ここからサイトの主なメニューです

平成26年度消費者教育フェスタwith土曜学習の開催について

平成27年3月4日

 文部科学省では、平成24年12月に施行された「消費者教育の推進に関する法律」及び平成25年6月に閣議決定された「消費者教育の推進に関する基本的な方針」を踏まえ、多様な関係者が情報を共有し、相互に連携するためのきっかけの場として、平成26年度「消費者教育フェスタwith土曜学習」を開催いたします。なお、このたびは、「土曜日の教育活動推進プロジェクト」(注)と連携して実施します。小学校低学年でも消費者教育について学べるよう、体験活動やグループでの学習を取り入れた内容となっています。

 

1.日時・場所等

日時:平成27年3月22日(日曜日) 10時00分~15時30分
会場:川崎市立西生田小学校(神奈川県川崎市麻生区細山2-2-1)
主催:文部科学省
共催:川崎市教育委員会
協力:社会的責任に関する円卓会議
後援:消費者庁、川崎市(申請中) 

 

2.プログラム

10時~10時10分

 開会挨拶

 第1部

10時15分~12時

『土曜学習応援団や企業・団体による土曜学習』(45分×2コマ)
土曜学習応援団や企業・団体の方々が寺子屋「西生田」にやってきて,親子を対象にした消費者教育に関する出前講座を実施します。
(プログラムの例)
 ・もったいないをみつけよう(公益社団法人全国消費生活相談員協会)
 ・小麦から小麦粉ができるまで(株式会社日清製粉グループ本社)
 ・どうして野菜をたべなくちゃいけないの?(カゴメ株式会社)
 ・商品・サービスを見る視点と消費者の役割を学ぼう(一般社団法人日本ヒーブ協議会)

 第2部

12時45分~13時45分

 『事例報告~学校における消費者教育の充実に向けて~』
初等中等教育局教育課程課の調査研究指定校からの報告を行います。
 ・高知県教育センター
 ・国立大学法人北海道教育大学附属函館中学校
 ・国立大学法人東京大学教育学部附属中等教育学校

13時45分~14時30分

 『パネルディスカッション』 テーマ:学校・家庭・地域の協働による消費者教育の推進
消費者教育を実践している学校関係者,土曜学習を企画しているコーディネーターと出前授業を行っている企業・団体(土曜学習応援団)関係者がパネルディスカッションを行います。
・コーディネーター 小谷野 茂美(消費者教育推進会議委員,東京都青梅市適応指導教室長)

14時30分~15時

 
『実践交流会』
企業・事業者,地方公共団体,消費者団体等の取組内容や教材等の展示の紹介,関係者間交流

15時30分

 閉会

終日プログラム

 企業・事業者,地方公共団体,消費者団体等の教材・資料等の展示

 

3.参加申込み方法:
(1)一般参加者
 平成27年3月18日(水曜日)18時までに、文部科学省のホームページからお申し込みください。
 「消費者教育フェスタwith土曜学習」受付フォーム(※「消費者教育フェスタwith土曜学習」受付フォームのホームページへリンク)
 ※定員:200名程度(先着順)


(2)報道関係者
 メールにてconsumer@mext.go.jpまで御連絡ください。その際、メールの件名は「消費者教育フェスタ(川崎)取材希望」とし、以下の内容を、平成27年3月16日(月曜日)18時までに御連絡ください。
 1)氏名
 2)所属又は職業
 3)連絡先(お送りいただいたメールアドレスと異なる場合)
 4)撮影希望の有無
 ※入場の際には、社名入りの腕章を携帯願います。また、撮影に当たっては、文部科学省担当者の指示に従っていただきますようお願いします(留意事項については別途御連絡します)。

 (注) 文部科学省では,子供たちの土曜日の豊かな教育環境の実現に向けて,地域や企業の協力を得て,「土曜日の教育活動推進プロジェクト」を進めています。本消費者教育フェスタは,「土曜日の教育活動推進プロジェクト」と連携して開催しています。

 

お問合せ先

生涯学習政策局男女共同参画学習課

(生涯学習政策局男女共同参画学習課)

-- 登録:平成27年03月 --