成22年3月に作成した非構造部材の耐震化ガイドブックの改訂について有識者会議(※2)で検討を行いました。
※1 非構造部材:建物の構造体以外の天井材、照明器具、窓ガラス、外装材、内装材、設備機器、家具等
※2 「学校施設における非構造部材の耐震対策の推進に関する調査研究協力者会議」(主査:岡田恒男日本建築防災協会理事長)

2.主な改訂の内容(添付資料参照)

今回の改訂の主な内容は以下の通りです。
(1)学校設置者と学校の役割を明確化するなど点検の考え方を再整理
(2)ガイドブックを活用した点検事例を掲載するなど分かりやすく・使いやすくする
(3)東日本大震災の被害や吊り天井の新たな基準などを踏まえ点検内容・項目を追加

3.今後の予定

・ガイドブックの全文は文部科学省ホームページに掲載します。
・国公立学校の設置者及び都道府県私立学校所管課等にガイドブックを送付するとともに、非構造部材の耐震対策の推進を改めて要請します。
・ガイドブックの活用について普及・啓発を進める予定です。

お問合せ先

大臣官房文教施設企画部施設企画課防災推進室

電話番号:03-5253-4111(代表)、03-6734-2235(直通)

Adobe Readerのダウンロード(別ウィンドウで開きます。)

PDF形式のファイルを御覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、まずダウンロードして、インストールしてください。

(大臣官房文教施設企画部施設企画課防災推進室)

-- 登録:平成27年03月 --