ここからサイトの主なメニューです

文部科学省「脳科学研究戦略推進プログラム」 第7回 脳プロ公開シンポジウムについて

平成26年12月11日

 文部科学省では、『社会に貢献する脳科学』の実現を目指し、社会への応用を明確に見据えた脳科学研究を戦略的に推進するため、脳科学委員会における議論を踏まえ、重点的に推進すべき政策課題を設定し、その課題解決に向けて「脳科学研究戦略推進プログラム」(略称、脳プロ)を平成20年度より実施しています。
 本プログラムによる研究成果や活動について、広く一般の皆様に御理解を深めていただくことを目的として、下記のとおり公開シンポジウムを開催します。今回は、脳プロの研究成果を中心に、シンポジウムのテーマである“一生を通じた脳と心の健康、「生涯健康脳」の研究”に関する今後の展望について議論します。

1.シンポジウムタイトル

第7回 脳プロ公開シンポジウム
「育ち・暮らし・老い-人生を支える生涯健康脳-」

2.日時

平成27年2月7日(土曜日)10時00分~18時00分
講演:13時30分~17時00分、展示:10時00分~18時00分

3.場所

学術総合センター(東京都千代田区一ツ橋 2-1-2)
シンポジウム会場:一橋講堂、体験展示会場:中会議室

4.主催

文部科学省「脳科学研究戦略推進プログラム」

5.定員

500名(要申込み)

6.講演プログラム

基調講演「生活習慣病と脳」

自治医科大学 学長、東京大学 名誉教授 永井 良三

講演1「生涯にわたる脳の健康を目指して」

東京医科歯科大学 特任教授・名誉教授 水澤 英洋

講演2「環境で変わる健康な脳発達-その分子機構-」

理化学研究所 脳科学総合研究センター 視床発生研究チーム チームリーダー 下郡 智美

講演3「睡眠と体内時計の機能を知り、個の生活と医療に生かす」

国立精神・神経医療研究センター 精神保健研究所 精神生理研究部 部長 三島 和夫

講演4「脳とエピジェネティクス-遺伝と環境が作り出す心のメカニズム-」

理化学研究所 脳科学総合研究センター 精神疾患動態研究チーム シニア・チームリーダー 加藤 忠史

パネルディスカッション「一生を通じての脳と心の健康について」

進行:脳科学研究戦略推進プログラム プログラムオフィサー 柚﨑 通介・加藤 忠史

 ※ プログラムは今後変更することがあります。

7.展示

 脳科学研究戦略推進プログラム(脳プロ)で行われている研究を皆様に御紹介します。第一線で活躍する研究者がデモンストレーションや映像を用いて、最先端の成果を直接お届けします。
 展示会場へは常時御入場いただけます。なお、講演時間中は、研究者による説明等はございませんので、御了承ください。

8.参加申込み方法

以下のいずれかの方法によりお申込みください。
1.イベント専用サイトの申込フォーム(※脳プロのウェブサイトへリンク)より御登録
2.お電話にてお申込み
電話:03-3568-7213(「第7回脳プロ公開シンポジウム」参加登録事務局)
 

9. シンポジウムの内容及び取材に関するお問合せ

脳科学研究戦略推進プログラム事務局(担当:丸山)まで御連絡ください。

メールアドレス:srpbs@nips.ac.jp
電話番号:0564-55-7804
ファクシミリ番号:0564-55-7805

お問合せ先

<「脳科学研究戦略推進プログラム」担当>

研究振興局ライフサイエンス課 横井、村田、佐藤
電話番号:03-6734-4104(直通)
ファクシミリ番号:03-6734-4109

(研究振興局ライフサイエンス課)

-- 登録:平成26年12月 --